【シャドウバース】 やはり「昏き底より出でる者」は強カードだった! 活かすならニュートラル軸? 「ニュートラルヴァンパイア」デッキ紹介

ワンダーランドドリームズの配信から土日が開け、強力なレシピがいくつか出回っています。

先日実装された「グランドマスター」ランクに到達した人のデッキが話題になっているようです。

クラスはヴァンパイア、そしてヴァンパイアといえば、発売前から最強レベルのカードとして目視されていた「昏き底より出でる者」が思いつきます。

もちろん、グランドマスターへと到達した人のデッキにも搭載されており、しかしながらそのデッキは大抵の人が思いつく強力なヴァンパイアフォロワーを中心としたものではなく、ニュートラルを軸としたものでした。

そこで、ここではニュートラルを軸とした新しいデッキ、「ニュートラルヴァンパイア」について紹介していこうと思います。

参考デッキレシピと紹介動画

以下は「いくら&ポルンガ」氏によるデッキ紹介動画です。

「Cross」氏によるレシピを引用しながら、このデッキの強いところを挙げています。

なお、参考レシピはあくまでスタンダードなものなので、動画の内容とは異なることに留意してください。

フォロワー

天弓の天使・リリエル 3枚
歌劇姫・フェリア 3枚
バフォメット 3枚
トーヴ 3枚
ミニゴブリンメイジ 3枚
風の軍神・グリームニル 3枚
ゴブリンリーダー 3枚
不思議の探求者・アリス 3枚
豪拳の用心棒 3枚
緋色の剣士 3枚
アルカード 2枚
デモンオフィサー・エメラダ3枚
昏き底より出でる者 2枚

スペル

群れなす飢餓 3枚

デッキ概要

現環境最強レベルのフィニッシャー、「昏き底より出でる者」を出すまでのターンをニュートラルシナジーのあるカードで持たせようというコンセプトのデッキです。

https://shadowverse-portal.com/card/105641020

デッキの主役はやはり「昏き底より出でる者」。

1ターン生き残れば16点、即進化で8点ダメージという脅威のダメージ効率が特徴です。

https://shadowverse-portal.com/card/105641020

ニュートラルカード以外に影の主役としてあげられるのは、「デモンオフィサー・エメラダ」「豪拳の用心棒」といった除去を内臓したフォロワーたちでしょうか。

前者は復讐状態ならば疾走を持ち、前者は復讐状態であればデメリットの2点ダメージを受けないというおまけつき。

特に「デモンオフィサー・エメラダ」は「昏き底より出でる者」で残った体力を丁度0にしてくれます。

もちろん、1ターン残った「昏き底より出でる者」の邪魔となるフォロワーを排除したりすることも出来る強力なフォロワーとなっています。

ちなみにアミュレットも排除可能なので、「冥府への道」「デュランダル」といった面倒なアミュレットを容易く叩き割ることが可能です。

もちろん、「バフォメット」によるサーチにより、はやいターンで「昏き底より出でる者」を出すことで詰ませムーブをすることも出来ます。

総じて、序盤・中盤・終盤、どれも隙のない動きができるデッキだといえるでしょう。

マリガンとプレイング

ニュートラルヴァンパイアのマリガンとプレイングを紹介していきます。

なお、以下のことはあくまでも基本的なことなので、相手のデッキおよび環境によっては大きく変化することに留意してください。

マリガン

まずはセオリー通り低コストフォロワーをキープしましょう。

序盤を闘うためにも低コストニュートラルフォロワー、および「バフォメット」はキープしておきたいところです。

バフォメットを5ターン目に温存して出すことが出来ればほぼ勝ちにリーチがかかります。

デッキのほとんどがフォロワーである性質から、序盤の盤面が負けてしまっていると「昏き底より出でる者」を出すころには負けてしまうことも多いので、しっかりと序盤を固められるような手札を作りたいところです。

もちろん、4コストより上のフォロワーは戻してしまって構いません。

プレイング

序盤は盤面を制圧することに精神を傾けます。

最速で「不思議の探求者・アリス」を出すことが出来れば手札のニュートラルフォロワーが強化され、後の展開を楽にしてくれるでしょう。

「バフォメット」をエンハンスし、「昏き底より出でる者」を軽いマナで出す動きは非常に凶悪ですが、エンハンスで出す彼は貧弱なフォロワーでしかないことに注意。

5PPも使って盤面では何の能力も持たないフォロワーを出すわけですから、このターンは大きくテンポロスをしてしまいます。

相手の盤面の状況、自分のライフによっては、そのまま負けてしまうことすらありうるでしょう。

よって、「バフォメット」をエンハンスで出す場合はしっかりと盤面を意識しましょう。

なお、「昏き底より出でる者」を出す際にも同じことがいえます。

彼は相手の体力を大幅に削ってくれますが、逆にいうとほかのことはしてくれません。

よって、返しのターンでやられてしまうこともままあるでしょう。

このデッキ最強の切り札であることは間違いありませんが、あらゆる状況で活躍できるわけではないことに注意。

次のターンまでに相手が自分を倒す算段があるかどうか、予測して出したいところです。

デッキ改造案

デッキに投入されたヴァンパイアフォロワーが入れ替え対象です。

より攻撃的にしてみたり、より相手のフォロワーを除去することに特化してみたりと色々なことが考えられます。

序盤のニュートラルフォロワーが頼りないと思うのであれば、あえてニュートラルフォロワーを減らしてスペルを増量し、弱点を補完するのもいいでしょう。

しかしながら、その場合は「不思議の探求者・アリス」による爆発力が落ちてしまうことに注意しなければなりません。

「昏き底より出でる者」の量を増やしたり減らしたりするのもいいでしょうし、いっそのこと、ニュートラルフォロワーではなくヴァンパイアフォロワーで盤面を支えるのもいいでしょう。

総じて、いくらでもデッキ改造のしがいがあると思います。

感想とまとめ ニュートラルヴァンパイアは最強デッキなのか?

間違いなく現環境におけるトップティアーデッキといえると思います。

ニュートラルシナジーによる盤面の制圧能力に加えて、「昏き底より出でる者」の詰ませる力は最高レベルの強さを誇っています。

盤面さえ抑えていれば最大16点、最低でも6点のダメージが保証されている点は心強い限りです。

しかしその一方で、「冥府の戦士・カムラン」「デミスの審判」「根源への回帰」といった対抗策のカードがあるのも事実。

もしこのまま環境がヴァンパイアに席巻されるのであれば、さらなる対抗策も出てくると思われます。

ここから環境が動けば、メタゲーム的にもかなり健全な状態になると思われるので、他デッキの躍進に期待したいところですね。

ライター: nicole

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。