プリンセスメーカー

プリンセスメーカー

MGAME JAPAN Corp.

育成ゲーム

基本プレイ無料

天から授かった娘を自分好みに育て上げる!周回プレイ前提の大ボリューム育成ゲーム

ダウンロード(Android)

プリンセスメーカー androidアプリスクリーンショット1

女の子を自分好みに育て上げよう。

どんな娘になるかはプレイヤー次第!

「プリンセスメーカー」はPCゲームソフトとしてリリースされ、美少女育成ゲームの先駆けとなった本格育成シミュレーションの最新作だ。

傲慢な人間を滅ぼすべく神が魔王を世に放ち、それを打ち倒した勇者がいる世界。プレイヤーはそんな勇者となり、神が人間を見定めるべく生み出した可愛い女の子を娘として育てていくことになる。

育成期間は10歳から18歳までの8年間。その1月ごとにバイトやレッスン、冒険や休息といったスケジュールを設定してそれ通りに娘を行動させよう。

バイトとレッスンは成功と失敗の判定があり、成功すると各種パラメータが上昇し、バイトではお金も得られる。

冒険は期間内にRPGのようにフィールドを歩きまわり、宝箱の獲得やモンスターの討伐を行うイベントだ。

これらの行動によって溜まったストレス値を休息で解消し、月日を重ねて娘の成長を見守ろう。

プリンセスメーカーの特徴はボリューム感

プリンセスメーカー androidアプリスクリーンショット2

女の子の将来の姿をコレクションしよう。

本作はプリメシリーズの監督・キャラクターデザインを手がけた「赤井孝美」氏が監修を行っており、従来のやりこみ度を残しつつスマホ版独自の機能が追加されている。

まず、コンシューマ版からグラフィックが3D化され、髪型や顔立ちといった体のパーツ、ドレスはもちろんのことメガネや香水、下着まで細かい着せ替えが可能になった。

ライバルたちとパラメータを競う「収穫祭」や異性との出会い、ストレス値が上がることで娘が不良になってトラブルを起こすなど多彩なイベントが発生し、エンディングについても過去作と同じく100種という膨大な数が用意されている。

最初に将来の夢を決めることで目安となるパラメータが提示される点も遊びやすくて良かった。

ただ、キャラの顔パーツの変更にまで課金通貨が必要になるのはさすがにいただけない。無料である程度は開放してほしいところだ。

他にも、冒険で宝箱があるのになぜか獲れない(!マーク等のアクションが表示されない)、パラメータを上げるための装備と見た目だけに反映されるアバター装備の切り替えがうまくできないなど、細かいところを言い出すときりがないくらい全体的に操作性が悪いのは気になった。

プリンセスメーカーの序盤攻略のコツ

プリンセスメーカー androidアプリスクリーンショット3

ストレスを発散させつつ女の子のパラメータを上げる。

最初に設定する「将来の夢」を目指して各種パラメータを上げていくのがポイントになる。

従来のように途中で目標を切り替えられないので、当初の夢を叶えさせて次回以降のプレイで別の職業に就かせるようにするといい。

娘の育成が完了すると精霊の卵が孵化し、それをセットするとパラメータの上昇値が上がるため周回を繰り返すほどにレアな職業になれるはずだ。

また、バイトやレッスンを行うとストレスが溜まり、体調の悪化や娘が不良になってレッスンをサボるなどの問題行動を起こす。

なかでも衣装を衝動買いしてくるイベントが育成にかなり響くので、適度に休息を行ってストレスを発散させよう。

ただし、お小遣いを与えない休息だと親子関係のパラメータが減ってしまうため、休息にも多少のお金をかけなければならない。

周回を重ねていない序盤はレッスンをあまり受けさせず、バイトと冒険と休息をローテーションしよう。

ゲームの流れ

androidアプリ プリンセスメーカー攻略スクリーンショット1
最初に将来の夢を選択してスタート。この夢を叶えるためのパラメータの目安をゲーム中に確認できる。
androidアプリ プリンセスメーカー攻略スクリーンショット2
娘の行動はカレンダーで管理する。バイトや冒険などのメニューを選んでカレンダーにセットし、実行しよう。
androidアプリ プリンセスメーカー攻略スクリーンショット3
バイトやレッスンでは、1日のアクションが成功するごとに娘のパラメータが上昇する。
androidアプリ プリンセスメーカー攻略スクリーンショット4
冒険はRPG形式になっていてフィールドを探索して敵を倒したり、宝箱を獲得したりする。
androidアプリ プリンセスメーカー攻略スクリーンショット5
各行動で溜まったストレスは休息によって解消する。お小遣いをあげると親子関係値が減らないようだ。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。