様々なペイント加工がかけられる!アイデア次第で芸術的な作品ができちゃうカメラアプリ

指先一つで様々な方法のペイント加工がかけられる!アイデア次第で芸術的な作品ができちゃうカメラアプリ

「Repix」は様々なペイント加工が簡単な操作で使えて、アイデア次第で芸術的な作品ができちゃうカメラアプリです!

レンズに水滴がついているような、雨の日の写真を演出できたり、レンズフレアを描くことで、太陽の強い光を受けているようにみせたりと、使い方は様々です。

無料で使えるペイント機能だけでも10種類を超えます。

ペイント機能だけでなく、フレーム機能やフィルター機能、写真自体の色彩を調節する機能なども備わっており、これ一つで見る人を感心させるような作品に写真を加工する準備はばっちり整っています!

総合評価 4点 / 5点満点

総合評価は5点満点中4点!

良いところ:ペイント加工機能も数多く、他のアプリではできないような加工ができて、このアプリで画像を加工しているだけで楽しいです!

悪いところ:加工前と加工後の写真を比較できないところが、どれだけ変わったのか確認できなくてすこし残念です。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

セルフタイマー×(カメラ機能がないため)
無音シャッター×
複数人撮影向き×
自撮り向き×
物撮り向き×
風景撮り向き×
動画撮影×
シェア機能○(Instagram、Twitterなど、端末にダウンロードされているアプリが表示される)
切り抜き○(1:1、4:3、3:2、16:9、2:1)
写真回転×
フィルター
加工
文字入れ・スタンプ×
美顔補正×
コラージュ×
アプリ内SNS機能×

「Repix」の特徴は他にはない多彩なペイント機能!

「Repix」の特徴は、他にはない多彩なペイント機能にあります!

エフェクトとして全体的に、決まった位置に加工をかける機能は存在しますが、このアプリでは自分がかけたい範囲に、写真と馴染むようにかけていけるので、おすすめ。

無料で使える機能は全部で「14種類」

その中でも、一押しの加工機能を紹介していこうと思います!

Flares

Flares
「Flares」は、強い光を受けた時にできるレンズフレアを描くことができる機能です。

簡単に言えば「半透明の丸い円がランダムに出てくる」だけなので、晴れていることを表現する以外にも、写真をデコレーションすることにも使えます!

二回選択後
二度「Flares」を選択することによって、表示が+から×へと変わり、描けるフレアの形が変わるので、お試しください!

Rain drops

Rain drops
「Rain drops」は、窓やレンズに水滴がついたように加工してくれる機能です。

風景写真などの明度や彩度を落として、天気が悪いように加工してから使うことがおすすめです。

二回選択後

「Flares」同様に二度選択することによって、描ける加工が変わってきます。

「Rain drops」では描ける水滴の粒が大きくなります。

Drips、Geome、Charcoal

DripsGeomeCharcoal
「Drips」は、なぞった周辺の色を取り入れペンキをぶちまけたような加工ができる機能で、

「Geome」は、なぞった部分を四角の幾何学的な模様にできる機能、

「Charcoal」は塗ったばかりでまだ乾いていないインクを擦ったような感じに加工できる機能になっています。

DripsGeomeCharcoal
二度選択することによって、

「Drips」はペンキが下へ垂れていくような加工に、

「Geome」は円の幾何学模様を使った加工に、

「Charcoal」は更に強く擦ったように加工を変更することができます。

Drips一例
「Drips」は使い方によれば芸術的に写真を仕上げることができると思います。

CharcoalGeome
ですが3つともに何かを隠す、ぼやかすことに長けているので、例えば「写真に写りこんだ部屋の私物」や「顔などのコンプレックス」などを誤魔化してしまえるので、とても便利です。

Undoer、Eraser

Undoer前Undoer
「Undoer」は、それまでかけていた加工をなぞった部分だけ少しづつ消して無効化してくれる機能です。

Eraser
「Eraser」は加工だけを消すそれと違って、写真ごと消してしまう機能なので、注意してください。

Eraser
「Undoer」は二回選択しても変化することはないですが、「Eraser」は消した後の背景が白から黒に変えることができます。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

まだまだこれだけじゃない!充実のフィルター機能とフレーム機能もおすすめ!

ペイント機能がメインに近いですが、フィルター機能とフレーム機能もおすすめしたいポイントの一つです!

フィルター機能

7AMDenim
無料で使えるフィルター機能は8種類

画面を左右にスワイプするだけで、フィルターの強さを変えることができて便利です。

Shuffle:赤Shuffle:青
最後の一つである「Shuffle」は、選択するごとに加工する色みが赤っぽいものと青っぽいものに変更できるので、実質9種類にもなります。

フレーム機能

Bulged
無料で使えるフレーム機能は7種類

Book:白Book:黒
しかもそれに加え、二回同じものを選択することによってフレームの白と黒の配色が逆になるので、どんな色みの写真にも合わせやすくなっています!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

「Repix」の使い方

起動時画面
「Repix」は起動するとまず、アプリが用意したサンプル画像を加工できる画面になっています。

加工する写真を選ぶときは左上を選択して、スライドを引き出してください。

選択画面

既存の写真を加工する場合は「Gallery」を、新しく写真を撮って加工する場合は「Camera」を選択してください。

新しく撮る場合、このアプリにはカメラ機能がついていないので他のカメラアプリか元から端末に備わっているカメラ機能を使うことになるのでご注意ください。

編集方法は、左下から「フィルター機能」「調節機能」「ペイント機能」「フレーム機能」「トリミング機能」となっています。

「ペイント機能」と「フレーム機能」、「トリミング機能」では同じ加工を二度選択することで、できる少し変化する場合があるので、試してみてください。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

筆者: tamaki

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。