ジェームズ・ボンド:スパイの世界

ジェームズ・ボンド:スパイの世界

パブリッシャー Glu

ジャンル RPG

グラフィックは綺麗!他については察してください。ポチポチ画面をタップするだけの007ゲーム

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

ジェームズ・ボンド:スパイの世界 androidアプリスクリーンショット1

ショーン・コネリーにやらせたら何て言うか聞いてみたい。

007公認ゲーム登場!ボンドカーに乗り黄金銃を撃ちまくれ…たら楽しかったのに。

「ジェームズ・ボンド:スパイの世界」は、他のプレイヤーと協力したり競い合ったりしながらミッションを進めていくRPG

あの誰もが知るビッグタイトルの、しかもオフィシャルモバイルゲームとあればその期待値はかなりのもの。

敵国に潜入してハラハラドキドキなスパイアクションをこなしたり、ボンドガールとアダルティなあれこれをしたり……想像しただけで楽しそうな要素がいっぱいだ。

そんな期待に胸を膨らませプレイしてみると……ちょっとイメージと違ったっていうか、なんていうか、とりあえずプレイ前に想像していたような体験はまったく出来なかった

戦闘やミッションは基本画面にある選択肢をタップするだけ。派手なアクションとかは一切ないけど、ほら、アレだから。その分操作は楽ちんだから。良く言えば。

    「ジェームズ・ボンド:スパイの世界」最大の特徴は、公式ならではの実写グラフィック!

    ジェームズ・ボンド:スパイの世界 androidアプリスクリーンショット2

    ダニエラ・ビアンキさんのお美しさには、日本より愛をこめたい。

    正直、肩すかしをくらった感は否めないけれどもちろん良いところもある。一応。

    それは、グラフィックの美しさだ。
    特にキャラクターは、実写素材で見応え充分。男優さんファンや女優さんファンにはたまらないだろう。

    それゆえに、もったいないという思いが強い。ゲーム性をもっと高めれば、より良いゲームになったに違いないからだ。

    やっぱり007のゲームといえばFPS的な緊張感のある要素が求められていると思うし、事実昔あったコンシューマーゲームの007はとても面白かった。

    もし次にまたスマホで007が出るならば、二度死ぬことがないよう満足度の高い作品に仕上げてほしいと強く願う。そして、このレビューで僕のレビュアーとしてのライセンスが消されないことも願ってる。

    「ジェームズ・ボンド:スパイの世界」序盤攻略のコツは、目標欄のチェック!

    ジェームズ・ボンド:スパイの世界 androidアプリスクリーンショット3

    いつの間にか条件をクリアしてた、なんてことも。

    新たなエージェントを雇って戦力を増強すれば、攻略もずいぶんとスムーズになる。

    しかし、通常エージェントを雇うのに必要なゴールドはお金を払って購入しなくてはならない

    そこで、メイン画面下にある「目標」というところを見てみよう。

    ここでは、一定のレベルにする、一定のステージをクリアするなどの条件を満たすことでゴールドを手に入れることが出来るのである。

    ここで強いエージェントを味方にし、ミッションを効率よく攻略していこう。

    ゲームの流れ

    androidアプリ ジェームズ・ボンド:スパイの世界攻略スクリーンショット1
    ゲームを開始したら、まずは「ミッション」を選択しよう。

    ボンドに何らかの指令がくだされるはずだ。

    androidアプリ ジェームズ・ボンド:スパイの世界攻略スクリーンショット2
    最初はロックがかかっているため、「ドクター・ノオ」のステージしか選べないので迷う必要はない。

    ステージを進めていくと、他のエリアも解放されていく。

    androidアプリ ジェームズ・ボンド:スパイの世界攻略スクリーンショット3
    Mからの指令。

    ステージ選択後、ミッションの詳細がここで明かされることに。

    画面下の「運転する」をタップすればミッション進行となる。

    androidアプリ ジェームズ・ボンド:スパイの世界攻略スクリーンショット4
    ミッション中の画面。

    本当はね、これを一枚絵じゃなくて迫力満点のレースゲームか何かで体験したかったよね。

    androidアプリ ジェームズ・ボンド:スパイの世界攻略スクリーンショット5
    ちなみにゲーム中一番笑ったのがここ。

    通知のライセンスってなんだよ。
    いや、レビュアーのライセンスとか上で書いてる僕が言えた立場じゃないんだけども。

    ログインしていません。

    このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。