禅の鯉 2

禅の鯉 2

LandShark Games

アクアリウム・魚育成シミュレーションゲーム

読者レビュー (1)

優雅に泳ぐ池の鯉はやがて龍へと昇華する…様々な模様の鯉をのんびり育てていくシミュレーションゲーム

ダウンロード(Android)

【Zen Koi 2】レビュー画像

リラックスするBGMと落ち着いた雰囲気で、プレイ中でも眠くなってくることが……zzz

池の鯉を収集・鑑賞するシミュレーション

Zen Koi 2 – 禅の鯉 2』は、様々な色や模様をもった鯉をコレクションしたり育てたりする育成シミュレーションゲーム

画面タップで鯉を動かし、どこか神秘的で優雅な鯉を鑑賞したり、鯉に獲物を食べさせて成長させたりしながら、のんびりゆったりとゲームをプレイしよう。

餌を食べてレベルアップ

鯉は一定以上の獲物を食べるとレベルアップだ。成長ポイントがもらえるので忘れずに割り振ろう。

レア度を上げることも可能だけど、素早さ器用さを上げればより獲物の捕食がしやすくなるはずだ。

交配で鯉の卵を獲得

一定以上のレベルに到達すると鯉が成魚となって交配が可能になるぞ。外からランダムで鯉がやってくるので気に入った鯉と交配しよう。

赤・白・黄色三色・稲妻と鯉の模様は多種多様。生まれてくる鯉は両親の色と模様を引き継ぐので組み合わせ次第では思わぬ美しい鯉が誕生するかも?

『禅の鯉 2』の特徴は鯉と龍の模様の美しさ

【Zen Koi 2】レビュー画像

池に漂う小さな卵はいつしか大空を泳ぐ大きな龍に…

黄河上流にある竜門の滝を登った鯉は龍となる…中国の故事で登竜門の語源にもなった伝説ではあるけど、このゲームでも成長しきった鯉はに昇華するぞ。

空に昇った龍は夜空を美しく力強く泳いでいくぞ。空に散らばる星々を繋いで新しい星座を作り上げよう。

龍が星を繋いで集めたポイントは「私の池」や「装飾」など、新しい要素の解放に使用可能だ。

いろんな模様の龍を集めよう

龍の体の模様は鯉だったころの模様が元になっているぞ。

美しい・珍しい模様の鯉はそのまま龍の姿にも反映されているので、気に入った模様の鯉が手に入ったらしっかり育ててその模様を引き継いだ龍にしてあげよう。

龍は池には戻れない

ただし1度龍となったら鯉はもとの姿に戻ることは出来なくなるため、他の鯉との交配も不可能になるぞ。

鯉の卵のストックがない場合は龍にする前に交配して数を確保しておこう。

『禅の鯉 2』攻略のコツ

【Zen Koi 2】レビュー画像

特別急いで進めるようなゲームではないけれど、効率的に行っても問題はないハズ。

鯉を龍にするためにはいろんな種類の獲物を捕まえて宝石を作成し、池を拡張させていく必要があるぞ。

画面右下のアイコンをタップして、どの獲物がどれだけ必要なのかこまめにチェックしておけば効率的に池の拡張が行えるハズだ。

獲物も自衛を覚え始める

池の拡張が3段階目になったあたりから獲物の種類が変化して、変わった特徴を持つモノが多くなってくるぞ。

鯉が近づくと急加速し始めたり、鎧のような鱗に守られて何度も捕まえないと捕食できないなど厄介な特徴を持つものもいるので頑張って追い込もう。

錦鯉との組み合わせはどう見てもミスマッチ

獲物の中でとりわけ面倒なのが、鯉が近づくと膨らんで捕食不可にしてくるハリセンボンのような魚。

膨らみ終わった後の隙をつくか、速さ器用さの成長ポイントを大きく上げて膨らむ前に捕食してしまおう。

ゲームの流れ

【Zen Koi 2】レビュー画像

スタート時点では卵の状態。孵化してどんな模様の鯉が生まれるかは運次第だ。

【Zen Koi 2】レビュー画像

鯉は画面をタップすればその場所に移動し、獲物をタップすれば追いかけて捕食するぞ。

【Zen Koi 2】レビュー画像

鯉をレベルアップさせて交配可能にするだけならただ獲物を食べ続ければいいけれど、龍にしたいのなら宝石を作って池を拡張させる必要があるぞ。

【Zen Koi 2】レビュー画像

宝石を持った状態で池のどこかにある印のある場所に向かえば池が拡張される。特に操作をしなければ宝石を作った時点でオートで印のところまで移動してくれるはずだ。

【Zen Koi 2】レビュー画像

池の外縁部からたまによその鯉がやってくることがある。ゲージが溜まるまでの一定時間一緒に居続ければ交配完了だ。

【Zen Koi 2】レビュー画像

卵は8つまでストック可能。頭から尾までギザギザの模様が伸びている鯉は「稲妻」と呼ぶらしいぞ。

【Zen Koi 2】レビュー画像

池の拡張を一定以上行うと鯉が龍に昇華!

【Zen Koi 2】レビュー画像

龍は夜空を泳いでいくので星と星を繋いで星座を作り出そう。…ヤシの実座?

下に続きます