林中道

林中道

評価4.0点

Ajoy Lab

パズルゲーム

読者レビュー (0)

切なくて暖かい…!絵本のような抒情的な世界で少女を導け!ルート開拓が奥深いパズルアクション

ダウンロード(Android)

林中道レビュー画像

暖かさと切なさを感じさせる世界観が魅力的だ!

切なく暖かい世界観を持ったパズルアクション

「林中道」は、ステージ内に存在する宝石をすべて手に入れてゴールに向かう、パズルアクションゲーム

切なく暖かな、絵本のような世界観が魅力だ!

心に染み入る!魅力的な世界観

本作の持つ絵本のような世界観を支えているのは、グラフィックとBGM。

温かみを感じさせるホンワリしたグラフィックと、ピアノや弦楽器による素朴なBGMが、心に沁み込んでくるようだ。

ステージクリア毎に表示される短いストーリーも、ゲームの世界観に奥行きを与えている!

パズル性重視!誰でも世界観に浸れる

ジャンプと移動を駆使してゴールへ向かっていくことになるものの、指定した場所へ自動的に進んでくれるため、アクション性は低め

どのルートを辿ればゴールへと辿り着けるか?というパズル性がメインなので、反射神経を要求されるゲームが苦手…という人でも楽しめる!

パズルが苦手という人のためにヒント機能まであるので、誰でも世界観に浸れちゃうぞ!

「林中道」の特徴はルーンを使ったパズル性

林中道レビュー画像

ルーンをどこに作り出すか?ただそれだけなのに奥深い…!

本作でパズルのポイントとなっているのが、「ルーン」と呼ばれる岩。

ルーンは足場の代わりになったり、ギミックのスイッチになっていたり…と様々な要素を持った存在だ。

進める距離は3マス分!ルート開拓のカギはルーン

主人公は上3マス、左右3マス分のスペースをジャンプによって移動可能。

ただ当然のように、ステージには3マス分以上のスペースが空いた地形が登場する。

このため、どこにルーンを出して足場の代わりとするか?がルート開拓の基本的なポイントになってくるのだ。

制限された召喚数!奥深いパズル性が魅力

このルーン、何個でも召喚可能なのであれば、ガンガン足場を作ることが可能だ。

でもそれではパズルが成り立たないので、当然ながらルーンを召喚できる個数は制限されている。序盤ステージはほぼ各ステージ1回という制限だ。

このため、じ~っくりとルートを考えなければクリアは不可能!奥深いパズル性が楽しめるぞ。

「林中道」の攻略のコツは後ろに注目すること

林中道レビュー画像

つい主人公の向いている方に向かってしまうが、後ろもチェックしよう!

本作を攻略する上でのポイントは2つ!

ひとつはジャンプの距離感を覚えることで、ふたつめは後ろに注目してルートを見出すことだ。

実は3マス以上移動できる!?ジャンプのクセ

本作のジャンプは、あるクセを持っていて、実は地形によっては3マス以上ジャンプすることが可能だ。

まず、下方向にジャンプする場合、下に移動するマス分、左右方向へ余計にジャンプできる。たとえば1マス下に移動する場合、左右方向へは4つ分移動可能。

また、上方向と左右方向のマス数は別々にカウントされる。なので、実は上3マス、左右3マスで6マス分の移動を行うことができるのだ!

まずは繰り返しプレイしてこの感覚を覚えよう!

一見正解のルートは不正解?後ろに注目

ステージが始まると、ついつい、プレイヤーが最初から向いている方向に進んでしまいがち。

しかし、プレイヤーが最初から向いている方向のルートではクリアできないということが実は多い。

クリアできないステージに遭遇したら、プレイヤーが最初に背中を向けている方向…つまり後ろに進んでみよう道が開ける可能性が高いハズ!

ゲームの流れ

林中道レビュー画像

タイトル画面からして、ふんわりした暖かいイメージ。

モードは「ストーリーモード」と「創作モード」が用意されている。

林中道レビュー画像

初回プレイ時は操作方法とルールを丁寧にガイドしてくれるぞ。

しっかりチェックしておこう。

林中道レビュー画像

チュートリアルが終了すると、5つある章から好きな章を選んでチャレンジ可能に。

どのステージも独特な美しさを持っている。

林中道レビュー画像

ストーリーモードは用意されたステージを次々クリアしていくモード。

ステージをクリアすることで、主人公の少女・エイミーの物語が進んでいく…。

林中道レビュー画像

創作モードでは、自由にステージをデザインし、配信することができるぞ。

難易度高めのステージを作って、他プレイヤーへ挑戦状を叩きつけたい…!

アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
avatar
1000