République(リパブリック)

République(リパブリック)

Camouflaj, LLC

3Dアクションアドベンチャーゲーム

読者レビュー (0)

監視カメラをハッキングし、敵の目を掻い潜れ。国家に洗脳されそうな少女を救い出す3Dステルスアドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Républiqueレビュー

3Dグラフィックは美しく、細かい表情の変化も読み取れる。

PS4でも発売中の3Dステルスアドベンチャーが無料&日本語化!

「République(リパブリック)」は「メタルギアソリッド」や「Halo」の開発に携わったクリエイターがおくる3Dステルスアドベンチャーだ。

少女ホープは国が民衆をネット上で管理するディストピア世界の住人だったが、禁制品から重大な秘密を知ってしまい危険人物として洗脳対象に選ばれてしまう。

プレイヤーは彼女を助けるべく、別の世界(現実)から監視カメラやセキュリティにハッキングを仕掛けて状況を把握し、脱出の指示を出していく。

新しく字幕日本語化&1章が無料プレイ可能となりグッと遊びやすくなった。2章以降を遊ぶには840円を必要とするが、序盤だけでも遊んでみてほしい!

カメラを介した非殺傷ステルスアクション

Républiqueレビュー

ゲーム内の電子機器=現実のスマホ画面というメタ要素も含んでいる。

視点はカメラなどの電子機器からのものに限定されていて自由に見回せない代わりに、カメラを切り替えることで他の部屋も全て把握できる。

ヒロインのホープは地面をタップすることで誘導でき、身を伏せたりロッカーの中に隠れたりするアクションを状況に応じて自動で行う。

フィールドでは多数の敵兵士が巡回しており、自発的に攻撃することは出来ない。戦わずに彼らの目を掻い潜りながら先へ進む必要があるぞ。

未来技術でセキュリティを乗っ取ろう

Républiqueレビュー

赤色がハック対象、黄色は調べる対象だ。

ホープが持つ携帯端末からOMNIビューを起動するとゲーム内の時間が止まり、身を隠せる茂みといった利用可能なオブジェクトだけがピックアップされる。

大抵ドアにはロックが掛かっているのでハッキングで解錠する必要があり、プレイヤーが先回りして安全を確認してからヒロインを進ませることに。

電子機器にはバッテリーがあって金庫の解錠などの一部ハッキングには電力を必要とするが、拘束された時に敵を撃退する催涙スプレーといった使い切り武器アイテムを手に入れられるぞ。

「République」は派手なアクションではなく情報力で制するステルスミッションが魅力!

Républiqueレビュー

シネマティックな演出とも相性が良い。

視点はカメラの配置によって変わるから不自由だし、ヒロインも細かいところは自己判断で動いちゃうからスムーズに操作しにくく、最初はもどかしく思ってしまう。

だけどOMNIビューを使えば安全な位置から敵の配置や徘徊ルートを把握できるので、最適な攻略法をジックリと考える余裕が生まれる。

プレイヤーとヒロインの間に生じるズレを踏まえた動きと、予め調べていた情報の差によって監視を突破するのが楽しい。

本作をアクションゲームとして見るなら爽快感に欠けるが、スマホでも遊びやすい頭脳戦メインのステルスアドベンチャーとしては最高の形になっていた。

どこか憎めない兵士を観察してみよう

Républiqueレビュー

施設はシャドーモセスと似たような雰囲気も。

敵兵士は一人ひとりに個人情報が設けられており、OMNIビューからIDカードをチェックすると性格や犯罪歴を知れる。

攻略上では役に立たないが人のヒミツを覗くのは面白いし、トイレでぼーっと虫を眺めている個性的な兵士もいたりと遊び心アリ。

「メタルギアソリッド」を彷彿させる一面も多くてシリーズファンである筆者は大いに楽しめた。

アイテムを収集するとスキルが成長

Républiqueレビュー

▲一つ一つにボイス解説付きという小憎い要素も。

フィールドには国家が保有する情報オブジェクトが隠されていて、外部のハッカーに売るとポイントを稼げる。

一定数貯めれば新スキルを修得でき、敵の進行ルート予測・音を立てて注意を引き付けるといった専用アクションで脱出を有利に運べるぞ。

ストーリーの進行上では必須にならないが、色んな場所を探索したくなるシステムとして上手く機能していた。

ゲームの流れ

Républiqueレビュー

最初に3つの難易度を選べるが、まずはノーマルで始めるのがオススメ。あまりに苦戦していると難易度を下げる提案をしてくれるから安心。

女子高生風の制服やラフなスポーツ衣装に着替える見た目チェンジ要素もあり、スタンガンの弾数無限などの特典が付くぞ。

Républiqueレビュー

情報を管理する世界において知りすぎた者は危険分子でしかなく、ホープは国から追われる身となってしまう。

たまたまつながった携帯型端末を介してプレイヤーがヒロインに指示を出す形でゲームは進行する。

本来敵なのに脱出を手助けしてくれるオタコン的な立ち位置のメカニック担当キャラもいるぞ。

Républiqueレビュー

兵士は前方を索敵していて、向きを変えた瞬間を狙って通り過ぎる必要がある。

足音を立てると近寄ってくるので、あえておびき寄せる高等テクニックも使えるぞ。

上手く気配を消して忍び寄れば敵のポケットからアイテムを盗むアクションも可能だ。

Républiqueレビュー

ヒロインが動けばカメラは自動で切り替わるし、OMNIビューから変更先を選んでもオッケー。

単純に時間を止める用途で使ってもいいし、追手から逃れるためにドアを逆に施錠することもできるぞ。

Républiqueレビュー

最初はバージョンレベルが低くてハックできる種類は多くないけど、ゲームを進める中でやれることも増えていくぞ。

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

「République」序盤攻略のコツ

Républiqueレビュー

ダブルタップするとヒロインが走って移動するが、物音を立てるので基本は使わないように。

操作の基本として、タップ先が緑色アイコンの場合は危険性が低く、橙色アイコンはカメラを切り替えて他のエリアに行くことを示す。

敵がこちらを見ていないタイミングを伺い、緑色のアイコンだけで安全に進むのがキホンとなる。

途中で焦ってタップすると挙動が変わって敵に身を晒す場合もあるので、一連の動作が完了するまで見守るほうが安全だ。

下調べできる利点を活かして備えは万全に

Républiqueレビュー

マップの表示と、偵察した3D空間のを合致させよう。

OMNIビューからマップを開くと目的地が黄色いドットサイトマークで示される。迷った時はここに向かって進もう。

マップや複数のカメラから得た情報を元に、自分が今いる場所からどんなルートを通るかを考えるのも重要になる。

グイグイ進んでいると物陰に潜んでいた敵に見つかって即アウトなパターンが多いので、偵察と状況把握は怠らないように。

もし捕まっても心配ご無用

Républiqueレビュー

あえて捕まってアイテム消費を抑えるのも有効だ。

敵に捕まった時に武器アイテムを持っていないと隔離室へ幽閉されるが、序盤のうちは攻略エリアから近いのですぐ復帰できる。

ハッキングに必要な電力を補充する機械と、ハッカーと通信してスキルを修得する便利な施設が揃っているので、セーフポイントとして利用しよう。

アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
avatar
500

下に続きます