HDフードカメラ

Quantis,Inc.

評価:

app storeでダウンロード

料理の写真撮影にピッタリ!さらに美味しくみえる照明加工フィルターがたくさん!SNSにも簡単投稿できる加工アプリ

料理の写真撮影にピッタリ!さらに美味しくみえるフィルターがたくさん!SNSにも簡単投稿できる加工アプリ

「HDフードカメラ」は料理撮影に特化した機能が色々詰め込まれたカメラアプリ。

最近ではかわいいスイーツやオシャレなフードがたくさん出ています。

みんなにも教えてあげたい!せっかくならより美味しそうに、実物と変わらないくらいリアルに、話題になるくらいオシャレに!撮影したいですよね!

そんな願いを叶えてくれるのがこのカメラアプリ!

例えば、パーティ料理などは複数人で食べるために写真を撮れるのは一瞬の隙です。

さらには照明もちょっと暗めな事も多々あります。

左が急いで撮った元の画像です。ちゃんと撮れてはいますが、いまいち魅力的ではないです。

右のようにちょっと明るくしてフォーカス機能を使うと同じ料理でもSNS映えするようなオシャレ感が出ます。

「HDフードカメラ」を使うとワンタッチで簡単にフィルターを変えたり照明効果を変えたり出来るのです!

総合評価 2.5点 / 5点満点

総合評価は5点満点中2.5点!

良いところ: 照明効果・光の効果で写真に臨場感を感じられる。

悪いところ: 画像を加工する際に常に自動で拡大されてしまうので仕上がりが確認しづらい。
crop機能を使うとアプリが落ちるのを改善して欲しい。

ゲームをはじめる

セルフタイマー×
無音シャッター×
シェア機能あり(Facebook/Twitter/Instagram)
複数人撮影向き×
自撮り向き×
物撮り向き
風景撮り向き
切り抜き機能はあるが使おうとすると落ちる。
写真回転
フィルター
動画撮影×
加工
文字入れ・スタンプ×
美顔補正×
コラージュ×
アプリ内SNS機能×

「HDフードカメラ」の特徴は、さまざまな照明効果・光の効果をタップ一回で適用できるところ!

料理を美味しくみせる1番のテクニックはなんといってもライティングです。

「HDフードカメラ」には12種類の照明・光の効果が揃っています。

効果のアイコンだけだと分かりづらいのが難点です。

料理画像に使用したアイコン表示だともっと選びやすいと思うので試してみました。

ベースとなる画像

照明・光の効果①

照明・光の効果②

違いが分かりづらい効果もありますが照明・光の効果を変えるだけで同じスイーツを違った撮り方をしたようにも見えます。

照明を上から当てた感じ、横から当てた感じ、自然光を使って撮った感じ…など。


暖かいオムライスにはT10の効果が合っていたり。


和食にはT3が合っていたり。


パンケーキには窓から光が差し込んでいるようなT5が合っていたり。

料理のジャンルによって使い分けるとフォトスタジオで撮影したかのような臨場感のある写真を作成することができます。

1つ残念なのが、加工中は常に画像が自動で拡大されたままなので照明効果を適用しても、どのようになったのかが見えないところです…。

全体を確認するには1度保存して自分のカメラロールから仕上がりを確認することになります。

この点は、加工中も自動で拡大する・しないを選択できるようにした方が使いやすくなるかな?

ちなみに、料理以外も使えるのかな?という方のために。
猫も光りを浴びてふわふわしてる感じに加工することが出来ました。

料理写真に最適な高機能フィルターがたくさん!もちろんシェアもできる!

「HDフードカメラ」には無料で使えるフィルターが44種類あります。

こちらも照明・光の効果と同じくタップ1つで適用されます。
しかしフィルターの方にも名前がなく、この量の種類から最適な加工を選ぶのがちょっと大変です・・・。

あとは、フィルターのアイコン画像も料理の画像だともっと加工後のイメージがしやすいかな、と感じたのでここは残念ポイントです。

ただ何枚か加工をしていくと自分の好みのフィルターが限られていくので、それを覚えておいてたくさん活用するというのも一つの使い方かもしれないです。

また、フィルターの加工だけだと物足りない。あとちょっとだけ明るくしたい。
そんな時のために細かい編集もちゃんとできます!


明るさやコントラストの微調整もバーをスライドさせるだけ!


画像の粗さも変えられるので、あえて粗目にしてレトロ感を出すのも良し!
右側は加工中に唯一、全体画像が確認できるフォーカス調整画面です。調整を決定するとまた拡大画面に戻ってしまいます。

雰囲気を確認しながら加工を進めたいのに、常に拡大画面のままなのはやりづらいので改善してほしいところです。


料理の画像にモノクロのフィルターは必要ないなと思っていましたが、お酒の画像に使ったらなかなか素敵に仕上がりました!
男前画像にしたい時にはおススメです!


美味しい画像が出来上がったら保存しつつ、ワンタッチでSNSでシェアしましょう!
面倒な操作なしですぐ投稿できちゃいます!

「HDフードカメラ」の使い方

アプリを起動すると、トップ画面になります。

右上のセッティングマークをタップすると加工する画像をスクエアに変更することもできます。
カメラマークで撮影、もしくは下の写真マークから保存してある画像を選びます。

選択する画面までは全体が見えていますが、選択をタップすると自動で画像が拡大され、フィルターがかけられて出てきます。
カメラマークの上にある矢印をタップすればフィルターは解除されます。

カメラマークの隣のアイコン左から
・フィルター
・照明・光の効果
・細かい編集機能
右端が保存、シェアボタンです。


フォーカス機能を使って仕上げたら完成!美味しいPIZZAとBEERの出来上がりです!

照明・光の効果は魅力的な機能なだけにその他の使いづらい面が多いところがとても残念です。
改善されることを期待したいと思います!

筆者: Camera Reviewer

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。