【アプリ〇作劇場】第13回『Carnage TV』名作『Smash T.V. 』をオマージュしたヤバい程アメリカンなアクションSTG!

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

本記事の画像は、筆者の撮影

アプリ発掘企画『アプリ○作劇場』第13回!

今回紹介するのは、閉鎖空間の中に雪崩れ込むゾンビを倒しまくる『Carnage TV』だ。

360度に連射できる銃で押し寄せるゾンビの大軍を撃って撃って撃ちまくる。

名作『Smash T.V. 』をオマージュしたヤバい程アメリカンなアクションSTG!

アプリで遊べるSTG

虫姫さま : Gold Label

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

Carnage TV

デベロッパー:Brutal Studio

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

【ダウンロード:Android版】
【PCブラウザ版】

「Carnage TV」は、上からの見下ろし型画面で続々と登場するゾンビを銃で撃ち倒すアクションSTG。

TV番組のようなUIとなっており、まるで映画「バトルランナー」の中のTVショーのような感じだ。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

映画の設定も2017年とタイムリーなコトもあり、筆者的にもこれは取り上げたいと思っていた作品。

スマホ版での操作は、仮想パッドで左スティックは移動右スティックで360度方向にショットを連射できる。

他、右上のアイテムも使用可能だが、基本は移動して撃つ!これだけで爽快に戦っていくスタイルだ。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

ストックできるアイテム以外に、バリアなどの即時発動するアイテムや、武器の切り替えアイテムも存在する。

十重二十重に、続々と登場してくるゾンビの群れをひたすら倒していき、賞金の山へ辿り着いたらステージクリアとなる。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

賞金を使って、武器を開放するとステージ内でドロップする武器の種類が増えていくという方式。

とにかくバリバリ撃ちまくって、ストレス発散できるタイトルだ。

名作『Smash T.V. 』
そのオマージュとして!

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

タイトルからも似ているからわかると思うが名作『Smash T.V. 』のオマージュ作品、というかもう続編といってもいい内容になっている。

「Smash T.V. 」とは、1990年にウィリアムス(アメリカ合衆国)がリリースしたアーケード用アクションSTG。

近未来で放送されている人気番組「スマッシュT.V.」内で行われる殺人ゲームという設定。

「ビッグ・マネー!ビッグ・プライズ!」の合言葉で一般公募の参加者を募っている。

プレイヤーはそれに参加する命知らずの賞金稼ぎという立ち位置だ。

元々は、8方向レバー2つで操作するアーケード筐体だったが、スーパーファミコンゲームギアにも移植されている。

2005年12月には、ダウンロード専用だがXbox 360にも移植された。

本作は設定的に、このTV番組というスタイルは同様で、敵が人間(囚人)ではなくゾンビなどのクリーチャーに変わっている。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

独特のふわっとした移動の感覚もそのままで、バリアなどの即時発動アイテムに関しては原作と同様の設定だ。

TV風の演出が、もう少し原作よりだと嬉しいところだが、内容は良いアレンジになっているのでそちらで楽しむ方向になるだろう。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

元々の「Smash T.V. 」が好きだった人には、手放しでおススメしたい!

攻略のコツ

まず、敵の特性を理解しておこう。

移動の素早い敵程、接触時に攻撃のヒット回数が多いという点。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

なので、一番注意するべきは、素早い敵で、近づかせないことを優先しよう。

そして、弾を命中させると敵が怯むことも覚えておくといいぞ。

一瞬止まるので、それを利用して逃げ場を確保するようにするべし!

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

一点集中で弾を発射するより、ある程度ばら撒くようにしつつ、敵の動きを止めながら倒していくのが基本になる。

また、壁に設置された武器からの攻撃は、プレイヤーにも敵にもダメージを与えるので、上手く誘導すれば自分の攻撃以外のダメージ源にもなるんだ。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

気を付ける点としては、地雷だけは敵に反応せず、プレイヤーだけをフッ飛ばすので、近づかないように!

あと、使い易い武器で戦いたいのはわかるが、それにばかり気を取られると得点、お金が稼げなくなってしまう。

武器は変わるものと考え、個々の武器の特性を理解して、切り替わっても立ち回れるようにしていくと稼ぎやすいぞ。

アプリ〇作劇場 Carnage TV アクションシューティング

では、みなさん!ビッグ・マネー!ビッグ・プライズ!

アプリで遊べるSTG

虫姫さま : Gold Label

0000001

「虫姫さま : Gold Label」は2004年から稼働し、未だに根強い人気を誇る縦スクロールシューティングゲームの最新作だ。

シリーズの看板キャラであるレコやパルム、レコの従姉妹であるユリなどキャラクター、その搭乗機である「大型甲獣」、さらに自機の周りを飛ぶ追尾機「甲獣」をそれぞれセットして冒険に出かけよう。

操作は画面をドラッグして自機を移動させ、オートショットで敵を撃つ。放射状に飛ぶ殲滅力の高いショット、直線状に飛ぶ攻撃力の高いレーザーをワンボタンで変更でき、ステージでアイテムを拾うとボムも使用できる。

また、キャラにはスコアアイテムとなる「琥珀」の吸い込みや自機の当たり判定を小さくするなどの固有スキルが設定されていて、各種アクションを駆使して幾多のステージを攻略しよう。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ゴシックは魔法乙女

0000002

「ゴシックは魔法乙女」は、シューティングゲームの老舗メーカー・ケイブが満を持して送るシューティングRPGだ。

プレイヤーは「真少年」となって、様々な力を持つ「乙女」たちと契約し、彼女らを「使い魔」として憑依させ、襲い来る魔物たちを撃退する!

真少年の攻撃は、選択した使い魔によって変化。ステージや敵ごとに有利な属性やショットスタイルを選び、敵を撃墜していこう。

クエストの難易度は4段階あり、EASYダンジョンでストーリーはサクサク進められるので、シューティングが苦手でもバッチリ楽しめる!

己の指先と使い魔の乙女たちを鍛えて、魔物に覆われてしまったジルバラードを救い出そう!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

シューティングゲームで稼ぎを求めるのは間違っているだろうか

0000003

「シューティングゲームで稼ぎを求めるのは間違っているだろうか」は、RPG風の世界観でおくる縦スクロールシューティングだ。

面倒くさがりで怠け癖のある勇者は、ある日モンスターを倒すとお金が出ることに気づく。倒してはしゃりん、倒してはしゃりんしゃりん……。

そのなんとも言えない行為に取り憑かれた勇者はモンスターを求めて冒険をはじめるのだった。

ショットの性能が違う操作キャラを選び、ステージも選択。操作は画面をドラッグして移動、ショットはオートで発射され、ゲージを溜めて一時的に強力なショットを放ちながら稼ぎを求めてひた走ろう。

ゲームをはじめる

アプリゲットが贈る「アプリ〇作劇場」もご覧ください!

murasaki_weep

記者むらさきが、いろいろアプリを発掘する!「アプリ〇作劇場」をご覧ください!!

筆者: アプリゲット編集部

シェアする