Caveboy GO

Caveboy GO

評価3.5点

Appxplore Sdn Bhd

アクション・落ちゲー

崩れ行く神殿の最深部を目指せ!3の倍数だけパネルを踏んで進む風変わりなパズルアクション!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Caveboy GO androidアプリスクリーンショット1

つまりこーいうことです。ね、同じ色を3枚ずつ踏んでるでしょ?

一筋縄ではいかない一筆書き!? 素早く正解のルートを見つけてダンジョンの奥深くを目指せっ!

「Caveboy GO」は、色分けされたダンジョンフロアを、一定のルールで進んでいく、ちょっと変わったパズル系ランゲームだ。

ルールは簡単、同じ色のフロアパネルを、続けて3枚踏むだけ。1~2枚や4~5枚踏んでいる状態だと、違う色のフロアパネルに移動することができない。ただし、3、6、9、12枚など、3の倍数なら抜け出せる。

たったこれだけのルールなのに、意外と手こずり、一筋縄ではいかないのが不思議なところ。

フロアをクリアするごとにちょっとずつ回復する制限時間が、0になってしまうとゲームオーバー

一瞬でルートを見抜き、ズバっと出口まで辿りつけたときには、謎の爽快感を味わえるぞ(笑)。

「Caveboy GO」の特徴は単純なのに奥深い不思議なパズル性

Caveboy GO androidアプリスクリーンショット2

ボーナスステージに見せかけて(実際そうなんだけど)出るのが案外大変な部屋。

同じパネルを3枚ずつ通過していくだけなのに、ときどき不意に正解がわからなくなる

制限時間は刻々と迫ってくるので「クイズ番組で答えの出てこない芸能人って、こんな気分なのかなあ」なんて思いながら焦る焦る

だからこそ逆に、ちょっとトリッキーなルートが一瞬で読み解けたりすると、俺Sugeee!っていう爽快感が得られるのだ(笑)。

道中、オバケみたいな敵が出現するけど、なんか勝手に倒しちゃうので気にせず進もう(笑)。

ただし、落ちているカギだけは必ず拾わないと、出口から出られないので注意。

また、金塊がたくさん落ちてるボーナスステージでも「3の倍数」のルールが生きているので、出かたを考えないと詰まってしまうぞ。

「Caveboy GO」攻略のコツはルートを逆にたどること

Caveboy GO androidアプリスクリーンショット3

フロアはランダム生成なので、場合によっては正解のルートが複数あることも。

ランダム生成ステージのため、正解のルートが作成されたあと、フェイクで散りばめられたパネルがプレイヤーの混乱を誘ってくる

パッと見で正解のルートが見つからない場合には、ゴールから逆にたどってみるといいだろう。

カギと金塊を漏らさず拾いつつ、余計なパネルはスルーして、最短で出口を目指すことが攻略の最大のコツ。

どうしてもわからないときは紫のエリクサーをひとつ消費すれば正解のルートを知ることができる。

ただし、ゲームオーバーになっても動画視聴かエリクサー消費でコンティニューができてしまうので(笑)、ヒント機能は使わないほうがいいだろう。

金塊を200個集めれば、特殊能力を持った新たなキャラクターをアンロックできるぞ。

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ Caveboy GO攻略スクリーンショット1
チュートリアル。ゲームの基本的なルールを教えてくれる。
androidアプリ Caveboy GO攻略スクリーンショット2
とにかくパネルを3枚ずつ踏んでいこう。
androidアプリ Caveboy GO攻略スクリーンショット3
チュートリアルをクリアすると太陽神(?)が手に入り、ノーマルモードが開放される。
androidアプリ Caveboy GO攻略スクリーンショット4
ノーマルモードは制限時間がなくなるまでに何ステージクリアできるかチャレンジするランモードになる。
androidアプリ Caveboy GO攻略スクリーンショット5
太陽神に金塊200個を支払うと、ガチャ形式で新キャラを1体もらえるぞ。
androidアプリ Caveboy GO攻略スクリーンショット6
目指すは100ステージ踏破!?(30ステージが限界でした…)
ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

がすけつ

サクサク遊べるのに適度な難易度で、フロアごとの緊張感と解けたときの爽快感が◎!

がすけつ

せっかくルールが面白いのだから、単純なランゲームじゃなくてもっと要素をヒネってほしかった!

Caveboy GOの基本データ

タイトル Caveboy GO
パブリッシャー Appxplore Sdn Bhd
レビュワー がすけつ
初回レビュー日 2017年4月3日
最終更新日 2017年4月7日
ジャンル アクション・落ちゲー
タグ
こちらもおすすめ