DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K

Venumx

評価:

google playでダウンロード

写真撮影から動画撮影までハイレベルな撮影ができる!スマホでの撮影力を底上げするカメラアプリ

写真撮影から動画撮影まで、さまざまなモードでハイレベルな撮影ができる!スマホでの撮影力を底上げするカメラアプリ

「DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K」は、さまざまなモードを設定して写真や動画の撮影ができるカメラアプリです。

明るさの調節やフォーカスモードの変更はもちろん、赤目補正を自動でできたり、portraitモードやnightモードなど、撮影環境によって設定を簡単に変えることができちゃいます!

基本機能のほかにも設定からセルフタイマー機能やタイムラプスで撮れるブーストモード機能などを無料で使うこともでき、スマホについているカメラ機能以上のものを撮影できます。

総合評価 3.5点 / 5点満点

総合評価は5点満点中3.5点!

良いところ:撮影環境のモード設定やセルフタイマー機能の種類の豊富さ、ブーストモードなど、使いたい機能がたくさんあってうれしいです!どんな環境でも撮影できるため、時間や場所を考えずに撮影することができ、とても便利です。

悪いところ:モードなどの設定がしたくても、すべてが英語表記のため、少し使いづらいです。ホワイトバランスの機能をもう少し詳しく付けてくれると、とてもありがたいです。

ゲームをはじめる

「DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K」機能表

セルフタイマー○(1秒から5分まで10種類)
無音シャッター×
複数人撮影向き
自撮り向き
物撮り向き
風景撮り向き
動画撮影
加工×(純粋な撮影用カメラアプリであるため)
切り抜き×
写真回転×
フィルター×
文字入れ・スタンプ×
美顔補正×
コラージュ×
シェア機能×
アプリ内SNS機能×

「DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K」の特徴は、どんな環境下でも撮影ができる、多彩なモード設定機能にあり!

「DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K」の特徴は、どんな環境下でも撮影ができるモードの設定機能!

撮影画面では「White balance」「Scene mode」「Color effect」の三つのモードをセットできます。

White balance

ホワイトバランス
White balance……「ホワイトバランス機能」では5つのなかから設定できます。

incandescentfluorescent
白熱電球の下で撮っているときの「incandescent」、蛍光灯の下で撮っているときの「fluorescent」、

DaylightCloudy-daylight
太陽光の下で撮影する場合には「Daylight」を、曇り空の下で撮影する場合は「Cloudy-daylight」を、というように、設定を変えることができます!

何もない場合は「auto」で大丈夫ですが、こだわりたい場合はこちらを設定しなおしてみるといいかもしれません。

Scene mode

Scene mode……「シーンモード」では12種類のシーンセレクトの中から、撮影する環境や対象に合わせて設定を変更できます。

シーンモード
人物撮影の時の「Portrait」や夜撮影するときの「Night」を始め、「Beach」や「Snow」、「Fireworks」といった特殊な環境下でも撮れるようなモードも選べます。

Color effect

カラーエフェクト
Color effect……「カラーエフェクト」では、6種類のエフェクトを、撮影中にその効果を確認しながらかけられます。

MonoSepia
「Mono」で白黒にしたり、「Sepia」ですこし古びた風合いにしてみたりと、さまざまなエフェクトをかけながら撮影できるため、シーンに合ったエフェクトがサッとかけられてとても便利です。

ゲームをはじめる

基本的な設定だけじゃない!豊富なセルフタイマー機能とブーストモードを使ってさらにすてきな写真を撮影しよう

「DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K」は、基本的な設定だけではありません!

スマホを置いて数人で撮影するときなどに便利な「セルフタイマー機能」がたくさんあったり、一定の間隔を置いて撮影するタイムラプス撮影ができる「ブーストモード」など、使える機能はまだまだあります!

セルフタイマー機能

設定
セルフタイマー機能は「設定」から設定できます。

タイマーの種類
他のアプリと違い、一秒から五分までの豊富な10個のパターンから選べます!

ブーストモード

ブーストモードも、「設定」から使用できます。

Burst modeBurst mode Interval
「Burst mode」で何枚撮影するかを、「Burst Mode interval」では撮影する間隔を設定できます。

間隔はセルフタイマーと同じで10個のバターンから選ぶことができるため、開ける間隔によってとれる写真が違ったりと、何パターンにも分けて使ってみたい機能です。


今回は、1秒ごとに三枚の写真を撮るように設定して撮影してみました。

動きのあるものを撮ると、とても面白そうですね!

ゲームをはじめる

「DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K」の使い方

起動時画面
「DSLR HD カメラプロフェッショナル 4K」を起動すると、すぐに撮影画面になります。

撮影はカメラのマークから、ズームはその下のバーをスクロールして行ってください。

右上のマークから、さまざまな設定が行えます。

ゲームをはじめる

筆者: tamaki

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。