デコプリ

TACOTY JP kk

評価:

google playでダウンロード

少し昔風!?フレームやスタンプで気軽に写真をデコれちゃう写真加工アプリ

少し昔風!?フレームやスタンプで気軽に写真をデコれちゃうカメラアプリ

「デコプリ」は、フレームやスタンプを使って気軽に写真をデコレーションすることができるカメラアプリです。

美肌、美白などの美顔加工機能も備わっているので、顔が写っている写真でも安心して加工することができちゃいます!

1:1の正方形に切り取った写真のみの加工となるので、アイコンとして使いたい人にはもってこいのアプリです。

スタンプやフレーム、落書きペンなどの仕様が少し昔風になっているので、使っているとガラケー時代や昔のプリクラを思い出します。

総合評価 2.5点 / 5点満点

総合評価は5点満点中2.5点!

良いところ:つけまつげの加工やチーク、口紅などのスタンプがあるので使い方さえ慣れればすっぴんにはもってこいの加工アプリになりそう

悪いところ:大体のものが昔風(?)なので、今の時代でこのフレームを使うのはちょっと……、と思うものも。懐かしむのにはもってこいですが、実用性があるかといわれたら首をかしげるところ。

ゲームをはじめる

セルフタイマー×
無音シャッター
シェア機能○(Twitter、LINE等)
複数人撮影向き
自撮り向き
物撮り向き
風景撮り向き
切り抜き○(正方形のみ)
写真回転×
フィルター
動画撮影×
加工
文字入れ・スタンプ
美顔補正○(美肌、美白)
コラージュ×
アプリ内SNS機能×

「デコプリ」の特徴は豊富なフレームにあり!

「デコプリ」の特徴はその豊富なフレーム機能にあります。

フレームが数多く入っている加工アプリは最近少ないので、色んなフレームを使いたいならこのアプリを一度お試しください!

様々な様式のフレームがあるので、「こういう雰囲気にしあげたい……」といった要望にも応えてくれます。

フレーム

このアプリでは、「アンティーク」「ヴィンテージ」「ロック」「和モダン」「スウィート」「フェミニン」「ラグジュアリー」「キャラ」「イベント」の9つに分類されており、その中に6つのフレームが登録されています。

課金せずとも、54種類ものフレームが使えちゃうわけです!

イベントフレーム
中でもおすすめしたいのが、この「イベント」のフレームです。

正月にひな祭り、卒業式や夏のスイカなど、春夏秋冬、季節にあったフレームをつけることができます。

バレンタインフレーム
試しにバレンタインデーのフレームと、誕生日のフレームを使ってみました!

バレンタインが近づいてきた時にSNSのアイコンに使ったり、誕生日の友達を祝う画像のデコレーションにも使えそうですね。

そのほかにも、「キャラ」のフレームはどれもかわいいですし、「ヴィンテージ」のフレームで写真をかっこよく仕上げるのもおすすめです!

ゲームをはじめる

まだまだこれだけじゃない!美顔機能と変装スタンプを駆使して自撮りを可愛くデコろう!

小顔加工やデカ目加工はないものの、このアプリには美白加工と美肌加工があります!

美白加工

美白0美白5
最初の画像では美白加工0ですが、二枚目では5の強さの美肌加工をかけています。

写真の背景が元々白っぽかったせいか、白く発光してしまいました。

加工をかける範囲を指定するのではなく、全体的加工をかけていくタイプなので、白すぎて光ってしまうのには注意が必要です。

美白1
加工の強さが1だと、ふんわりとした白さを演出してくれるようになりました!
写真によって合う強さは違ってくるので、何個か試したうえで決めてくださいね!

美肌加工

美肌0美肌5
最初の画像では美肌加工0ですが、二枚目では5の強さの美肌加工をかけています。

ふんわりと画像をぼかしてくれるため、美肌効果がしっかりと出ています!

変装スタンプ

スタンプも数多く存在するこのアプリですが、なかでもおすすめしたいのが「変装」に入っているスタンプと「メイク」に入っているスタンプです!

変装スタンプ加工後
「変装」のスタンプでは、メガネをつけたりねこやウサギの耳をつけたり、帽子をかぶらせたりすることができます。

付けてカワイイのはもちろんのことながら、自然にコンプレックスを隠すことができるため、とても便利ですね。

写真のようにぬいぐるみなどをデコレーションしてみるのもいいかもしれません。

チーク
「メイク」のスタンプでは、チークや付けまつげ、カラコンを入れたりすることができます。
すっぴんで撮った写真を盛るときにはぴったりのスタンプです。

ゲームをはじめる

「デコプリ」の使い方

起動時
「デコプリ」を起動すると、まず新しく写真を撮るか、既存の写真を加工するかを選ぶ画面になります。

新しく写真を撮る場合は「camera」を、既存の写真を加工する場合は「gallery」を選択してください。

撮影画面

「camera」を選ぶと、すぐに撮影画面になります。

1:1の画像しか加工ができない仕様ですので、撮れる写真も1:1に限られます。

また、この時点ではフィルターやフレームを使うことはできないのでご注意ください。

画像が決まると、次は加工画面になります。

右上のコマンドでは、加工を一つ前に戻したり、加工をすべて消去することができます。

加工が終わって保存するときは右上の薄いピンク色のマークを選択してください。

保存が完了すると、SNSに直接シェアすることができる画面になりますので、シェアしたい場合はSNSを選択してください。

ゲームをはじめる

筆者: tamaki

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。