『セガラリー』『ルミナス』などの代表作をもつ水口哲也氏がプロデュースする新作パズルゲーム、今冬配信決定!

株式会社モブキャストは、水口哲也氏がプロデュースする新作パズルゲーム(タイトル未定)を今冬にリリースすることを発表した。

なお、今回の作品はグローバル配信を視野に海外のディストリビューターとライセンス交渉を行っており、順次、展開国を拡大していく予定ということ。

水口哲也氏がプロデュースする新作パズルゲーム今冬リリース!

水口哲也氏がプロデュースする新作パズルゲーム今冬リリース!

今冬リリース予定作品について

パズルゲーム『ルミネス』

パズルゲーム『ルミネス』参考画像

「スペースチャンネル5」

『スペースチャンネル5』参考画像

今回の作品は、多岐に渡る分野でグローバルな創作活動を続けてきたクリエイター、水口哲也氏がプロデュースする新作パズルゲーム。

また、水口氏と共にパズルゲーム『ルミネス』シリーズを手掛けてきたクリエイターが再集結し、開発に参画している。

水口氏はこれまで「セガラリー」「スペースチャンネル5」「Rez」「メテオス」「ルミネス」「Child of Eden」など、プロデューサーとして新機軸のゲームを数々手がけてきた。

特に、音と光の電飾パズルゲーム「ルミネス」は全世界でシリーズ合計200万本を超えるヒットとなり、800万台以上の携帯電話にプリインストールされてきた。

「ルミネス」はその演奏感が世界中のメディアで絶賛され、数多くの賞も獲得している。

本作の製作にあたり、mobcastでは、パズルの気持ちよさや楽しさに加え、独自のSVS(Social Victory Space)の概念を取り入れ、対戦の楽しさを引き出すようなゲームデザインを行う予定とのこと。

さらに、グローバル配信を視野に現在、海外の有力ディストリビューターとライセンス交渉をおこない、順次、展開国を拡大していく予定ということだ。

水口哲也氏のコメント

「本作は、パズルゲームミステリアスなストーリーを融合させた新感覚のソーシャルパズルゲームを目指して鋭意制作中です。

mobcastが実績を積み上げてきたソーシャルゲーム開発基盤を用い、全世界で数億人がプレイするモバイルパズルゲーム市場に新風を吹き込むべく制作に取り組んでいます。ご期待ください!」

水口 哲也氏 プロフィール

ゲームデザイナー/プロデューサー。

ゲームの代表作として、「セガラリー」(1994)、「スペースチャンネル5」(1999)、「Rez」(2001)、「ルミネス」(2004)、「Child of Eden」(2010)など。

また音楽ユニット・元気ロケッツ(Genki Rockets)のプロデュースをはじめ、作詞家・映像作家としての顔を併せ持つ。

2002年文化庁メディア芸術祭特別賞受賞。2006年には米国プロデューサー協会(PGA)とHollywood Reporter誌が合同で選ぶ「Digital 50」(世界で注目すべきデジタル系イノベイタ―50人)の1人に選出される。

2012年より(株)モブキャストのクリエイティブアドバイザーも務める。

無料ゲームを探せるアプリゲットTOPへ

シェアする