アプリゲット > ロールプレイング > 真・女神転生 レビュー

真・女神転生 ★4.0点

Android iOS

真・女神転生

ペルソナシリーズの原点!悪魔が出没する東京を舞台にしたダークRPG

このゲームのデベロッパーは「Index Corporation」です

  • 日本語対応

  • 価格:有料

  • ロールプレイング-その他

  • 納谷英嗣

    talk

    悪魔会話・合体システム、善悪の定義がない独特の物語、ダークな世界観が良いね。

  • 納谷英嗣

    talk

    GBA版をベースにした移植のため、画面領域が狭く、グラフィックが少しぼけている。

真・女神転生のレビュー内容

「真・女神転生」はペルソナやデビルサマナーシリーズの原点となり、未だに根強い人気を誇るRPGだ。


原作は1992年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された同タイトル(移植はGBAがベース)。

磔(はりつけ)の男

虐げられる男

生贄の少女

が次々と現れる不思議な夢を見た主人公。

彼が目覚めたとき、不意にパソコンが起動し、「悪魔召喚プログラム」がインストールされる。

この日を境に主人公の住むトウキョウに悪魔が出没しはじめ、「ある男」は悪魔に対抗する力を得るため、イチガヤにある自衛隊の駐屯地でクーデターを起こす。

混沌とした状況がつづくなか、主人公はハンドヘルドコンピュータ(携帯情報端末)にプログラムをインストールし、悪魔との戦いに身を投じる!

ゲームイメージ

派生作品が多数でている人気ゲーム。

というのが序盤のあらすじ。

吉祥寺や市ヶ谷など、1992年代の東京を舞台としていて当時最先端だった技術が描かれているなど世界観の設定に臨場感があるんだよな。

ゲームの流れは2Dマップと、3Dダンジョンのステージを行き来して進めていく。

敵との戦闘では、悪魔会話というメガテン独自のシステムがあり、敵と2択の会話を行って悪魔を「仲魔」にしたり、ゴールドや悪魔の召還維持に必要なMAGを稼いだりできる。

この仲魔はパーティに加えて一緒に戦わせる他、悪魔合体を行って新たな仲魔をつくりだすシステムもある。

ゲームイメージ

悪魔と会話し、「仲魔」にしよう。

普通のRPGだと攻撃だけして終わらせるザコ戦だけど、悪魔会話によって緊張感を保たせるようにしているのはさすがだと感じた。

なれないと交渉が決裂して不意打ちされまくりだけど、それがうまくいきはじめると途端におもしろくなる

RPG好きにも近年の人気シリーズ「ペルソナ」好きにもオススメしたい名作移植アプリだ。

ゲームイメージ

善悪の定義がないダークな物語も魅力だ。

真・女神転生のゲームの流れ

  • 真・女神転生攻略画像1 プレイヤー名を決めてゲームスタート。このゲームでは、主人公(ヒーロー)の他にヒロインやLaw(秩序)ヒーロー、Chaos(混沌)ヒーローの名前も自由に入力する。
  • 真・女神転生攻略画像2 続いてオープニング。磔(はりつけ)の男、生贄の女など「夢の中」で各キャラの象徴やその行く末を暗示させるモチーフが登場する。ここでLawとChaosキャラのステータスの割り振りも行う。
  • 真・女神転生攻略画像3 ステ振りのコツは、魔法が使えない主人公はつよさとはやさ、この2つより優先度は低いがちえも重視。他の3人は魔法が使えるのでまりょく3、ちえ2、その他1(まんべんなく)の割合でふるといい。
  • 真・女神転生攻略画像4 マップは2D、ダンジョンや建物内での移動は3Dで構成されている。ダンジョンRPGに慣れていないと方向感覚が狂いやすい。
  • 真・女神転生攻略画像5 敵との戦闘では通常の攻撃行動だけでなく「悪魔会話」も駆使して戦う。2択の問いに答えて、悪魔と交渉し、敵を仲魔にしたりお金を稼ごう。
  • 真・女神転生攻略画像6 仲魔は基本的には成長せず、2体や3体の仲魔を合成し、上位の悪魔をつくる「悪魔合体」を行って強くする。

真・女神転生の総合評価

★4.0点

納谷英嗣
レビュワー名
納谷英嗣
執筆した日
: 2012年11月4日
公開した日
: 2012年11月4日
更新した日
2013年5月23日
使用した端末
: GALAXY S II
レビュー時のVer.
: vx.x
対応言語
: 日本語
総合評価点
: 4.0点 / 5.0点
(800円) (1200円)

関連ゲームカテゴリ

真・女神転生に関連する人気ゲーム

真・女神転生と同カテゴリの新着ゲーム

その他のカテゴリ

特集

神谷えりな
LINE GAME公式ポータル

事前登録受付中のゲーム事前登録ゲーム一覧

読み込み中…

インタビューインタビュー一覧

読み込み中…

twitterで最新情報をチェック

topに戻る