Father and Son(父と息子)

Father and Son(父と息子)

TuoMuseo

アドベンチャーゲーム

読者レビュー

過去の世界へタイムトラベル。様々な歴史とシンクロしながら旅をする芸術的な探索アドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Father and Son(父と息子) androidアプリスクリーンショット1

▲空間や光源の魅せ方が天才的だね。

異なる世界を旅しながら、“愛”を学んでいこう。

『Father and Son(父と息子)』は、イタリアのナポリにある考古学博物館を中心に綴られる、ポイント探索型のアドベンチャーゲーム。

主人公は美術品を鑑賞することで、作品が制作された過去へとタイムトラベルできる。

現在過去主人公製作者。2つの世界をシンクロさせ、平行して進めることで物語は発展する。

絵画のような色彩の2Dビジュアルで描かれるアニメーションはとても美しく、無料の作品とは思えないアート性を誇る。

プレイ時間の目安はスムーズに進めば1時間強。歴史“愛”を巡る旅へと出かけよう。

『Father and Son』は過去の世界と同調する物語がステキ。

Father and Son(父と息子) androidアプリスクリーンショット2

▲過去で石像を彫ると、主人公が絵を描き始めた。

絵を嗜む主人公は、学者である父のことをよく知らずに育った。とある事をキッカケに博物館へ訪れた際、タイムトラベルが発生。

石像、絵画、彫刻像。古代エジプトの日常や、火山が大噴火する直前、英雄ナポレオンが生きた時代まで。

街の喧騒まで聴こえるような、作品の背景をそのまま感じ取れる世界で旅をするのが面白い。

過去と現在のシンクロも、関連性が無いと思える2つの世界が呼応するように重なり合う。美しい演出がより深く没入させてくれる。

歴史を読み解くのもイイが、もう1つのテーマは“愛”。子供、両親、妻……過去を通して主人公は様々な感情を学んでいく。

難しいことを抜きにしても雰囲気とビジュアルだけで十二分楽しめるので、少しでもピンときたら手にとって頂きたい。

『Father and Son』序盤攻略のコツ。

Father and Son(父と息子) androidアプリスクリーンショット3

▲単語が読めればなんとかなるさ。

基本的なゲームの流れは、探索して目的の物をタップすることで進行する。マークが出ないのは全て無反応。

途中で他人と会話できるが、スルーしても進行上の問題はない。もしかしたら内部的な変動があるかも。

難しいのが狭い部屋での探索。選んだ行動によっては進行不能、詰まることもある。そうしたら一度アプリを再起動させよう。

会話では、関係を円滑に保てる選択肢が安牌。「love」とか「smile」とか、メタ的な観点だと長い文章のほうが色良さそう。

現実の美術館と連動した要素もあるようなので、気合があれば調べてみよう。


ゲームの流れ

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット1
詳細は不明だけど『The End of the World』の作者さんのゲームだと確信できる。

本作も相変わらず美しい。

ただ、前作より難易度は高め。全部意訳しての解説だから間違ってたらごめん。

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット2
画面左右の端で移動、ポイントタップで側まで歩く。

衣装替えもできるけど、いくつかロックされてるコンテンツはリアルにナポリの博物館までいく必要があるっぽい。ムリだ。

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット3
ビジュアルレベルは前作よりパワーアップしてて、すれ違う人々とか細かい。

幻想的な博物館の中で、当時に身を馳せてみよう。

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット4
タイムスリップすると、当時の人に乗り移る。

彼らは様々な悩みを抱えてるので、時計マークで時間を行き来しながら解決へと導く。

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット5
現在とその場で対比できるから、当時の文化背景も綿密に体感できて面白い。

カジュアルに、感覚的に歴史を知れるのはイイ。

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット6
どこかでインスピレーションを得たり、人物と会話することで物語は進行。

探索あるのみなので様々な可能性を模索しよう。

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット7
演出がバツグンで、流れるように物語に引き込まれる。

ぼんやりとしていたテーマや主人公についても、だんだん理解していく。

androidアプリ Father and Son(父と息子)攻略スクリーンショット8
シネマティックだけど、自分自身が体験するってのがゲーム媒体ならではの面白さだね。

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

下に続きます