1万人のレジ客

1万人のレジ客

jamnotes

アクションゲーム

読者レビュー (0)

絶妙などんぶり勘定でレジ打ちしよう!ファイナルなファンタジーっぽさを感じるレジ打ちゲーム

ダウンロード(iPhone)

1万人のレジ客 androidアプリスクリーンショット1

商品の金額を計算してレジ打ち!

絶妙などんぶり勘定でお客を捌く

「1万人のレジ客」はレジの店員となり、商品の値段を計算して打ち込んでいくアクションゲームです。

複数の商品が出てくるので
暗算して合計金額をレジに打ち込みます。

しかしレジ打ちはスピードが命!

計算はどんぶり勘定で構いません。

最初は誤差が10円以内に収まるように計算していくのですが
捌いたお客さんが増えてくると
許される誤差の範囲どんどん大きくなっていきます。

100円…200円……
ついには1万以上の誤差もOKに!

どんぶり勘定で!且つ誤差は指定の金額以内で!
このギリギリの金額を突くのがスリル満点で面白いです!

それにしても…
こんなお店があって良いんでしょうか。笑。

「1万人のレジ客」の特徴はあのゲームを彷彿とさせる演出

1万人のレジ客 androidアプリスクリーンショット2

段々と許される誤差も広くなる。10萬以内って…!!

このゲームのルールも面白いのですが
個人的にツボったのは演出!!

なんていうか…
どことなく…
ファイナルファンタジーな感じ…?

BGMの雰囲気ドットで描かれたキャラクター。

レジ打ち成功した時のじじぃ(店長)がバンザイして喜ぶ所とかバトル勝利時の動きにソックリなんですよ。

捌いたお客さんの数が増えていくと背景が変わっていくのもRPGっぽくて良い。

ファイナルなファンタジーの5作目とか6作目っぽいです。
アラサーな私はそれだけでグサグサ心に刺さるよね。

「1万人のレジ客」攻略のコツ

1万人のレジ客 androidアプリスクリーンショット3

連打でお客さんを捌きまくろう。

レジの上にあるゲージがいっぱいになると
伝説のレジ打ちの力が目覚め
ゲージがゼロになるまでは連打するだけでお客さんを捌くことが出来ます。

ゲージはレジ打ちするごとに貯まっていくので
計算が簡単な序盤はなるべくピッタリの金額を打ち込みましょう。

段々と計算が難しくなっていきますが
許される誤差の範囲も大きくなっていくので
雑な計算でも結構大丈夫だったりします。

序盤は丁寧に計算
誤差の範囲が広がってくる中盤以降は素早さを重視してレジ打ちしていきましょう。


ゲームの流れ

androidアプリ 1万人のレジ客攻略スクリーンショット1
おじい…店長ー
いつもこの一言からゲームが始まります。

青に白枠のウィンドウいいですね!

androidアプリ 1万人のレジ客攻略スクリーンショット2
商品の値段を計算してレジに打ち込んでいきます。

な~んだ楽勝じゃん!
そんなことを思っている時代が私にもありました。

androidアプリ 1万人のレジ客攻略スクリーンショット3
誤差が指定の金額以内だったらセーフ!
androidアプリ 1万人のレジ客攻略スクリーンショット4
指定の誤差を越えてしまうと、どつかれてゲージが減ってしまいます。

ゲージがゼロになったらゲームオーバーです。

androidアプリ 1万人のレジ客攻略スクリーンショット5
ゲージがいっぱいになると覚醒タイムセールがスタート!
連打するだけで一気にお客さんを捌くことが出来ます。

覚醒タイムセールを重ねる毎に、1回のタップで捌けるお客さんの数も増えていきます。

androidアプリ 1万人のレジ客攻略スクリーンショット6
900人を越えたあたりから背景が変わりラスボス感が出てきます。

お客さんの買い物金額高額になってきます。

下に続きます