【デュエルエクスマキナ】トリニティーデッキについての考察

トリニティー勢力は鉄壁持ちのカードが多くて、1ダメージを受けない効果がとても魅力的ですね。

そしてミカエルのガーディアンパワーのユニット1体にATK+1を与える効果が鉄壁と合わせると攻守どちらも強いです。

今回はそのトリニティー勢力の中から、おすすめのカードをご紹介していきたいと思います。

デュエルエクスマキナ

鉄壁での堅い守りが魅力なトリニティー勢力

トリニティーの魅力はマナ増大

トリニティーの魅力はまず、ヒーローパワーのミカエルのATK+1が魅力です。これは鉄壁と組み合わせると、鉄壁持ちのキャラが敵をばたばたと倒していってくれます。

ミカエルをガーディアンにする場合は積極的に鉄壁持ちを入れていきましょう。

もう一つの魅力は、マナの増大ですね。

マナを一時的に増やす効果のあるカードが多いです。

このマナ増大のアドバンテージによって相手よりも強力なカードを召喚したり、多くのカードを使用することができます

ガブリエルという、マナを貯蓄する効果のあるカードを生み出す、パワー持ちガーディアンもいるので、マナをうまく管理して使うことが大事でしょう。

おすすめのガーディアン

私おすすめのガーディアンはミカエルです。

ミカエルのATK+1はどんな盤面でも活躍しますし、無駄がないパワーです。

鉄壁持ちのカードにも相性が良く、攻撃力0のユニットでさえ攻撃できるようになります

一方ガブリエルは、マナを貯蓄することができるのですが、それはカードで十分に補うことができるし、無駄な場面が多くなってしまいます。

トリニティーデッキにおすすめのカード

トリニティーデッキを組む上で、トリニティー限定のオススメカードをご紹介致します。

聖堂領の修道女

レアリティ:初期カード   マナコスト:1

カードタイプ:ユニット   タイプ:修道者

ATK:0   HP:1

スキル:自ターン開始時、残りマナを1増やす。

備考:一番最初から引けると、早い段階でのマナアドバンテージとなります。

2枚デッキに入れて、早い段階でドロー出来るようにしましょう。

そして、守り続けてマナアドバンテージを長く維持しましょう。

聖樹の杯

レアリティ:初期カード   マナコスト:2

カードタイプ:スペル   タイプ:

ATK:   HP:

スキル:残りマナを4増やす。

備考:マナ2使用の4増やしなので、マナが2増えることになりますね。これは序盤から後半まで、どのタイミングでも使えます。ここぞというときに使いたいですね。

とても強力な必須スペルだと思います。2枚取り入れましょう。

ロードスの門衛

レアリティ:コモン   マナコスト:2

カードタイプ:ユニット   タイプ:修道者

ATK:0   HP:3

スキル:鉄壁《1》:このユニットが受けるダメージを1軽減する。

備考:この門衛はマナコスト2でHP3と序盤から本当に硬いです。

ただ、守っているだけでは役不足なので、ミカエルのガーディアンパワーでATK+1の効果で攻撃できるようにしてあげましょう

聖堂領の格闘教官

レアリティ:レア   マナコスト:3

カードタイプ:ユニット   タイプ:修道者

ATK:2   HP:2

スキル:鉄壁《1》:このユニットが受けるダメージを1軽減する。

備考:鉄壁持ちマナコスト3で2/2ととても優秀です

安定して活躍するので、ほとんどのデッキに2枚入れてあげましょう。

ロードスの聖騎士

レアリティ:初期カード   マナコスト:6

カードタイプ:ユニット   タイプ:修道者

ATK:3   HP:4

スキル:護衛:横列を通る相手ユニットをブロックする。鉄壁《1》:このユニットが受けるダメージを1軽減する。

備考:鉄壁持ちの護衛持ちという二段構えです。そしてATK3での鉄壁持ちの護衛は硬い上に強いので強力なユニットカードですね。

筆者おすすめの初期カードです。

人面獅子 マンティコア

レアリティ:レア   マナコスト:7

カードタイプ:ユニット   タイプ:

ATK:5   HP:5

スキル:召喚時、相手ユニット1体に3ダメージを与える。

備考:マナコスト7で5/5と優秀なスペックを持っていながら、召喚時敵ユニット1体に3ダメージを与えてくれるので、除去カード+攻撃モンスターとなります。

火竜 ウェルシュドラゴン

レアリティ:エピック   マナコスト:8

カードタイプ:ユニット   タイプ:竜

ATK:4   HP:4

スキル:召喚時、前列の全相手ユニットに3から4ダメージを与える。

備考:スペックはそうでもないが、効果が強力です。

3~4ダメージと高いダメージが前列の相手ユニット限定に対してのダメージなので使いやすいです。

堕天使 ルシファー

レアリティ:レジェンダリー   マナコスト:10

カードタイプ:ユニット   タイプ:天使

ATK:4   HP:4

スキル:召喚時、全相手ユニットのHPを-2し、他の全自ユニットのATKを+2する。

備考:全体除去+全体強化を兼ね備えた、スーパーカード盤面がぎゅうぎゅうに詰まった後半での勝負を決めるカードとなります。

マナ10ですが、トリニティー勢力なので簡単に出せます。

ですのでこれはトリニティーデッキの主体となる重要なカードです。

鉄壁+マナの格差で戦いを有利に

トリニティーのデッキははとにかく鉄壁を駆使して、盤面を制圧しつつ、マナによる有利な展開で前半から相手を攻めていきます。

後半になる前に強力なユニットを召喚できるので、そこで一気に蹴りをつけてしまいたいですね。

最後は、早い段階での、マナ10の堕天使ルシファーで相手を除去して、フィニッシュが最高の流れとなります。

筆者: Kitagawa

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード