【FGO】期間限定のQuick型星5セイバー 沖田総司の能力をチェック

現在開催中の復刻ぐだぐだ本能寺ピックアップ召喚でピックアップされている星5サーヴァントが、沖田総司です。

沖田総司は期間限定サーヴァントなので、今回のピックアップ召喚のチャンスを逃すと次に入手できる機会がいつになるのか分かりません。

ガチャで狙ってみるかどうかをきちんと判断するためにも、その能力を知っておいて損はないでしょう。

今回はぐだぐだ本能寺イベントでボーナスももらえる星5セイバー、沖田総司の能力について紹介します。

星5セイバー 沖田総司

今回の復刻でバトルモーションも変更になりました

基本的なステータス

沖田総司はどちらかと言えば攻撃寄りのステータスで、コマンドカードの構成がQuick2枚のQuick型セイバーです。

Quickカードのヒット数が多いため、NP獲得やスター生成にも優れています。

また、現在開催中の復刻ぐだぐだ本能寺イベントライト版では、パーティーに入れることで獲得できる本能寺ポイントを増やすことが可能です。

ステータス

クラス:セイバー
レアリティ:星5

最大レベル:90

最大HP:13225
最大ATK:12068

コマンドカード

Quick2枚、Arts1枚、Buster2枚

クラススキル

対魔力[E]:自身の弱体耐性を少しアップ

騎乗[E]:自身のクイックカードの性能を少しアップ

宝具『無明三段突き』

沖田総司の宝具の解説です。

効果

カード種別:Quick

敵単体に超強力な防御力無視攻撃&敵単体の防御力大ダウン(3ターン)

防御デバフの付いた強力な単体攻撃

沖田総司の宝具は防御無視・防御デバフが付いた単体攻撃です。

現在はネロ・クラウディウス(ブライド)や宮本武蔵など、単体宝具を持った星5セイバーが複数存在しますが、実装当初は星5セイバーの単体宝具が貴重であったため、全セイバーの中でNo.1という評価をするプレイヤーも多かったです。

その攻撃力は今も健在で、ランサーのボスを相手にする際にはとても頼りになります。

防御無視効果も、レオニダスや武蔵坊弁慶といった防御力アップスキルを持つサーヴァントが出現したときに役立ちます。

オーバーチャージなしでも防御力ダウンの効果は大きく、しかも3ターン継続するので見た目以上にパーティーの火力へ貢献してくれるでしょう。

自身のスキルによって与えるダメージを伸ばしやすいのも評価の高いポイントです。

スキル

沖田総司のスキルの解説です。

縮地[B]

効果:自身のクイックカード性能をアップ(1ターン)

クールタイム:7ターン

クイックカードの性能を上げる効果を持つスキルです。

効果時間が1ターンである点は少し残念ですが、その代わり性能の上昇幅は大きく設定されています。

強力な宝具の攻撃力をさらに上げるという使い方が基本ですが、スターが確保できていればQuick2枚込みのブレイブチェインに使っても役割を果たしてくれるでしょう。

病弱[A]

効果:自身にスター集中状態大を付与(1ターン)

クールタイム:7ターン

自身にスターを集め、クリティカルヒットの発生率を高めることができるスキルです。

全メンバーがセイバーのパーティーなど、スター集中度に差がない編成でもクリティカルヒットを狙いやすくなります。

こちらのスキルも縮地と同様に効果時間が1ターンなので、沖田のコマンドカードの枚数とスターが確保できているときに使うことになるでしょう。

スター集中状態のバフはいかにスターを獲得するかが鍵となりますが、Quick型のセイバーである沖田は自身でスターを稼ぎやすいので特別な工夫をしなくても使いやすくなっています。

心眼(偽)[A]

効果:自身に回避状態を付与(1ターン)&クリティカル威力アップ(3ターン)

クールタイム:8ターン

防御系の回避状態付与と攻撃系のクリティカル威力アップを併せ持つスキルです。

クリティカル威力アップの効果は3ターン継続するので、敵の宝具などを凌ぐためにとりあえず使っても十分な働きが期待できます。

もちろん、うまくタイミングを見計らって攻守の効果が噛み合うときに使えば、戦況を大きく有利にすることが可能です。

スキルレベルの上昇で回避に関する効果に変化はないため、育成する場合はクリティカル威力の強化が主目的となります。

ただし、スキルレベル6・10まで伸ばせばクールタイムの減少の恩恵を受けて生存率が上がるので、耐久寄りのパーティーでスター生成役をするなら守備目的で育成するのも悪くありません。

沖田総司におすすめの組み合わせ

沖田総司をパーティーに採用する際、同時に編成するサーヴァントや装備させる概念礼装のおすすめを紹介します。

カエサル

カエサルは沖田と同じQuick型のセイバーなので、クイックチェインでスターを獲得しやすくなります。

スキルも、宝具威力アップ、攻撃力アップ、クリティカル威力アップと沖田の一撃の威力を高める効果を持つものばかりです。

ランサー相手にセイバークラス中心の編成をする必要がある場合、頼もしい相棒になってくれるでしょう。

織田信長

ストーリー上の相方でもある配布サーヴァントです。

織田信長と組み合わせる場合、スターを生成しやすいQuick型のコマンドカード構成を活かしてスターを供給する役割を担うことになります。

自身のクリティカル威力を上げる病弱がうまく活用できないように見えますが、信長のカードが常に配られるわけではないので無駄にはなりません。

エネミーがセイバー・ランサーの混合構成の場合、WAVEによって攻撃役を使い分けることも可能です。

イマジナリ・アラウンド

沖田は通常攻撃のNP効率が良いため、NPチャージ系の概念礼装を装備させなくてもNPを100%チャージすることは難しくありません。

そのため、装備させる概念礼装はイマジナリ・アラウンドのように枚数の多いQuickカードの性能を上げるものを選ぶと良いでしょう。

他のサーヴァントで大量のスターを獲得できる構成であれば、騎士の矜持のようなクリティカル威力をアップさせる効果を持つ概念礼装も悪くありません。

まとめ

沖田総司はクリティカル威力を活かしたアタッカーにも、Quick性能を活かしたサポート役にもなれる便利なサーヴァントです。

クリティカルスターを利用した戦略を愛用しているプレイヤーならぜひ手に入れておきたいカードと言えます。

シェアする

関連するキーワード