【シャドウバース(シャドバ)】最新デッキ紹介!「オズの大魔女」のおかげで手札切れしにくい「新アグロウィッチ」【ウィッチデッキ紹介】

新カードパック『ワンダーランド・ドリームズ』実装!「オズの大魔女」を活用した「新アグロウィッチ」!

公開:2017年6月28日時点 『新アグロウィッチ』

youtuber・グリア氏による、「新アグロウィッチ」デッキ紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「オズの大魔女」のドロー力が凄まじかった!これで手札切れとおさらば!

ゴブリン(銅)×3
ワイズマーマン(銅)×2
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×2
天弓の天使・リリエル(銀)×3
歌劇姫・フェリア(銀)×2
古き魔術師・レヴィ(金)×3
スイーツウィッチ(銅)×3
ラプンツェル(金)×3
エンジェルナイト(銅)×3
ゴブリンリーダー(銅)×3
不思議の探求者・アリス(虹)×3
デモンストライク(銅)×2
ヘクトル(金)×1
死の舞踏(銅)×3
オズの大魔女(虹)×3
変異の雷撃(金)×1

*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「オズの大魔女」のドロー力で手札切れを防ぐ

「オズの大魔女」を使ってドローをしながらフォロワーを展開。

「ラプンツェル」のような居座りやすいフォロワー、「ゴブリンリーダー」など展開を期待できるフォロワーがいるので、これらを「不思議の探求者・アリス」などで強化しつつ一気に勝負をつけます。
守護要員として「ヘクトル」もいますが、こちらは手札にニュートラルカード3枚以上あればリーダー・フォロワーに3点バーンダメージを飛ばせるので、便利枠です。

その他「デモンストライク」「死の舞踏」でも追い討ちできますし、「変異の雷撃」で嫌がらせ、弱体化させつつ「燃えネズミ」で削りきるのもいいでしょう。
相手の場が埋まっている状態で使っていきたいものです。

動画で見せてくれる、「不思議の探求者・アリス」で盤面、手札全てのカードが強化されるシーンは気持ちいいですよ!

注目カード:「不思議の探求者・アリス」でうまくバフをかけて一気にたたみ掛けよう

【オズの大魔女】

コスト:5
スタック:4/5
クラス:ウィッチ
タイプ:フォロワー
効果:ファンファーレ カードを自分の手札が5枚になるまで引く。スペルブースト を持たない自分の手札のスペルすべてのコストを1にする。
ラストワード 次の自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。

ラストワードでスペルを消滅させるというデメリットはあるものの、「マジカルガール・レヴィ」と違い自分だけドローできるのは強力です。
スペルに関しても1コストになったら即使うくらいのつもりでいれば手札のスペル消滅はそれほどデメリットにならないことも。

【不思議の探求者・アリス】

コスト:4 
スタッツ:3/4
クラス:ニュートラル
タイプ:フォロワー
効果:【ファンファーレ】自分の手札のニュートラルのフォロワーすべてと、自分のほかのニュートラルのフォロワー全ての攻撃力と体力を+1

アグロなので、やはりこの能力が合います。他リーダーのニュートラルデッキにも入ることが多いカードを多く採用しているので、使いどころは他のニュートラルデッキとさほど変わらないかと。

『ゴブリンリーダー』

コスト:3
スタッツ:1/2
クラス:ニュートラル
タイプ:フォロワー
効果:自分のターン終了時、ゴブリン1体を出す。

まず1体は必ずゴブリンを置けるので、合計スタッツは2/4となるため悪くはないです。ファンファーレ能力ではないので、放っておけばゴブリンを次々に量産するので、相手は優先的に除去してくるはずなので、囮にもなります。
うまく居座らせて「不思議の探求者・アリス」で強化していきたい。

『ラプンツェル』

コスト:3
スタッツ:2/5
クラス:ニュートラル
タイプ:フォロワー
効果:場に出たときと、自分のターン開始時、攻撃不能になる。自分の他のフォロワーが攻撃するたび、攻撃可能になる。

このフォロワー1体のみだと攻撃ができないので、運用はきついと思われますが、スタッツの高さ、アグロなので他のフォロワーも常に展開するムーブをしていくことになるので、デメリットはそれほど気にならずに運用できるはずです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ウィッチvsウィッチ

マリガンは「ワイズマーマン」「不思議の探求者・アリス」「天弓の天使・リリエル」。

まずは「ワイズマーマン」から。「ゴブリンリーダー」で盤面を広げます。

そして「不思議の探求者・アリス」!盤面も手札も全て強化できました!これはベスト!
手札から出てくるフォロワーは強化されているので、「天弓の天使・リリエル」のスタッツが進化込みで5/5になってますね。
続けて「ラプンツェル」。
相手は「次元の魔女・ドロシー」からの「ゲイザー」を出してきましたが、処理は及ばず。
「エンジェルナイト」で「ラプンツェル」を強化しつつどんどんフェイスを殴っていきます。

ラストは「紅蓮の魔術」でリーサルです!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます