【デュエルエクスマキナ】オリンポス型アグロデッキについて考察

速攻で序盤からガンガン相手を攻めるスピーディーな戦略であるアグロデッキ。

TCGではアグロデッキはよく使われるデッキですね。

今回はデュエルエクスマキナでの、オリンポスのアグロデッキをご紹介致します。

アグロ

速攻で相手を仕留めるアグロデッキのご紹介(オリンポス)

オリンポスのアグロデッキの特徴

オリンポス勢力のアグロデッキ特徴について、説明していきます。

海洋による速攻

オリンポスデッキのアグロデッキの特徴は、海洋の地形による恩恵で、ユニットが速攻を持てることです。

オリンポスにはアテナイの海兵海馬ヒッポキャンパスなど、海洋による恩恵で速攻を得ることが出来る上に、スペックも優秀なユニットが多いです。

アグロデッキには速攻はかなり重要な要素となります。

1ターン1ターンしっかりとヒーローにダメージを与えなければいけません。

そして海洋を作り出すことも、難しくありません。

海浸神 アンピトリテというユニットがいます。

このユニットは、自分が攻撃するときに、海洋を1つランダムに作ってくれます。

場所は指定できませんが、簡単に海洋を出現させてくれます。

速攻持ちが多い

魅力的なのが英智神 アテナ。

このユニットは自分だけではな、前衛のユニットを速攻にします。テーバイの重装歩兵などと相性が良いですね。

コスト5にはミノタウロスの突撃兵という3/3の速攻持ちもいます。中盤の締めあたりには、とても活躍しますね。

また、カドモスの竜牙という速攻持ちのユニット1/1を横列に3体出せるスペルがある。これは、速攻持ちな上に、最大3体召喚できるので、サテュロスの短弓兵と相性がかなりいいですね。

ダメージ系のカードの多さ

サテュロスの短弓兵は自ユニットを召喚する度に、相手ヒーローに1ダメージを与えます。

これは速攻+1ダメージと考えると強いです。

テーバイの重装投槍兵も召喚時2ダメージを与えます。

これはサテュロスと合わせるととても強力です。

コスト1のカードでも召喚時1ダメージを与えるカードがあります。

全てコストが低く、完全にアグロデッキ向けとも言えます。

ハデスのガーディアンパワーが強力

ハデスのガーディアンパワーが、アグロデッキとかなりシンクロしますね。

対面している邪魔な相手ユニットを除去することにもつかえますし、相手ヒーローへ直接1ダメージ与えることもできます。

序盤から、アグロを意識して守りに入るプレイヤーが多いのですが、ガーディアンがハデスなのであれば、HP1のユニットは除去してしまうことができます。

相手にとっては、かなり嫌なガーディアンパワーとなりますね。

スペルも優秀

オリンポスにはアグロデッキを組む上での、スペルも充実していますね。

ハルパーの追撃はマナコスト2で2ダメージを与えることができます。

これは、相手ガーディアンへ直接使用することも可能なので、序盤から、中盤からどの場面でも活躍致します。

マナコスト4のトライデントの高波は、自分のフィールドの海洋の数だけ相手ユニットか、相手ガーディアンにダメージを与えることが出来ます。

つまり海洋が3~4あるだけで、強力なスペルに変化します。

候補枠のユニット紹介

オリンポスカードでアグロデッキを作る際に、おすすめのカードを紹介します。

コスト1

・コリントスの軽装歩兵

・アテナイの海兵

・アレス焔剣

コスト2

・テーバイの重装歩兵

・ミノタウロスの突撃兵

・海浸神 アンピトリテ

・ハルパーの追撃

・コリントスの軍犬訓練士

・ケンタウロスの長弓兵

・アテナのファランクス陣形

コスト3

・海馬 ヒッポキャンパス

・サテュロスの短弓兵

・ケンタウロスの軽装騎兵

・ゼウスの降雷

・多頭竜ヒュドラ

コスト4

・テーバイの重装投槍兵

・トライデントの高波

・カドモスの竜牙

・英智神 アテナ

コスト5

・ミノタウロスの突撃兵

・ギガントマキア

コスト6

・ケラノウスの制裁

コスト8

・天空神 ゼウス

中立カード

引き続き、中立カード枠のおすすめについて紹介します。

コスト1

・魔蝸牛 デーモンスネイル

・殺人魚 キラーフィッシュ

コスト2

・商工ギルドの武器屋

・エルフの地術士

・エルフの妖精使い

・彷徨える影

コスト5

・離魂術師 サナム

コスト6

・ピクシーの王女 ターニア

まとめ:後半には期待しないこと

前半戦で全力で攻めきってしまわないと、アグロデッキではありません。

無駄な温存は必要ありません。

8ターン以降まで、長引いてしまうと負ける確率が高くなってしまいます。

アグロデッキは1ターン目から、勝負にかかっているのです。

ですので、1ターン目はコスト1のユニットを出来れば引いておきたいです。

ゼウスをおすすめカードに入れたのは、後半戦での相手の体力が1~5などの、あと一歩が届かなくて8ターン目までかかてしまった場合を考慮してのおすすめです。

ですので、ゼウスを起用するとしても絶対に1枚でしょう。

アグロデッキにも様々な組み合わせがあります。

皆さんもぜひ、一度上記のカードの中から自分でアレンジをしてみて、アグロデッキを作ってみてはいかがでしょうか。

筆者: Kitagawa

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード