絶賛せざるを得ない「アナザーエデン 時空を超える猫」CBTプレイレポート!スマホRPGの新たな可能性!フィールド探索の楽しさを存分に味わえる名作

上半期における期待度はNO.1!

Wright Flyer Studiosがおくる大作RPG「アナザーエデン 時空を超える猫」。

各所で絶賛される本作のCBTプレイレポートをお伝えします!

アナザーエデン 時空を超える猫 メインビジュアル

スタッフ

【シナリオ・演出】加藤正人
(クロノ・トリガー クロノ・クロス ゼノギアス)

【オープニングテーマ】光田康典
(クロノ・トリガー クロノ・クロス ゼノギアス)

【コンポーザー】土屋俊輔/マリアム・アボンナサー
(ルミナスアークシリーズ等々)

【アートディレクター】江草天仁
(びんちょうタン)

【プロデューサー・ディレクター】高大輔
(ぷよぷよ!!クエスト)

※敬称略()内は代表作

主人公とその妹が背負う『運命』



幻想的な森の中。

そこに捨てられた赤ん坊とその兄。

グラフィックの美しさもさることながら壮大なBGMも世界観を引き立てています。

彼らはとある村の老人に拾われます。



16年の月日が経ち――

赤ん坊は「フィーネ」と名付けられ、傍らにいた兄は「アルド」と名乗り、村の自警団に所属しているようです。



ここからは自由行動が可能になります。

画面をスワイプしてキャラを自由に動かし、村の中を散策してみました。

!マークは調べる、…マークはキャラとの会話、ミニマップに描かれた緑色の!マークのポイントへ行くとメインストーリーに関連するイベントが進みます。

石畳の道路を歩き、住人の家に入って会話したり、家の中のタンスを調べてアイテムを得たりと「JRPG」を意識した本格的な探索が行えるのが良いですね。

とくに、泥棒……もといアイテム探しがすごく楽しい!



村の中には火や水、土などの属性が付与された「プリズマ」が点在しています。

この恩恵を受けて人々は暮らしているようです。

世界観に浸ったままプレイできる要素が豊富



育ての親である村長へのプレゼントを用意するため、2人は村の外へと出かけます。

村からフィールドへは地続きになっていて、既存のスマホRPGのようにクエストを選択する必要がありません。

Wright Flyer Studiosさんは今までもスタミナ制限の無いRPGをリリースしてますし、今作にもそういったプレイを制限する機能がなく、遊びたいときに好きなだけ遊べます。

世界観に浸ったままプレイを継続できるのが良いんですよね。



そうこうしているうちに敵と遭遇。ランダムエンカウントのようです。

バトルはターン制のコマンド式。画面下のキャラアイコンにはデフォルトで通常攻撃が設定されていて、そこをタップするとスキルなども選べます。

行動を決めたら右下にある攻撃ボタンをタップします。



キャラはバトルで経験値を得て成長します。

レベルアップ時にAPを獲得でき、アビリティボードではそれを使ってステータスの上昇やスキルの習得が行えるようですね。



ダンジョンにはフィアーと呼ばれる大型の敵が生息しています。

メインストーリーの進行には関係ないユニークモンスターですが、かなり強いのでしっかりと準備をしてから挑みたいですね。

ちなみに、全滅すると村に戻されるだけでとくにペナルティはないようです。



ココネリカの枝を獲得したら村の武器・防具屋へ行き、そこで新たなお使いを頼まれます。

井戸の下から水晶洞窟へ。

ここまで普通にコンシューマソフトでJRPGを遊んでいるあの感覚です。名作の匂いしかしない。

フィーネの危機!そして時空をこえる旅へ



洞窟から帰ってくるとアルドだけで自由行動することになります。

村の北にある裂け目からクロスポイント「星の夢見館」へ。ここでは、特殊通貨であるクロノスの石を使ったキャラクターガチャを利用できます。

以降はメニュー一覧にある夢見からいつでもクロスポイントへ行けます。



星の夢見館から村へ戻るとイベントが発生し、魔獣王たちが村を襲撃します。

彼らの目的はフィーネ。妹を守るためにアルドは奮闘しますが、魔獣王に軽くあしらわれてしまいます。

その時、アルドの腰にある大剣「オーガベイン」が光を放ち――

ベタなんだけどこういう展開、燃えます!

魔獣王を止められなかったアルドは、彼らを追いかけることになります。



ここまで進むとクロノスの石が貯まっているので、数人の仲間を編成できます。

レベルを上げ、アビリティボードを開放しつつ進みます。



魔獣王の側近とイベントバトル。

画面下にあるコマンドをタップして各キャラのスキルを使います。

毒などのステータス異常、デバフ効果のあるスキルもボスに効くので戦略の幅は広いです。

倒すとイベントが発生し、巨大なモンスターに挟まれ、絶体絶命の状況に!

もうだめか。そう思った瞬間、空間に裂け目が生じてアルドはそこに吸い込まれてしまいます。



目覚めるとそこは空に島々が浮かぶ世界。

鉄の床が敷き詰められ、機械らしきモンスターが現れます。

そこで出会った少女との会話で、800年もの月日が経過した未来世界だと知らされます。

元の世界に帰れるのだろうか。

そして、妹を助けられるのだろうか。

不安を感じながらもアルド(プレイヤー)は、歩みを止めることなく進み続けます。

ここまで終始「うぉー」とか「おおぉ」とか呟きながら遊んでしまいました。

グラフィック、音楽、バトル演出。そのどれもが懐かしくも新しい。

ガチャシステム以外は良い意味でスマホRPGっぽくない、ストーリーRPGとして成立するほどよくできていました。

個人的にも配信が待ち遠しいアプリです!

アナザーエデン 時空を超える猫 概要

配信予日

2017年春配信予定

配信会社

ライトフライヤースタジオ(Wright Flyer Studios)

ジャンル

時空を超える冒険RPG

対応OS

Android iPhone

公式サイト

https://another-eden.jp/

(c) Wright Flyer Studios

無料ゲームを探せるアプリゲットTOPへ

ライター: 納谷英嗣

スマホゲームに限らず、コンシューマ系ゲームの最新情報も常に追っているゲームの達人。

シェアする