ほとけ!俺を助けろ!

ほとけ!俺を助けろ!

MOONKEY

アクションゲーム

芥川の「蜘蛛の糸」を題材にした振り落としアクションゲーム

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

ほとけ!俺を助けろ! androidアプリスクリーンショット1

亡者を指で振り落とせ。

「蜘蛛の糸」がゲーム化!?

「ほとけ!俺を助けろ!」は糸をのぼって近づいてくる亡者をふり落としていくアクションゲームだ。

題材は芥川龍之介の「蜘蛛の糸」。

クセはあるが世界観とマッチしたグラフィックやBGM

ステージにチェックポイントが存在するため、ある程度のぼったところから再開できるのが良いね。

登場する亡者を収録するコレクション要素やランキング機能もあり、アクションゲームとして完成度の高いアプリになっている。

    迫る亡者を振り落とせ

    ほとけ!俺を助けろ! androidアプリスクリーンショット2

    色んな亡者が邪魔をしにくる。

    極楽から地獄を見下ろした「ほとけ」は、苦しみもがく罪人の中に「カンダタ」という男がいるのを見つける。

    彼は生前、様々な悪事を働いていはずなのだが……。

    無実の罪で地獄に落とされた」といってきかない。

    めんどうだが少しかわいそうに思ったほとけは、カンダタを助けるために一本の糸を地獄へと下ろすのだった。

    という「蜘蛛の糸」をオマージュした作品となっている。

    プレイヤーの目的は、極楽を目指すカンダタを助けるために追ってくる亡者たちを指ではらい、動物たちはそのまま上らせること。

    シンプルなルールなので初見ですぐに馴染める他、このゲームの特徴となっているのが一定距離をのぼるごとに存在するチェックポイントだ。

    チェックポイントを通過するとゲームオーバー時にそこからリプレイでき、スコアも登った距離として算出されるためプレイするほどにハイスコアが伸びる

    これはエンドレス系のアクションゲームには珍しい仕様だったのでとても新鮮だった。

    亡者を集めるコレクション要素も

    ほとけ!俺を助けろ! androidアプリスクリーンショット3

    必殺張り手で叩き落せ。

    チェックポイントはあるものの、糸をのぼるほど落としにくい亡者が出たり、図体の大きい動物が操作の邪魔をしたりと難易度は上がっていく。

    この次々と登場する亡者や動物たちをコレクションする機能も搭載されており、ネットランキングもあるためやりこみ度も高い。

    カンダタが極楽にたどりついた時にどういった反応を示すのか、という物語的な楽しみもあるのは良いね。

    簡単操作かつ独特の世界観、リプレイのしやすさが魅力のアクションゲームだった。

    ゲームの流れ

    androidアプリ ほとけ!俺を助けろ!攻略スクリーンショット1
    操作は、蜘蛛の糸をのぼるカンダタに襲いかかる亡者を指で落とすだけ。
    ←→に指でなぞる、またはタッチすることで振り払える。
    androidアプリ ほとけ!俺を助けろ!攻略スクリーンショット2
    亡者の他にパンダなどの動物たちも糸をのぼってくる。
    彼らを落としてしまうと即ゲームオーバーになる。
    androidアプリ ほとけ!俺を助けろ!攻略スクリーンショット3
    高速で糸をのぼるカタツムリなどを落とすとカンダタのスピードが一定時間アップする。
    亡者たちを引き離しつつ、距離も稼げるので狙いたいところだ。
    androidアプリ ほとけ!俺を助けろ!攻略スクリーンショット4
    亡者を落としていくと左にある仏メーターがたまり、満タンの状態でメーターをタッチすると仏様が必殺の張り手をしてくれる。
    画面上の亡者を一網打尽にできる。
    androidアプリ ほとけ!俺を助けろ!攻略スクリーンショット5
    糸を一定期間のぼりつづけるとチェックポイントがあり、リプレイ時にそこからはじめられる。
    いちいち0mからやり直さなくていい便利機能だ。
    androidアプリ ほとけ!俺を助けろ!攻略スクリーンショット6
    この他、上り続けることで多彩な動物や亡者たちが現れる。
    それを「日記」に集めていくコレクション要素もある。

    ログインしていません。

    このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。