【デュエルリンクス】対応力抜群!ケルベロスももちろん入ってる、万能デッキを紹介!

デュエルリンクスの対人戦では色んなデッキと対戦することになります。どんなデッキと当たっても対応できる万能デッキを紹介していきます。

魔導獣ケルベロス

万能デッキにも相性抜群な魔導獣ケルベロス

万能デッキに入れるオススメモンスターカード

万能デッキを構成するモンスターカードを3つ紹介します!

戦士ダイグレファー

通常モンスター 星4 攻1700 守1600

攻守が非常に高く攻めにも守りにも活躍でき、レアカードなので3枚揃えることが簡単にできます。通常モンスターなので突撃指令と合わせたコンボ技も使えます。

魔導ギガザイバー

効果モンスター 星6 攻2200 守1200

自分のフィールドにいるモンスターが相手のフィールドにいるモンスターの数より2体少ない場合に生贄無しで特殊召喚できる効果が非常に役立ちます。例えば相手に場を制圧されたときギガザイバーを特殊召喚し、他のモンスターを通常召喚で1体召喚できプレイングによっては逆転することもできるところです。

魔導獣ケルベロス

効果モンスター 星4 攻1400 守1400

自分・相手も魔法カードのカウンターの数×500ポイント攻撃力がアップする効果が魅力的です。基本はハイスコア用に用いられますが、相手の高火力モンスターを破壊する時になどに使います。後述するフォースとの相性が抜群です。

万能デッキに必須の魔法カード

万能デッキに必要な魔法カード3つを紹介します。

フォース

通常魔法

フィールドの存在するモンスター1体を指定しそのモンスターの攻撃力を半分にし、他のモンスターにその半分にした分の攻撃力をプラスする。

このカードがあれば、相手のモンスターの攻撃力が高くても簡単に倒せます。それに魔法カードを使うと攻撃力をアップする魔導獣ケルベロスとの相性がよくケルベロスの攻撃力を3000オーバーまで簡単に上げられます。

エネミーコントローラー

速攻魔法

1.相手フィールドの表側表示のモンスター1体の表示形式を変更する。
2.自分フィールドのモンスター1体をリリースし相手フィールドの表側表示モンスター1体を 対象として発動でき、そのモンスターのコントロールをエンドフェイズ時まで得る。

相手モンスターの攻撃力が高く守備力が低いモンスターを効果1で倒すことができ、効果2はフィニッシュ時に使えます。手札に3枚あっても腐らない優秀なカードです。

ワンダーバルーン

永続魔法

1ターンに1度手札を墓地に送り発動でき、手札1枚につきカウンターが1つ置かれ、カウンター数×300ポイント相手のフィールドのモンスターの攻撃力をダウンさせる。

相手のモンスターの攻撃力が強くて倒せない時ワンダーバルーンで相手の攻撃力を下げると簡単に倒せ場を制圧できます。墓地に送ると効果を得る髑髏顔・天道草とのコンボも期待できます。

いつでも活躍できる罠カード

どのデッキにも対応できる罠カード3種類を紹介します。

銀幕の鏡壁

永続罠

このカードが存在する限り、相手のモンスターの攻撃力は半分になりこのカードが存在する限りプレイヤーは毎ターンライフポイント2000を払わなければならない。

罠としてフィールドに伏せておくといつでも使うことができ、相手フィールドにいる全モンスターの攻撃力が半減するので、一気に逆転できるところです。

生贄の抱く爆弾

通常罠

アドバンス召喚された相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示のモンスターを全て破壊し、相手のライフポイントに1000ダメージ与える。

通常アドバンス召喚されたモンスターは強く太刀打ちできないのでこのカードで破壊できることと、一発逆転が可能なカードです。牽制にもなるので1枚デッキに入れておけば安心できます。

トラップジャマー

カウンター罠

バトルフェイズ中に相手が発動した罠カードを無効にし破壊する。

デュエルリンクス内においてバトルフェイズ中の罠カードの発動率が極めて高いので、このカードがあれば積極的に攻撃体制を取っていけます。上記で紹介した銀幕の鏡壁の対策にも有効です。デッキに2枚入れとけばより安心です。

万能デッキを使った実際のプレイング

実際のプレイングを紹介します。

序盤は相手フィールドの伏せカードに注意

序盤では相手フィールドの伏せカードに注意したいです。理由はデュエルリンクスはスピードデュエルなので流れを渡すと勝負がほぼ決まってしまうからです。とくに罠カードに注意です。なのでトラップジャマーーを仕掛けて1ターンたつまで攻撃宣言しないことをオススメします。

フィニッシュはケルベロス

万能デッキはどのデッキに対しても戦えますが、カード同士のつながりが弱く、コンボ技が少なくモンスターの攻撃力を上げられないのが弱点です。なので魔法カードを使うたびに攻撃力がアップするケルベロスが高価力カードになってきます。フィニッシュを決めるとき魔法カードを多用しケルベロスでとどめをさしましょう。

筆者: ミカガミ

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード