大決戦!ウルトラユニバース

大決戦!ウルトラユニバース

e-Dragon Power Co.,Ltd.

基本プレイ無料

円谷プロ50周年記念。全ウルトラ作品ファン感涙のカードRPG

大決戦!ウルトラユニバース androidアプリスクリーンショット1

ヒーロー同士の戦いも。ナンバーワンは誰だ。

円谷プロ50周年記念!全ウルトラ作品ファンのゲームがやってきた!

「大決戦!ウルトラユニバース」は、円谷プロウルトラシリーズヒーロー怪獣のカードを駆使して戦うソーシャルゲーム。

各作品のストーリーをなぞりながら、友だちや小隊(ギルド)の仲間強い敵を打ち倒して、次元宇宙防衛隊最強の隊員を目指すゲームになっている。

円谷プロの50周年記念のアプリということで、シリーズ各作品の画像や音声がたっぷりつかわれている、ファン大喜びの作品に仕上がっている。

クエストがウルトラマンウルトラマンセブンウルトラマンゼウスの3つ作品どれからでも始められるなど、どの世代のファンでも楽しめるような工夫が感じらた。

ストーリーを追えるクエストとデータ満載の図鑑が特徴

大決戦!ウルトラユニバース androidアプリスクリーンショット2

変身シーンは動画で収録。初代はなんと47年前。カッコイイよね。

クエストはそれぞれの作品のストーリーを追う形になっている。

ゲーム自体はAPというポイントを消費しながら、画面をなぞって怪獣を倒していく単純なものだが、ストーリーの続きが見たくてどんどん進めてしまう中毒性がある。
(ちなみに、僕は手に入れた10個のAP回復薬を先ほど一気に使い切ってしまいました…)

ちなみになんとなく、ガシガシなぞってしまう怪獣たちですが、ヒーローを含め全SDキャラクターは描き下ろしだそう。
さすが50周年作品!気合入ってるね-!

そのSDの画像をじっくり眺められるのは、図鑑。画像だけでなく、公式の裏設定なども入った説明文が全キャラクターに用意されている。
直接ゲームに関わるぶぶんではないのでトップから直接は行けず、メニューを経由してから見ることになるので、なかなか場所すら気づかないかもれないが、気合の入った内容になっているので、ぜひチェックして欲しい。

応援依頼をどんどん送ってどんどん受けるのが攻略のコツ

大決戦!ウルトラユニバース androidアプリスクリーンショット3

レイド怪獣への攻撃に参加しまくったので、プレゼントがたくさんたまっている。

もちろん1人でできないゲームではない。
けどこれはソーシャルゲーム応援依頼という機能があるので積極的に活用して強化したい。

クエストで登場したレイド怪獣は最初は1人で倒せるぐらいの強さだが、すぐにどんどん強くなる。
レアレイド怪獣などと呼ばれる怪獣だと、とてもじゃないが1人ではどうにもできない

そこで、応援依頼がある。
みんなで同じレイド怪獣を攻撃することで早く倒せるのだ。
チェインというボーナスにより、違う人で連続で攻撃を加えていくとダメージ量が劇的に増える
これでどんなレイド怪獣でも確実に倒してプレゼントを得ることができるのだ。

また、自分に来ている応援依頼を受けて、攻撃に参加することでも報酬が入る。
たった一回、最小値でいいので攻撃に参加することでプレゼントがもらえる権利が発生する。

ちなみに僕はは10分ほど応援依頼を受けまくっていたら、50個ほどのプレゼントがたまった。
(プレイした今日ははキャンペーン中で、ガチャチケットが入っていたりするので怪獣が強化し放題だ!)

これを利用してどんどんカプセルを強化していこう!

ゲームの流れ

androidアプリ 大決戦!ウルトラユニバース攻略スクリーンショット1
最初のヒーロー迷うよね。僕は平成ヒーローの世代なのでティガで!
androidアプリ 大決戦!ウルトラユニバース攻略スクリーンショット2
クエストは怪獣をなぞっていくだけの簡単なもの。
androidアプリ 大決戦!ウルトラユニバース攻略スクリーンショット3
レイド怪獣が現れた。
androidアプリ 大決戦!ウルトラユニバース攻略スクリーンショット4
これぐらいなら一人でもらくらく倒せる。おっと、応援依頼がきてる。
androidアプリ 大決戦!ウルトラユニバース攻略スクリーンショット5
これはみんなでやらないと。一回攻撃を加えておく。倒せたら、ガチャチケットがもらえたよ。
androidアプリ 大決戦!ウルトラユニバース攻略スクリーンショット6
もらったガチャチケットでガチャを回す。わーお、SRだ。
androidアプリ 大決戦!ウルトラユニバース攻略スクリーンショット7
図鑑は一件の価値あり。是非見て欲しい。

関連動画

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。