Colorful

Fineseed inc

評価:

app storeでダウンロード

好きな部分だけ自由にモノクロに加工できるおしゃれアプリ!困った時はヘルプボタンを押せば一目瞭然!

好きな部分だけ自由にモノクロに加工できるおしゃれアプリ!困った時もヘルプボタンを押せば一目瞭然!

「Colorful」は初めて使う人でも一味違ったモノクロのオシャレな写真に加工できちゃうカメラアプリ。

写真を撮ったけどちょっとオシャレに加工したい。でも、どのアプリも使い方がいまいち分かりづらい。そんな心配を解決してくれたのがこのカメラアプリ。

加工の途中でこのボタン何だったかな?せっかくいい感じで加工したのに間違って「戻る」ボタンを押して全部消えちゃった〜!!!なんて事にはもうなりません!

途中で右下の「?」ボタンをタッチするだけで全てのボタンの詳細が一目瞭然。

ちょっとした事ですが、ボタンの詳細の文字のフォントも可愛らしくて女心をくすぐります。

慣れるまではこのボタンを活用すれば途中で消える事も失敗する事もまずありません。

加工中の背景もウッディな感じでそれもさりげないおしゃれ気分に浸れます。

総合評価 3.5点/5点満点

総合評価は5点満点中3.5点!

良いところ:初めてでも簡単に操作できるところとモノクロとカラーのオシャレな画像が作れる!

悪いところ:なぜかエフェクトボタンが出てくる時と出てこない時がある。

ゲームをはじめる

セルフタイマー×
無音シャッター×
シェア機能
複数人撮影向き
自撮り向き
物撮り向き
風景撮り向き
切り抜き×
写真回転×
フィルター
動画撮影×
加工
文字入れ・スタンプ×
美顔補正×
コラージュ×
アプリ内SNS機能

「Colorful」の特徴は、モノクロの中でひときわ目立つカラフルな加工機能!

上画像は、普通の写真です。

これを「Colorful」の一番スタンダードな方法で加工すると以下のようになります。リボンだけオレンジ色に戻しました。

ちなみに上の画像と下の画像で大きさが違いますよね?
これも最初に選択出来ます。

下の猫は正方形を選択してます。SNSに投稿する時のサイズ変更もこれでOKですね。

また、このアプリ、実は加工したい画像を選んだ時点で自動でモノクロ画像になって出てきます。

アルバムから画像を選択すると…

この状態で登場!

これだけでもいい感じの雰囲気ですが、カラーを戻したい部分だけを指でなぞっていくと、

車のフロントの部分だけ、モノクロからブルーに戻ってきました!

色をつけて完成したらプレビュー画面で確認。

編集画面の背景の木目調が可愛かったので一緒に保存出来るのかと期待しましたが、

保存した後にアルバムを確認したら画像のみでした。残念。

基本的にカラフルな物や、植物などの画像を加工する時にもってこいでした!

さらには、意外と料理画像とも相性が良い事が判明!

「今日の夕飯なあに?」なんて連絡が来た時に、今日はこれだよ!とこんなおしゃれな画像で返信が来たらテンション上がっちゃいますよね!

選び抜かれた6つのエフェクトがかなり使える!

他のアプリに比べて、「エフェクトの数は6つしかないの?」と思いがちですが、たくさんのエフェクトがあればいいというものでもなく、あり過ぎるとどの加工がいいのか比べているうちに疲れてきて、これでいっか。と妥協することになりがち。

「Colorful」では、多すぎず、少なすぎないエフェクト数だからじっくりと吟味できます。

筆者のお気に入りエフェクトを紹介します。(エフェクトに名前が付いてないので加工の雰囲気で名前を付けています。)

線画風エフェクト

まずは線画風のエフェクト!

もちろんこのエフェクトだけに特化したアプリもあるのですが、全ての写真を線画風にしたい訳ではないので気分でちょっと使いたい人にはありがたい加工機能です。

しかも線画風の部分と普通の画像の部分を共存できるのはこのアプリならではです。

モザイクエフェクト

次にモザイクのエフェクト!

線画風と同様にわざわざ別のアプリをダウンロードしなくてもモザイク加工が出来るのはポイント高いです。

モザイク加工はSNSに投稿する時も大活躍なんです。

部屋の中は見せたくないけどみんなに見せたい物があるんだよな・・。とか、背景が可愛くないけどペットの可愛い姿をSNSに投稿したい・・。

そんな時にモザイクのエフェクトで背景をやんわり隠しちゃいましょう。

エフェクトを選択した時点で画像全体にモザイクがかかるので、見せたい物だけを指でなぞるだけ!

お手軽&自由にモザイクさせることができます。

レトロエフェクト

こちらはフィルムカメラで撮ったようなレトロ風なエフェクト。

同じエフェクトを使って風景を加工するとまるでタイムスリップしたかのよう。

モノクロとはまた違った魅力があります。

人物を片方だけカラーに戻してみました。

未来からやってきたような不思議な写真の出来上がりです。

セピア風エフェクト

モノクロとレトロ風のちょうど中間なのがこのセピア風。

迷った時はこの位で加工するとしっくりくる、やさしい色味のエフェクトです。

インパクト系エフェクト

最後がこちら。名前を付けるならインパクト系エフェクトでしょうか。

色味が反転するような加工になっています。

ポスターやフライヤーなんかでたまに見かけるオシャレな加工機能なので1度は使ってみたい!

オシャレ・・・かどうかは置いておいて、楽しめます。

アーティスティックな画像が作りたいときには役立ちそうです。

「Colorful」の使い方

アプリを開くとTOP画面になります。

保存してある画像を使う場合は、左のスマホマークをタップ。

カメラで撮影する場合は、右のカメラマークをタップ。

どちらもまずは写真のサイズを選択します。

加工したい画像を選択後、もしくは撮影後、まずは右下の「?」マークをタップ!

色を戻したいところはペンをタップして、戻したい場所をなぞるだけ!

ペンと消しゴムはサイズが変えられるので、塗りたい、もしくは消したい箇所によって使い分けましょう。

赤丸の大きさが今のペンサイズ。画像と加工ボタンの間の丸を左右に動かすと大きさが変えられます。

指のマークをタップすると拡大・縮小も出来るので上手に使ってサクサク進めちゃいましょう!

エフェクトに名前はないのですがどんな風になるのかが一目でわかるので選びやすいです。

6つなので一通り試してみて決めるのも有りです!

加工した画像はアプリから直接TwitterやFacebookでシェアできます!

日常のなにげない画像をちょっとだけオシャレに見せたいときはぜひこのアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

筆者: Camera Reviewer

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。