アプリゲット > シミュレーション > ねてますし レビュー

ねてますし ★3.0点

Android iOS

ねてますし

おすしを育てて異世界脱出!ネタとストーリーが斬新な「おすし」育成シュミレーション!

このゲームのデベロッパーは「Platinum Egg Inc.」です

  • 日本語対応

  • 価格:無料

  • シミュレーション-その他

  • オフライン可

  • かすみん

    talk

    ストーリーが意外なところからはじまり、そしてなぜかすしを育てるに至るという発想がすごい!

  • かすみん

    talk

    すしを育てる以外の部分が癒されすぎてもうひとつ何か育成アクションが欲しかった。

ねてますしのレビュー内容

「ねてますし」は、女子高生がおすしを育てる異色シュミレーション!

ねてますし」は、ひょんな事からおすしを育てる使命をうけた女子高生が、いろんなおすしを育て出荷する事が目的の一風変わったおすしシュミレーション

とある帰り道、謎の異世界にきてしまった女子高生”ゆうひ”は、”ねてますし”と呼ばれるすしを妖怪に食べさせる使命をうける。

そしてネタを育て、妖怪のリクエストのすしセットを出荷し食べてもらうことにより、すしはぶじに成仏するという。

というとんでも世界ではあるが、ストーリーも序盤からホラーっぽく展開されていたりでしっかり読ませてくれて、続きがどうなるかすごく気になるのがたまらないになっている!

ゲームイメージ

おすし育成中・・・これはまだシャリの状態だ。これからネタをのせて完成だ!

いろんなおすしをつくりますし!妖怪もおいでませ!

ねてますし」は、おすしを育て妖怪に食べさせるのが主な目的だが、それには当然たくさんのお米が必要になる。

お米は、ねてますし自身から取れたりもするし管理人さんに頼むと時間はかかるが運んできてくれたりする。

そして一定の条件をクリアすると進むストーリーからも目が離せないくて面白い。

かわいいねてますしと意外な妖怪たちとの組み合わせ、そして主人公の女子高生は無事にこの異世界から脱出する事が出来るのか。

それはすしを育ててみないとわからないですし・・・

ゲームイメージ

おすしはレシピ通りにつくるものと、自分で好きににぎるの2つある。

ねてますしの攻略のコツ

ねこすまし」では、おすしの元となるシャリを誕生させるのには1個15分必要になる。

その誕生を早めるには、お米を使うと早めることが出来るので、すし職人気分でお米を投入し、どんどん握っていこう!

お米は、ねこすましを育てる段階で再度入手可能なので、自給自足のようにお米は増えるので安心!

そしてシャリ状態になったら、おにぎりをシャリに食べさせよう!もはやお米ばっかりになっているが、これも時間短縮お米回復の両方を兼ねてるので安心しておにぎりを食べさせよう!

出来上がったねてますしは、タップすることで出荷状態にもっていけるので、妖怪のリクエストを確認しながら育成していこう!

ゲームイメージ

すしのシャリにおにぎりを与えるという、こめざんまい!

ねてますしのゲームの流れ

  • ねてますし攻略画像1 ゲームスタートすると、起動するゲームを間違えたんじゃないとと思うくらいの開始直後の画面である。
  • ねてますし攻略画像2 この娘が、主人公の”ゆうひ”ちゃん。本を読んでいたはずなのに気づいたら異世界、しかも不気味感MAX!
  • ねてますし攻略画像3 いろんなねこすましが完成するとその都度解説してくれるぞ、ちなみに解説してくれるのはこの世界の謎のナビゲーターである”小さいサラリーマン”
  • ねてますし攻略画像4 ねてますしを完成させ、無事に出荷させて妖怪に食べてもらうことで、すしたちは成仏するのである。いいことした感ある!

  • ねてますし攻略画像5 かっぱの依頼のすしはもちろん・・・!



    さてはて、さまざまな依頼をこなし女子高生は無事に元の世界の戻れるのだろうか!レッツ、ねてますし!

ねてますしの総合評価

★3.0点

かすみん
レビュワー名
かすみん
執筆した日
: 2017年3月15日
公開した日
: 2017年3月16日
更新した日
2017年3月16日
使用した端末
: iOS10
レビュー時のVer.
: v1.0
対応言語
: 日本語
総合評価点
: 3.0点 / 5.0点
(無料) (無料)

関連ゲームカテゴリ

ねてますしに関連する人気ゲーム

ねてますしと同カテゴリの新着ゲーム

その他のカテゴリ

神谷えりなのゲーム動画日記

神谷えりな

事前登録受付中のゲーム事前登録ゲーム一覧

読み込み中…

インタビューインタビュー一覧

読み込み中…

twitterで最新情報をチェック

topに戻る