英雄の神殿 水の時の間 高速周回パーティーと立ち回り

英雄の神殿 水の時の間 高速周回パーティーと立ち回り

英雄の神殿、水の時の間の高速周回方法について記載しています。高速周回パーティーや立ち回り、ヒットストップ(HS)やゲージ飛ばしのやり方についても説明しています。水の時の間を高速周回する際の参考にしてください。

はじめに

appgetモンスト攻略班内で行われた「水の時の間最速ストライカー決定戦」でなんとか優勝できたので、その時の立ち回りや考えていたことを書きたいと思います。少しでも神殿水の時の間の高速周回の参考になれば幸いです。条件はこんな感じです。

・アイテムは使用不可。
・同キャラ複数体OK。
・運極ボーナスのSS発動無し。
・期間内の挑戦は何回でもOKです。
・ついてるわくわくの実も制限なし。
・比較タイムは開始が初手をはじいた時点,
終わりがボスにとどめが刺したところまでとします。
 倒した後に動き回るのは計測外です。
・マルチでの挑戦OK。

見ての通りとにかく最速タイムを出せば優勝です。なので普段の周回パとは全く違います。わくりんから特Lでなくて良かった。

 

編成について

まず最速で倒すなら、摩利支天でヒットストップをするのが確実だろうってことで摩利支天採用。SSのターン数的に先頭におくのが最速で打てるので、先頭で決定(摩利支天に英雄の書を使えばよかったと少しだけ後悔)。友情が強くて雑魚処理が楽なロビン採用。やってる内に配置をずらせるキャラが欲しくなって、貫通のガブ神化採用。フレンド欄を見たらなんか強そうなキャラがいる!?ってなって巴御前進化採用。

サムライキラーLの百地ならSSをためなくてもワンパンできるので、候補に一瞬挙がったものの、配置できる自信がなくて不採用。摩利支天なら経験上配置できる方法を知っていたので、これで決定。(立ち回りのところで解説します。)

立ち回り解説

1手目〜5手目

軽くSSをためながら、敵をあまり倒しすぎないようにダメージを与えていきます。摩利支天は右配置をかなり意識しています。巴御前が想像以上に火力が高くて多少焦っています。

6手目〜8手目

摩利支天の位置が高すぎたので、少しずつ他のキャラでずらして下に下げています。8手目で突破できるように調整しています。ここまではほぼ理想的。

9手目

まさかのわくりん出現に困惑しながらも、とりあえず摩利支天は沖田に1反射して、雑魚の間に挟まってカンカンして位置キープ。ここが一番大事です。

一回沖田に反射させて、摩利支天を雑魚2体の間でカンカンして配置。

一回沖田に反射させて、摩利支天を雑魚2体の間でカンカンして配置。

10〜12手目

とりあえずわくりんを倒してから沖田をゆっくり倒す(つもり)。本当は摩利支天にもう一回順番を回してから沖田を倒す予定でしたが、巴御前が思いの他強すぎて突破。想定外でした…。摩利支天を上からキレイに縦カンすると、ドンピシャでワンパン配置が完了する予定でした。

摩利支天を右下の雑魚2体の間に配置完了。上からキレイに縦カンすれば、簡単にワンパン配置が完成します。

摩利支天を右下の雑魚2体の間に配置完了。上からキレイに縦カンすれば、簡単にワンパン配置が完成します。

13手目

次の周期で決められるように、ゲージを外してダメージをできるだけ与えないようにしながら配置。

14手目〜16手目

沖田に出来る限りダメージを与えないように弾く。友情が強すぎてダメージを与えすぎ、失敗したかと多少不安になっています。

17手目

いよいよフィニッシュターン。ここでまさかの摩利支天の位置にハートが出現!運も味方して勝ちを確信し、SSでヒットストップ(HS)で約1000万ダメージ。摩利支天様お強い。

 

いよいよ、摩利支天SSでヒットストップしてフィニッシュ。斜め45度くらいの角度をつけて弾きます。

いよいよ摩利支天SSでヒットストップしてフィニッシュ。斜め45度くらいの角度をつけて弾きます。

※ヒットストップ(HS)は摩利支天などの結界SSの他に、アイテムが湧いている場合でもアイテム取得時に発生します。結界SS+アイテム湧きというのは最高の状況です。

最後に

HSはロマンの塊ですね。

優勝記念に新ガチャ10連してみました。

 

gatya

本当に特Lでなくて良かった。

コメント

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。