【遊戯王デュエルリンクス】グリーン・バブーンがパッケージを飾るLAND OF THE TITANSを解説(UR編)

5/12から発売した「LAND OF THE TITANS(ランドオブザタイタンズ)」。

地属性を主にテーマとしたMINIBOXである。

今回はこのパックに収録されているUR枠のカード2種類の使い方などについて解説していこうと思う。

5/12にランドオブザタイタンズが発売!UR枠を解説!

UR枠(2種類)

収録されているUR2種類を解説する。

森の狩人イエロー・バブーン

☆7/地属性/獣族/A2600/D1800

・このカードが手札に存在し、自分フィールド上の獣族モンスターが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の獣族モンスター2体をゲームから除外して発動できる(誘発効果)。

・このカードを特殊召喚する。

考察

条件はあるものの比較的特殊召喚しやすいモンスターである。

まず、戦闘破壊が条件ではあるが戦闘は基本的に発生することが多いので獣族さえ気を付ければ場に出しやすいモンスターである。

ちなみに戦闘破壊された獣族も除外コストに用いることができる。

なので墓地に獣族が1体でもいれば発動することができる。

最上級モンスターとしての攻撃力は少し物足りないが、実質ノーコストで特殊召喚できるモンスターで2600あれば十分高い方だといえる。

手札に複数枚このカードがあっても1回の戦闘破壊で特殊召喚できるのは1枚だけである。

この戦闘破壊による特殊召喚は相手ターン中でも自分のターン中でも発動できる。

奇襲に使ったり、自爆特攻による能動的に特殊召喚したりできる。

森の番人グリーン・バブーンの派生型ともいえるカードとなっている。

あちらは効果破壊に対応し、こちらは戦闘破壊に対応するかたちとなっている。

しかし、こちらは自己再生できないので注意。

森の番人グリーン・バブーン

☆7/地属性/獣族/A2600/D1800

・このカードが手札、墓地に存在し、自分フィールドの表側表示の獣族モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時、1000LPを払って発動できる(誘発効果)。

・このカードを特殊召喚する。

考察

今回のパッケージを飾るモンスターである。

条件があるものの、手札や墓地から1000LPで特殊召喚できる。

全体除去を受けたあとでもその時に表側表示の獣族がいたなら、このカードを特殊召喚してフィールドのがら空きを防ぐことができる。

もちろんこの効果破壊による特殊召喚は相手ターン中でも自分のターンでも発動することができる。

表側表示で破壊される必要があるため、裏側表示の獣族では特殊召喚することができないので注意。

手札にあるときならまだしも、墓地にこのカードがある状況で相手が獣族を効果破壊してくるとは考えにくい。

なので、能動的に特殊召喚を狙うのであれば自壊効果を持つ「おとぼけオポッサム」と組み合わせると良いだろう。

初期LPが4000のデュエルリンクスにおいて、ライフコスト1000は意外と大きい。

ちなみにダメージステップでは発動ができないので注意。

例えばリバース効果モンスターによって効果破壊されたとしてもダメージステップなため、特殊召喚する効果を発動することができない。

また、任意発動の誘発効果であるためタイミングを逃す場合がある。

例えば、破壊後に別処理効果のあるカードによって獣族が破棄された場合、タイミングを逃すため、発動できないので注意。

一つの例として、獣族モンスターがフィールドに存在する状況で自分は「百獣大行進」を発動する。

相手はその百獣大行進にチェーンして「突撃指令」を発動したとする。

チェーンが組まれ、先にチェーン2である「突撃指令」から処理する。

突撃指令によって獣族が効果破壊されたのでグリーン・バブーンを特殊召喚したいと思っている。

しかし、まだチェーン1である「百獣大行進」の処理が終わっていないため、百獣大行進の効果処理を行う。

獣族が効果破壊されたので特殊召喚したいが特殊召喚しようとしたタイミングが、百獣大行進の効果処理が残っていたため、発動できなかったということが起こりうるので注意。

OCGに出た当初はダメージステップで発動できれば戦闘破壊でも発動できたので当初はとても強いカードであった。

しかし、裁定変更により今の効果になり弱体化された。

考察:URは2種類ともバブーン

今回の地属性をテーマにしたミニボックス「LAND OF THE TITANS(ランドオブザタイタンズ)」のUR枠は2種類ともバブーン系のカードであった。

破壊をトリガーに特殊召喚できるモンスターであるため、条件さえ満たせばほぼノーコストに近い状態で展開することができるため強力である。

獣族がフィールドにいるだけでバブーンによる牽制ができるようになったため、処理の仕方さえ考えなければ特殊召喚されかねない。

戦闘破壊をトリガーとしたイエロー・バブーン。

効果破壊をトリガーとしたグリーン・バブーン。

今回をきっかけにバブーン系を入手できた際は大きく強化された獣族デッキを作ってみてはいかがだろうか。

デッキ構築の参考になれば幸いです。

筆者:

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。