ナイトメアレポート

ナイトメアレポート

D-Mebius

アドベンチャーゲーム

読者レビュー (0)

赤いヒトガタが襲ってくる悪夢から逃れる3D肝試しアドベンチャー

ナイトメアレポート androidアプリスクリーンショット1

赤いヒトガタが襲い来る。

ステージ選択型の3D肝試しゲーム

「ナイトメアレポート」は赤いヒトガタが迫る悪夢空間から脱出する肝試しアドベンチャーだ。

怖いというより寂しい、悲しい印象をかもしだすグラフィック。

ビルや一軒家の廃屋など複数のステージがあり、個別にクリアできる手軽さが魅力。

「鬼が棲む島」のプレイ感に似ているが、移動や視点切り替えの速さ、イベントごとにオートセーブが行われるため操作性はかなり良かった。

ホラー要素は少なめだが、ちょっとしたヒマつぶしにもなるアクションアドベンチャーだ。

赤い「ヒトガタ」が襲ってくる!

ナイトメアレポート androidアプリスクリーンショット2

鍵を入手して閉ざされた扉を開ける。

目覚めるとそこは見知らぬ廃屋

まわりはコンクリートに囲まれており、現在地は確認できない。

薄明かりをたよりに進むとがあり、それを使って錠のかかった扉を開けた。

冷たい暗闇に包まれた通路が伸びている。

窓ひとつないそこにあるのは……薄い板が打ち付けられて封鎖された木製のドアと、さらに奥へと続く通路だけ。

ドアが開かなかったのでしかたなく先に進もうとした。

ぎいぃ。響くはずのないドアの音がした。

とにかく逃げろ!

ナイトメアレポート androidアプリスクリーンショット3

複数のステージがある。

ゲームの目的は各フロアにある鍵などのアイテムを入手し、ロックのかかった扉を開けて出口を探すこと。

赤いヒトガタに捕まるとゲームオーバーとなり、オートセーブされた場所からやりなおしとなる。

操作は移動のみで、持っているアイテムは対象に近づくと自動で使われる。

また、各フロアのイベントごとにオートセーブが行われるため、少しの時間でもプレイできるようになっている。

ただ、個人的に惜しいと思うのが、これらのシステムが親切すぎることだ。

鬼が棲む島には走り続けると息切れをおこして動きが遅くなるシステムがあったが、本作は移動速度も一定でオートセーブもあるため、ヒトガタから逃げやすい。

難しいところなんだけどホラーゲームにおいては、操作性が少し縛られている方が緊張感があっていいと思う。

脱出ゲームとしても鍵を探して特定の場所で使うだけなので思考性が弱い。

それらの点は残念だが、物悲しい世界観と遊びやすさが魅力のアドベンチャーとなっている。


    ゲームの流れ

    androidアプリ ナイトメアレポート攻略スクリーンショット1
    スタートを押して各ステージを攻略していく。一度クリアしたステージは個別に遊べるようになる。
    androidアプリ ナイトメアレポート攻略スクリーンショット2
    操作は画面下にある上下ボタンで前進と後退、指で上下左右になぞると視点を切り替えられる。
    androidアプリ ナイトメアレポート攻略スクリーンショット3
    ゲームの目的は各ステージにある出口を探して逃げ出すこと。
    突然現れる赤いヒトガタに捕まってしまうとゲームオーバーとなる。
    androidアプリ ナイトメアレポート攻略スクリーンショット4
    ステージ内には鍵のかかった扉がいくつかあり、回り道をして鍵を見つけ、閉ざされた扉を開けていく。
    androidアプリ ナイトメアレポート攻略スクリーンショット5
    赤いヒトガタに襲われたら青い扉まで逃げるといい。
    そこからは追尾機能がなくなり、安心して探索に戻れる。

      下に続きます