【デュエルエクスマキナ】ルクソールコントロールデッキの考察

ルクソール勢力は後半にじわじわと責めるコントロール型の戦いを得意としています。

今回はそのコントロールデッキのルクソール勢力を使ったデッキの特徴について説明していきたいと思います。

イシス

ATKを-1するヒーローパワーを持っているカード版、イシス

コントロールデッキとは?

コントロールデッキとは、終盤から本領を発揮するデッキタイプのことを意味しています。

ですので、前半はあまり力を発揮できないので、後半の大型ユニットなどの強力なカードで一気に攻め込みます。

前半から中盤までは、全体除去カードなどで攻撃をしのぎながら戦うこと多いですね。

一方、前半はアグロ型、中盤はミッドレンジ型ともいいます。

ルクソールでのコントロールデッキの特徴

ルクソールでコントロールデッキを使用する場合の、特徴について説明していきます。

後半での圧倒的な除去力+ドレイン

ルクソール勢力でのコントロールデッキは非常に強いです。

ルクソールは序盤で、ガーディアンの体力を大いに削られていても、後半に相手からHPを奪うドレイン効果持ちのカードがあるため一気に逆転することが簡単にできます。

アメンというカードがその役割を担っています。

アメンは、コスト9で召喚時に全ての相手から2ドレインします。

つまり全体除去+ヒーローを回復するという素晴らしい性能を持ち合わせています。

最大で12も回復する性能を持ち合わせています。

スペルでも相手から5をドレインするカードがあります。

後半でのドレインは体力的に、とても重要な要素なので、どちらも2枚ずつ入れるととても強力なコントロールデッキとなるでしょう。

序盤での妨害

コントロールデッキでは序盤での戦略も重要なものとなります。

ルクソールでの序盤での戦略は、基本的に相手のユニットを妨害することです。

まず、イシスのガーディアンパワーを使った妨害が、本当に強いです。

攻撃を-1するのですが、ATK1のユニットはATK0にすることができます。

つまり、効果がないユニットは置物になってしまうのです。

次々とATKを下げて、相手のユニットを置けなくなるくらいに、ATKを下げてやりましょう。

当然、置物になったユニットは倒す必要はありませんので、放置しましょう。

後半アメンなどで、一気にドレインしてしまいましょう。

スペルでも全体の妨害や単体の妨害+除去もありますので、ガーディアンパワーと使い分けましょう。

中盤以降での除去カード

中盤以降での除去カードも非常に優秀です。

単体除去では、コスト5で相手を無条件で1体破壊するウアジェットの猛毒が強いです。

体力がどれほど高くても、破壊できるのは魅力的ですね。

大型ユニットが登場するまで、伏せておきましょう。

そして全体除去カードにはセクメトの殺戮というコスト6で、全ユニットのHPを-4するスペルがあります。

このカードは、敵味方問わず効果がありますが、ルクソールのユニットは体力が高い上に、破壊されたら、スペルを手札に加える効果などがあるので、それほど気になりません。

このカードが手札にある場合は、うまく相手ユニットだけを場に残して、一気に除去したいですね。

相手にユニットをたくさん召喚させましょう。

スペルの回収

スペルの回収をするのが優秀です。

スペルを回収をできるカードの効果持ちが多いので、簡単に除去カードや、妨害カードが手札ん微加わるため、安定感があります。

運で勝負が決まらず、確実に結果が出ます。

メンネフェルの踊り子は、2枚採用しましょう。

終盤の火力の高さが凄い!

ルクソールの終盤の火力の高さはその勢力にも負けてませんね。

全体除去、ドレイン、妨害、ガーディアンへのダメージどれも備わっています。

冥獣 アメミットによる効果の毎ターン相手のガーディアンに与える2ダメージやファラオマスクの呪いによる相手ガーディアンへの5ダメージ。

そして、葬送神 アヌビスによるミイラの量産、大気神 アメンによる全体除去+ドレイン。

盤面の制圧+ガーディアンへの直接攻撃がとても素晴らしい火力ですね。

また、終盤の全体妨害もできる暗黒蛇 アペプというユニットもとても強力です。

とにかく、この火力に勝るものは他にありません。

もちろん中立カードとの組み合わせも大事ですね。

私は、大型ユニット枠では、外科医ベリザリオや水晶術師ジアーを採用しております。

まとめ:相手をまとめて除去する

まとめだけに相手をまとめて除去することが大事ですね(笑)

いや、冗談抜きにこれは本当にカギとなります。

セクメトの使うタイミング、アメンの出すタイミング、レシェフの疫病を使うタイミング。

この3つで相手をどれだけまとめて多くのユニットを破壊できるかが重要です。

もちろんまとめて破壊することに必死になって、ガーディアンのHPを削られすぎてはいけません。

上手くダメージ貰わないようにしながら、相手ユニットを盤面に溜めてから解き放ちましょう。

序盤全体除去のカギ:レシェフの疫病

中盤全体除去のカギ:セクメトの殺戮

終盤全体除去のカギ:大気神アメン

という感じになりますので、これを頭に入れて、戦っていきましょう。

筆者: Kitagawa

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード