バスケがしたいです

バスケがしたいです

ゲーム市場

スポーツゲーム

読者レビュー

バスケットは…好きですか?スラムダンク気分に浸れるフリースローゲー

ダウンロード(Android)

レビュー 読者レビュー
バスケがしたいです androidアプリスクリーンショット1

フリースローを制するものはバスケットを制~す!?

スラムダンク風バスケゲー!?

「バスケがしたいです」は超名作コミック「スラムダンク」にインスパイアされたバスケットゲーム。

正確に言うと棒人間スタイルのワンキーアクションだ。

フリースローをフリックで角度と力を調整し撃つ。この弓のしなりのようなアクションがクセものだ。5本失敗したらゲームオーバー。シュートを決めるたびに、ゴールが高くなったり小さくなったりと、連続で決めるのは段々難しくなっていく。シンプルすぎるつくりだが、この棒人間のフォームもなってないアクションに、放課後の体育館、響くドリブルの音、靴が擦れるキュッという音。そんなのを沢山思い出してしまった。今はもうすべてが遠い日のことで、何かきっかけがないと記憶はどんどん忘却と妄想にすげ変わってしまう。

シンプルなゲームに感傷を押し付けてると笑いたければ笑え。
でも、
これはもう、
もはやもう、
これはもう、

青春じゃないか。

スポンサーリンク

「バスケがしたいです」の一番の特徴はフリースローの緊張感

バスケがしたいです androidアプリスクリーンショット2

静かにしろい、この音が…オレを甦らせる、何度でもよ…

スラムダンクは運動音痴の僕にすら勇気と涙をもたらした正真正銘の名作だ。全31巻を何回読みなおしたかわからない。特に終盤の時間を止めたかのような鳥肌が立つ筆力に打ち震えた。

ライバルとの戦いと努力で進化する素人、桜木花道の成長物語でもあるが作者、井上雄彦の進化も凄まじかったのだ。

で、本作のタイトルである「バスケがしたいです」は「スラムダンク」にてケガで挫折し、不良に身をやつした中学MVP、三井のセリフである。恩師、安西先生に再開した三井は涙ながらにその言葉を漏らすのだった…。書いてるだけで泣きそうだ。

このゲームは不完全な所が多い。矢印の表示される方向に正確には飛ばない。矢印の長さと飛ぶ飛距離がそぐわないこともある。矢印じゃなくフリックする指を信じなくてはいけない。だが!それがフリースローの緊張感をもたらす。そうだ、安西先生だって言っていたじゃないか。

「諦めたらそこで試合終了だよ」って…。

スポンサーリンク

「バスケがしたいです」攻略のコツ

バスケがしたいです androidアプリスクリーンショット3

そろそろ自分を信じていい頃だ…。今の君はもう十分あの頃を越えているよ。

さて、フリースローのコツだが、筆者はバスケットにまったく詳しくない。矢印があまりあてにならないのは前項で言及したが、

このゲームはだいぶラフなつくりなのでボードじゃなくても壁にぶつけても入る事が多い。

何回かやってみてコツを少し掴んだ。

大体ゴールからゴール一個分くらい上から、棒人間のほうにス~とフリックすると入りやすい。

もちろん高さやゴールが小さくなってきてからは適宜やり方をカスタマイズしてかなくてはいけないだろう。

指を離したところでシュートを放つため、ミスタッチは許されない。もはや何が起きようと揺らぐことのない、断固たる決意でシュートするんだ!大事なことを忘れてた。このゲームをプレイするなら、左手は(スマホに)そえるだけ

歴史に名を刻め~!お前等!


ゲームの流れ

androidアプリ バスケがしたいです攻略スクリーンショット1
タイトル画面…。もしや上の広告は…“白髪鬼”安西先生!?
androidアプリ バスケがしたいです攻略スクリーンショット2
後ろにフリックして角度とパワーを調整してシュートだ!
androidアプリ バスケがしたいです攻略スクリーンショット3
この矢印があまりあてにならないのがクセモノ。だがクセになる。
androidアプリ バスケがしたいです攻略スクリーンショット4
決して得意ではないフリースローを執念で決める!
androidアプリ バスケがしたいです攻略スクリーンショット5
今思えば桜木と安西先生が合宿のときにやったシューティング勝負みたいだな、このゲーム…。

下に続きます