Dandara

2018年2月6日配信予定

Raw Fury/Long Hat House

2Dアクション

コメント (0)

新ヒロイン、ダンダラが画面を縦横無尽に飛び回るメトロイドヴァニア系2Dアクション!スマホへローンチ!

このゲームを遊ぶ

【2/06】iOS版配信開始!

Dandara

Raw Fury/Long Hat Houseがおくる新作メトロイドヴァニア系2Dアクション「Dandara」の事前登録方法と特典について紹介しています。

iOS版が配信開始されました。

ゲームをはじめる

Dandaraの事前情報

配信時期は2018年2月6日!

配信予定日は2018年2月6日を予定。

事前登録情報

現在、AppStoaにてiOS版が予約注文を開始。

iOS版の予約はこちら:https://itunes.apple.com/jp/app/id1168013926

事前情報まとめ

配信日 2018年2月6日配信予定
配信会社 Raw Fury/Long Hat House
ジャンル 2Dアクション
対応OS Android、iPhone
事前登録 あり(ios版)
ベータテスト 未定
公式サイト Dandara 公式サイト(英語)
公式Twitter Dandara 公式Twitter(英語)
公式Facebook Dandara 公式Facebook(英語)

© Copyright 2017 Raw Fury AB. All Rights Reserved.

事前登録

新ヒロイン、ダンダラが画面を縦横無尽に飛び回るメトロイドヴァニア系2Dアクション!スマホへローンチ!

「Dandara」は、Raw Fury/Long Hat Houseから2018年2月6日配信予定のメトロイドヴァニア系2Dアクション。

Switch対応に続きPS4、Xbox One、Nintendo Switch、PC、iOS、Androidへのローンチが決定。

画面を華麗に、縦横無尽に飛び回る新ヒロイン、ダンダラのスタイリッシュなアクションが緻密な2Dドット絵のグラフィックで繰り広げられる。

iOS版の価格は1,400円。

Dandara

Dandara

Dandara

Dandara

事前登録

2Dドットでレトロチックアクション!

ローテティングブレイヴ

ローテティングブレイヴ

進む方向によって縦画面・横画面が切り替わるダンジョン探索型の2DアクションADV。

プレイヤーは双剣使いの主人公となり、仮想パッドの左右移動と、ボタンによるジャンプ、そしてジャンプ中に再度ボタンを入力することで発動するスピンアタックを武器にダンジョンを進んでいく。

スピンアタックはジャンプ中4回まで連続で出せるので、それを駆使して敵を倒しながらダンジョンの奥へと進んでいくこととなる。

ダンジョンの進行方向が縦方向なら縦にスマホを持ち、横方向なら横にスマホを持って操作する独特の操作形態だ。

ゲージ消費&長押しによる必殺のスキル攻撃は、強力で縦・横画面の違いで放つ方向が変化するぞ。

ダンジョンは2Dドット絵で幻想的な空間を演出されており、とくに光源による表現が非常に美しい。

その中で何らかのメモリー(記憶・記録?)を見つけることがあり、進むごとに増えていくこれらのメモリーの正体も気になるところ。

ゲームをはじめる

Dead Ops Zombies Reborn

DEAD OPS ZOMBIES REBORN

迫りくるゾンビの群れの突撃を様々な重火器を駆使して凌いでいく2Dアクションシューティングだ。

プレイヤーの射撃は360度自由に射撃可能。引き撃ちや高所からの下撃ちなど、様々なテクニックを使用してできるだけ長い間生き延びるのがこのゲームの目的だ。

ゾンビたちはタワーディフェンスのようにWAVE単位で一気に押し寄せてくるぞ。

ゾンビを倒してお金を稼ぎ、WAVEとWAVEの間に重火器の補充や強化を行って次の攻撃に備えよう。

このゲームのリロードタイムは結構長め。ゾンビが迫ってくる最中に弾切れを起こすと致命傷につながることもありえるぞ。

リロード中は安全地帯に退避しておくか、手榴弾やサブウェポンで時間を稼いでしのいでいこう。

ゲームをはじめる

ダークソールハンター (Dark Soul Hunter)

ダークソールハンター (DARK SOUL HUNTER)

文字通りダークな世界観が魅力の、RPG要素のある古き良き2Dアクション。

プレイヤーは剣士となり、伝説の剣を古い、亡者たちの彷徨う、煉獄のような不気味な世界を冒険する。

仮想パッドで操作し、二段ジャンプでトラップを回避。ボスとのバトル。ド派手な必殺技。アイテムで回復。レベル上げと武器の購入。

レトロスタイルの2DアクションとRPGの育成要素がある。韓国語が少し残っているが我慢できるレベルで日本語に対応している。

そして、RPGっぽさを際立てるのはゲーム性だけではない。音楽も冒険を盛り上げる重要なファクターなのだ。

勇壮にてメロディアスな旋律は、「サガ」シリーズの作曲家、伊藤賢治氏のバトルBGMを彷彿とさせる。まさにロマンシング!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

クリエイター

配信

Raw Fury

代表作

・Kingdom: New Lands
・Kathy Rain

開発

Long Hat House

代表作

・Magenta Arcade

事前登録

事前登録中の新作アプリ配信カレンダー

アプリゲット編集部で期待の新作アプリ情報をリリース予定時期ごとにまとめた配信カレンダーを更新中です!

事前登録中の新作ゲームアプリ配信カレンダー

ライター: むらさき

人間観察が大好きで、ゲームをする事、作る事が趣味。ゲームならアプリからアーケードゲーム、果てはボードゲームやTRPGまで幅広く手を伸ばしている。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード