英雄の神殿 闇の時の間 攻略&助言〈sodai編〉

英雄の神殿 闇の時の間 攻略&助言〈sodai編〉

monst_yoshizawa_yamitoki

今回は比較的周回しやすい、闇の時の間をsodaiなりに攻略していきます!

クエスト情報

基本情報

クエスト概要
クエスト名常闇の神殿 時の間
ボススラッシュ(魔王族)
敵の属性闇属性
スピクリタイム60秒
出現日時毎週月曜日、金曜日
0:00〜23:59

ギミック情報

ギミック備考
ダメージウォール対策しよう。
ビットン
シールド
アビリティロック
蘇生

おすすめのわくわく枠(わくわくわく)

わくわく枠って何?

IMG_1415

神殿は先頭に置いたキャラにだけわくわくの実をつけることが出来ます。パーティー編成画面の一番左側のキャラ、わくわくの実を付けたいキャラのことを「わくわく枠」と呼ぶことにします。

sodaiが教えるオススメパーティ

1.これぞ引っ張りゲー!

おすすめ
パーティ編成
 平均周回時間3分〜3分30秒
わくわく枠サブ1サブ2フレンド枠
DW対策キャラ
貫通

newmonster天国ウリエル(獣神化)

newmonster天国ウリエル(獣神化)

newmonsterパンドラ(神化)

フレンド枠おすすめ

newmonster天国ウリエル(獣神化)

newmonsterパンドラ(神化)

newmonsterアトゥム(神化)

newmonsterゼウス(獣神化)

この編成のポイント!

  • SS必要なし。
  • パンドラを貫通タイプで引っ張るだけ。
  • 友情の火力で押し切る。

注意するべきポイント!

  • 貫通のキャラがアビリティロックになってしまった場合、DWに注意。
  • 配置によってはわくりんを倒しにくいこともあります。

初心忘るべからずということで、引っ張りハンティングしましょう!
楽がしたい方にもオススメの編成だと思います。

無敵艦隊!

おすすめ
パーティ編成
 平均周回時間3分〜3分30秒
わくわく枠サブ1サブ2フレンド枠
ADW対策キャラ。

newmonsterストライク(獣神化)

newmonsterストライク(獣神化)

newmonster天国ウリエル(獣神化)

フレンド枠おすすめ

newmonsterストライク(獣神化)

newmonsterアーサー(神化)

newmonsterラファエル(獣神化)

newmonsterルシファー(神化)

この編成のポイント!

  • 広範囲友情で火力を出せる。
  • ゲージ飛ばしやワンパンを狙える。
  • HPもおかしい程に高いのでほぼ負けない。
  • 高速周回にオススメ。
  • わくりん処理しやすい。
  • わくわく枠は本当に気にする必要ない。

注意するべきポイント!

  • 特になし。あえて挙げるとしたら、アビリティロックされているキャラでDWに突っ込まないこと。

ストライクのキラー攻撃がおかしい程に強いです。
友情で雑魚がどんどん溶けていきます。

sodaiの助言

強友情

ウリエルやパンドラなどの雑魚とボスのHPを一気に削れる友情を持つモンスターを多く編成しましょう。

ゲージを気にしない

ゲージでADWを持っているキャラを編成してしまうと、時間のロスになってしまいます。なるべくゲージを気にせず使えるウリエルやストライクなどを編成すると周回がはかどります。

速必殺の実をつけておく

monst_yoshizawa_sokuhi

闇時では、クエストを通してSSが溜まらないことがかなりあります。特に号令など20ターンを超えてくるSSなどは、周回が早いと溜まりません。速必殺が付いているモンスターが多いと周回が、より楽になります。

ボス3戦で雑魚とボスの間を狙う

monst_yoshizawa_ge-ji

ボス3戦の上下と左にいるクロンとボスの間に上手く入り込むとゲージ飛ばし、あるいはボスをワンパンすることができます!高速周回をしている方のほとんどが、これを狙っているはずです。

残り1秒でも諦めないで!

気を抜いていると、たまに残り1秒になることがありますが諦めないでください。一瞬で指を離せばタイムは進みません。SSも一瞬で押して一瞬で弾けばタイムは進みません。

皆さんはどのように攻略していますか?

闇時を攻略する上で現状ではパンドラをウリエルなど貫通で引っ張る方法、または反射タイプでゲージ飛ばしを積極的に狙っていく方法どちらかが多いと思います。
ちなみに私は貫通でパンドラを引っ張る派です。
あと、オススメのパーティも教えてもらえると助かります!
ぜひ、コメントで教えてください!

コメント

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。