月刊ヒットポイント 創刊号

月刊ヒットポイント 創刊号

Hit-Point Co.,Ltd.

読者レビュー

配信形式が斬新!10本以上のゲームが収録された月刊誌形式のミニゲームパック

レビュー 読者レビュー
月刊ヒットポイント 創刊号 androidアプリスクリーンショット1

多彩なミニゲームを収録。

月刊連載型のゲームパック!

「月刊ヒットポイント 創刊号」は、多彩なジャンルのゲームがつまった月刊誌形式のゲームパックアプリだ。

脱出ゲームにシューティングにパズル。

シミュレーションやモグラ叩きアクション、麻雀コラムにショートコミックまで。

10種類以上のコンテンツを、これ一本で楽しむことができる。

この他、ラジオ形式で進む「脳内DJネガちゃん!」や今後導入されるコンテンツに活かされるであろうアンケート機能など、プレイヤー側から反応を得るコーナーもあるようだ。

スポンサーリンク

奇抜な配信方法が一番の特徴

月刊ヒットポイント 創刊号 androidアプリスクリーンショット2

配信形式が新しい。

デベロッパーは、KEMCO_GAMESさんから配信されている「ソウルオブデーヴァ」や「ダークゲート」を開発したHit-Pointさん。

月刊コミック雑誌の形式を参考に様々なゲームが連載されており、ひと月ごとに新たな号(有料アプリ)が配信されるようだ。

各ゲームにはアドベンチャーパートが挿入されており、号を追うごとにそれぞれの物語が進むホントに漫画みたいな形式になっている。

ゲーム自体はどれも手軽に遊べておもしろく、コンテンツの中で個人的にツボだったのがアンケート機能を付けていたところ。

ユーザーからの意見を自然に吸い上げられる良い機能であり、これによって不人気なゲームがロケットでつきぬけ……もとい、打ち切られるのかと思うとなぜか悲しくなった。

逆に人気があるとスピンオフみたいなかたちで単独アプリ化されるんだろうか、そういった広がりを想像するのもおもしろかった。

スポンサーリンク

月刊ヒットポイント 創刊号の攻略のコツ

月刊ヒットポイント 創刊号 androidアプリスクリーンショット3

読者アンケートも完備。

どのゲームも最初から開放されているので好みの物から遊んでいくといい。

創刊号なので難易度はどれも高くなく、クリアするのはたやすい。

次号以降は有料(525円)になるが、1冊雑誌を買うことを考えれば適切な値段ではある。

創刊号にもアンケート機能があるので、今後配信されるものを遊びたいと思った人は記載しておくと反応が得られるかもしれない。


    ゲームの流れ

    androidアプリ 月刊ヒットポイント 創刊号攻略スクリーンショット1
    目次から各コーナーを選んでスタート。短いコミックや会話劇のコーナーもあるようだ。
    androidアプリ 月刊ヒットポイント 創刊号攻略スクリーンショット2
    各ゲームにはアドベンチャー形式の会話パートも挿入されている。ネガちゃんかわええ。
    androidアプリ 月刊ヒットポイント 創刊号攻略スクリーンショット3
    シューティングゲーム「百機夜攻」。テイストは東方っぽい。
    androidアプリ 月刊ヒットポイント 創刊号攻略スクリーンショット4
    「aMAZE+ing」は道を作り、自動で動くキャラを導くアクションパズル。
    androidアプリ 月刊ヒットポイント 創刊号攻略スクリーンショット5
    脱出ゲーム「私立コトダマ学園心霊部」。この他にもパズルゲームや麻雀コラムなど多彩なコンテンツが用意されている。

      下に続きます