トリックアートダンジョン

トリックアートダンジョン

G1 Playground Games

3Dアクションアドベンチャーゲーム

Android:380円 380円 iOS:360円360円

読者レビュー

錯視バズル×ほの暗ストーリー×3Dアクションを満喫!リアルと虚構が入り混じる世界を冒険しよう

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

trickartdungeon_01

多数のインディーゲーム賞を受賞した話題作。

錯視とギミックに騙される話題のゲーム!

「トリックアートダンジョン」は、トリックアートがふんだんに盛り込まれた世界を冒険する錯視バズルアドベンチャーゲームだ。

想像と現実が交差する空間『トリックアートダンジョン』。

主人公の少年ははぐれた両親を探すため、この不思議な空間に足を踏み入れることになる。

錯視がふんだんに盛り込まれた世界

trickartdungeon_02

錯視バズルの世界を大冒険。物語も進んでいく。

操作はタップやスワイプで行い、フィールドを移動することで様々なトリックアートや仕掛けに遭遇する。

ギミックを作動させると何の変哲もなかった背景が変化して道ができ、それに合わせて少年の物語も進んでいく流れだ。

トリックアートダンジョンの特徴は錯視ギミックのおもしろさと壮大な物語

trickartdungeon_04

子供のころに感じた怖さや恐れを追体験するような物語。サウンドも良好。

錯視効果を利用した様々なギミックが用意されていて謎を解くのはもちろん、解いた後にどんな変化が起こるのかを楽しむことができる。

この錯視パズルの他にも、少年のころに味わった言い知れない不安感が表現されている。

最初の夢のシーンでは巨大なアヌビス神に襲われ、博物館では今にも動きだしそうな恐竜の骨や展示物に囲まれたなかで両親とはぐれることになる。

常に不安や恐れを感じるような世界が構築されていて、そんな状態から自らの力で謎を解き、精神的に成長していく物語がおもしろかった。

アイテムやギミックを探して作動

trickartdungeon_05

仕掛け自体はかなりシンプル。

フィールドには先に進むためのアイテムやギミックがあり、それを作動させると様々な錯視効果が見られる。

謎解き自体はシンプルで分かりやすいが、逃げるなどのアクションを伴うものもあるので、何度かリトライを繰り返して成功させよう。

ゲームの流れ

trickartdungeon_07
ゲーム開始時に言語が韓国語の場合があるので、設定で日本語に変更しよう。

最初のエピソードをクリアすれば選択可能だ。

trickartdungeon_08
フィールドをタップするとキャラを移動でき、アイテムの近くに行くとそれを獲得できる。

ガイドが表示されないので仕掛けの傾向を手探りで見つけながら進もう。

trickartdungeon_09
ギミックを作動させて先に進むと新たなストーリーが挿入される。

主人公の少年は、はぐれた両親を探して異世界を旅することになる。

trickartdungeon_10
一見すると何の変哲もない場所だが、それが回転して違った空間になる。

視点の変化を利用した錯視効果もある。

trickartdungeon_11
一度クリアしたエピソードは後から選択可能。

難易度もそれほど高くないので、物語を楽しみつつじっくりクリアしよう。

トリックアートダンジョンの攻略のコツ

trickartdungeon_12

シチュエーションに合わせてギミックを探そう。

フィールドは自由に移動できるので、怪しい場所を調べるなどしてギミックを探そう。

錯視効果を出すための視点の変化を利用した仕掛けや、モンスターから逃げ回るなどのアクションを利用したものまで用意されている。

TIPでヒントを確認!

trickartdungeon_13

序盤はヒントのなしでもクリア可能。

画面右上にはTIPアイコンがあり、それをタップするとヒントを確認できる。

フィールドを歩き回ってギミックをうまく発動できなかったときに使おう。

下に続きます