セクシーすぎて昼間は遊べない説は本当か?魔王様の素顔に迫る!【モン娘☆は~れむ インタビューその3】

ケモナーの皆さんに向けた剛速球が世に放たれたのは2015年の夏のこと。

というと大げさかもしれないが、アプリゲットで「モン娘☆は~れむ」(モンはれ)のレビューを書いた時の反響は、それは大きいものだった。「ケモナーの皆さんって沢山いるんだねぇ。」と、編集部内でも話題になったものだ。

それまでのスマホゲームの市場で、ここまでケモナーの皆さんを意識した作品がなかったこともあるし、ケモノというにはかなりライトな「人」に寄せた、バランス感覚に優れたクリエイティブ(というか女の子)も、スマッシュヒットとなった理由だろうと思う。

一体どんな企業で、どんなことを考えて作品を開発したんだろうと思うと、夜も眠れない。皆さんもきっと同じだと思う。(大げさ)

そんなわけで「モン娘☆は~れむ」を世に送り出したフリュー株式会社で「モンはれ」のマーケ・PRを担当されている大野木氏にお話を伺った。

なぜカレーの画像か?もっともな疑問です。読み進めていけば分かります。

前回は作品の立ち上げ時期について掘り下げてお話を伺ってきた。3回目となる今回は、「モン娘☆は~れむ」のユーザ=魔王様についてお話を伺った。

モンはれインタビューリンク:

行列の先頭に女性が・・・・・・!

――実際にプレイしているユーザについて教えていただけますか?

大野木氏:
やはり男性が圧倒的に多いです。

正確ではないですが、SNSなどを見る限りは、おそらく9割以上が男性ではないでしょうか。(笑)

でも面白いのが、以前カレーチェーンの「ゴーゴーカレー」さんと期間限定コラボを行った時、秋葉原の店舗でモンはれコラボオリジナルカレーを提供いただいんです。

コラボ開始初日、開店前から待ってくださっているお客さんが何名かいらっしゃったのですが、その最初の方がなんと女性ペアだったんですよ!(笑)

こちらがゴーゴーカレーコラボのインゲームの様子。(すでにコラボは終了しているため、現在は手に入れることができない。残念..)

――おお!「女性にプレイしてもらうことはとりあえず考えない!」って書いてあったのに!(笑)

大野木氏:
最初は、一般のお客様かな?なんて思っていたんですが、どうもモンはれのポスターを見てお話されていたりして、「こ、これは!魔王様だ!」と驚きました。

実際、昨年末に出展したコミケでも、女性のお客様も列に並んでくださり、こんなに振り切って作っていても楽しんでくださる女性の方はいらっしゃるんだな、と嬉しく思いました。

昼はゲーム的に遊びづらいかもしれない件

――それは嬉しいことですね。ユーザさんはどの時間帯にプレイしていることが多いですか?

大野木氏:
これは他のゲームでもそうだと思いますが、夜20時~24時が多いです。

次に朝6~8時、それから昼12時でしょうか。

日中少ないところは、やはりセクシー系ということで、外では遊びづらいと思う方もいらっしゃるからなのかもしれません(笑)。

公開2時間後には投入したコンテンツが踏破されていた件

――目のあたりにしたすごい魔王様(=モンはれのプレイヤー)について、教えてください。

大野木氏:
いろんなすごい魔王様がいらっしゃるのですが、コンテンツの中に「魔王城」という踏破型のやりこみクエストを配信してまして、運営側でこれはかなりの難易度に設定してしまったなと思っていても、公開して2時間強で全60階踏破されてしまう、みたいなことも多いです。

「魔王城」には他にもエピソードがあるんですよ。本作に出演いただいている声優の山本亜衣さん(ルセッタ役、他)は、実はその「魔王城」のランキングにも入られたりするすごいユーザーさんだったりしまして(笑)

こちらが噂の魔王城のバトル画面だ。

声優さんのお姉さまがランカーな件

――声優さんがランカーなんですか!?それはすごい……。

大野木氏:
先日のボイス収録時には、運営メンバーが逆に攻略のコツを教えていただいたりするぐらいの頼れる魔王様だったりします。

でもそれ以上に、山本さんのお姉さんがすごいそうで(笑)

――えっ……!?

大野木氏:
お姉さんは常連の「魔王城」ランカーだそうです(笑)

姉妹そろって遊んでいただけてるらしく、本当に有難い限りです。
――お会いしてみたい……。(笑)届いて嬉しかったユーザー反応はありますか?

大野木氏:
やっぱり昨年末のコミケ出展の時に、10時の開始時間とともに真っ先にフリューブースに並んでくださり、モンはれグッズをご購入いただく列が出来たときは本当に感動しました。

普段、画面上の文字や数字でしか見られない魔王様が、こんなにいらっしゃってくださるのか!と。

イベントをお休みしたら、逆に魔王様に心配された件

――逆に辛かったユーザー反応はありますか

大野木氏:
ちょうどそのコミケ出展の時に、並行してそちらの準備をするため運営チーム一同本当に手が回らない状態になってしまい、一部のイベントを少しお休みしてしまったときがありました。

そのときにユーザさんたちが逆に「コミケ準備がんばってください」とコメントをいただいたりして、あのときは本当にごめんなさい!って思ってました(笑)。

――ユーザさんが嫌うものといえば不具合ですが、今まで特にヒヤッとしてしまったものはありますか?

大野木氏:
不具合はすべてヒヤッとします!(笑)

次回予告:ゲームの仕様について掘り下げて聞いてみた

本稿では魔王様の素顔について焦点を当ててお話を伺った。次回は、気になるゲームの仕様について色々とお話を伺っていく。お楽しみに!

モンはれインタビューリンク:

現在「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」コラボ実施中!3月14日14時59分まで!

モンはれでは、現在、TOKYO MXで放映中のアニメ「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」とコラボ中!

アニメに登場する小鳥遊ひかり(バンパイア)や佐藤早紀絵(サキュバス)と、モン娘のケリー(ヴァンパイア)とリネア(サキュバス)が絡むオリジナルシナリオのクエストが配信される他、コラボガチャやログインボーナス、限定キャラが手に入るなど、かなりがっつりなコラボ。

3月14日の14時59分までと日も短いので、まだ体験していない魔王様は急いでログイン!

以下、公式Twitterのお知らせを引用

触って、なでて、モン娘を強くせよ!大魔界のハーレムを目指す育成RPG

「モン娘☆は~れむ」は可愛いモンスター娘たちを集めて魔界最強を目指す育成RPGだ。

プレイヤーは荒廃してしまったとある魔界の魔王となり、この世界を復興させるべくモン娘たちを集め、ハーレムを作ることを決める。

クエストで発生するバトルはリアルタイムで進み、アクティブゲージが溜まったキャラが自動で敵を攻撃する。

好きなタイミングでモン娘固有のスキルを発動させ、戦局を有利に進めよう。

また、モン娘と「デート」ができ、それによって親愛レベルを上げると新たなスキルが開放され、彼女たちとさらに仲良くなれるぞ。

お気に入りのモン娘たちを部隊に編成し、墓場魔界や温泉魔界といった様々なエリアを旅しながら絆を深めていこう。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

© FURYU Corporation. All Rights Reserved.

シェアする