GALAXY Note Studioで端末にふれてきた!似顔絵コーナーもあり!

すでに本ニュースでもお届けたしたように、サムスンのタッチペン搭載型タブレットGALAXY Noteが日本で4月6日から発売されることが決定した。様々な魅力がつまったこの端末だが、一番の特長は「Sペン」と呼ばれるタッチペンを利用した手描きの文字入力やお絵かき機能だ。

Galaxy_noteの画像

タッチペンでの入力が一番の魅力!

この端末の魅力を伝えるためにサムソンは主要150都市以上で“GALAXY Note Studio”を開催。今回、私は渋谷109に足を運び実際に端末にふれてきた。

GalaxyNote実機

自由にふれられる端末が数台用意されている。

会場には幅広い年齢層のお客さんで賑わっており、イベントの一番の目玉のイラストレーターによる似顔絵コーナーでは常時行列が出来ていた。GALAXY Noteで描いてもらった似顔絵をプリントしたTシャツが無料でもらえる楽しいコーナーだ。

GalaxyNoteStudioの似顔絵コーナー

似顔絵コーナーは待ち時間が出るほどの人気。

実機に触れるお客さん

タッチペンは子どもたちにも大人気。

さて実際に端末をさわった印象は、タッチペンを使った入力は予想以上にスムーズ。端末のサイズも文庫本くらいの横幅で片手で持つにはちょうどよい大きさだ。

GlaxayNoteの画面

片手で持つとこんな感じ。

メモアプリでは鉛筆や毛筆、マーカーなどのペン先を選び、ちょっとしたイラストなどを簡単に描くことができる。端末のレスポンスも非常に快適だった。もちろん、タッチペンではなく指先でも入力できるぞ。

イラストレーターさん

似顔絵を書くイラストレーターさんも好感触。

似顔絵を書くイラストレーター2

タブレットを片手に似顔絵を描く姿は新鮮だ。

実際に似顔絵を書いているイラストレーターの方にお話をうかがったところ、付属のメモアプリの機能は限られているものの、タッチペンの精度は非常に良いとのこと。

タッチペンでの入力に特化したタブレットというのは今までの端末になかった大きな魅力だ。絵心がない私でも、タッチペンの操作感は非常に新鮮。

スタッフ

端末の機能などはスタッフの方に聞いてみよう。

この感触を味わいたい方は、ぜひともGALAXY Note Studioに足を運んでみてはいかがだろう。渋谷109では3月31日まで、ラフォーレ原宿では4月1日までの12~20時の間に開催されている。

筆者: アプリゲット編集部

今井晋

この記事を書いた人:今井晋 | アプリゲット編集部

高校生クイズの地方予選で決勝まで残ったことのある頭脳の持ち主。東大卒のエリート。いま旬なAndroidに関連するゲームやニュースに関して多大な興味を抱くライター。

シェアする

関連するキーワード