【オセロニア】竜属性の『デネヴ』のステータスやスキル・コンボスキルの性能を徹底解説!

竜属性と言えば名前が挙がる「デネヴ」!

火力を出せるスキルを持つ進化後の『[二重星の竜使い]デネヴ』と優秀なリーダースキルを持つ闘化後の『[二重星の竜魔術士]デネヴ』があります。

今回は、その進化後・闘化後のデネブのステータス・スキル・コンボスキルなどの性能とそれぞれの使い方などについて見ていこうと思います!

『デネヴ』のステータス・スキル・コンボスキル

竜属性のS駒である『デネヴ』!
このキャラの進化前、進化後のステータスをみていきましょう。

デネヴ

【属性】 竜

【レア度】 S

【HP】 1292

【ATK】 1425

【コスト】 20

【使用制限】 1

【声優】 伊丸岡篤

【スキル】 アルフォースワン
「[リンク]攻撃力アップ:ターン開始時、手駒に自分の竜駒が4枚ちょうどのとき発動できる。このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で2倍になる。」

【コンボスキル】 インペリアルゲイン
「[リンク]攻撃力アップ:ターン開始時、盤面に自分の竜駒が2枚以上のとき発動できる。このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.2倍になり、最大で2倍になる。」

進化前デネヴ

進化前デネヴ

[二重星の竜使い]デネヴ

【属性】 竜

【レア度】 S+

【HP】 1538

【ATK】 1680

【コスト】 20

【使用制限】 1

【声優】 伊丸岡篤

【スキル】 アルフォースワン
「[リンク]攻撃力アップ:ターン開始時、手駒に自分の竜駒が4枚ちょうどのとき発動できる。このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.4倍になり、最大で2倍になる。」(スキルLv.MAX)

【コンボスキル】 インペリアルゲイン
「[リンク]攻撃力アップ:ターン開始時、盤面に自分の竜駒が2枚以上のとき発動できる。このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で2倍になる。」(スキルLv.MAX)

進化後デネヴ

進化後デネヴ


進化素材は以下の通りです。
 ・チタンインゴット × 3
 ・マナリング × 1
 ・オリハルコンリング × 3
 ・冥王の杖 × 3

進化後である『[二重星の竜使い]デネヴ』!

竜属性のS+駒としては平均的なHPを持っていて、ATKは高めに設定されています。

発動条件が「手駒に自分の竜駒が4枚」なので竜デッキでしか使えないスキルになっています。

効果としては、「自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.4倍になり、最大で2倍」というもので、盤面に自分の竜駒2枚ある状態であれば最大倍率である2倍になります。

スキルの最大倍率で発動できれば1枚返しでも最低「3360」のダメージになります。

また、コンボスキルも最大倍率2倍とかなり優秀な倍率になっています。

ただ、「盤面に自分の竜駒が2枚以上のとき」しか発動できないので、要所で発動できないこともあるかもしれませんね。

[二重星の竜魔術士]デネヴ

【属性】 竜

【レア度】 S+

【HP】 1680

【ATK】 1515

【コスト】 20

【使用制限】 1

【声優】 伊丸岡篤

【スキル】 アルストリーム
「[リーダー]オーラ:この駒がリーダーで手駒にある間発動し、自分の竜駒の基本ATKが1.4倍になる。」(スキルLv.MAX)

【コンボスキル】 インペリアルゲイン
「[リンク]攻撃力アップ:ターン開始時、盤面に自分の竜駒が2枚以上のとき発動できる。このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で2倍になる。」(スキルLv.MAX)

闘化後デネヴ

闘化後デネヴ


闘化素材は以下の通りです。
・アルフェッカ × 3
・ロックドラゴン × 1

竜属性のS+駒としては高めのHPを持っていますが、ATKは低めになっています。

ただ、このキャラはリーダーとして編成するので、ATKの低さはあまり気になりませんね。

そして、優秀なのがデッキのリーダーに設定しているだけで「自分の竜駒の基本ATKが1.4倍になる」というスキルです。

同じようにリーダーオーラスキルを持った「カステ・パルト」(1.2倍)、「レジェ」(1.3倍)よりも倍率が高いので、竜デッキを使う場合には是非リーダーにしておきたいキャラですね!

そして、闘化後デネブではあまり使う機会はありませんが、コンボスキルは進化と同じ効果となっています。

進化と闘化どっちがいい?

どちらも使い道がはっきりしているスキルになっていますが、優秀なリーダースキルを持った闘化後の『[二重星の竜魔術士]デネヴ』が個人的にはお勧めですね。

初手から基本ATKが1.4倍になった状態なので、例えば「[竜将]景光」を出した場合は通常「3300」なのが、デネヴがリーダーだと「4620」になるので大きな違いと言えますよね!

また、「ルキア」のような駒ロックにも引っかかりにくいステータスになっているので、バフが解かれる心配もあまりありません。

デネヴをリーダーにして、さらにバフを重ねて高火力を出したときの爽快感はなんとも言えません。

『デネヴ』手に入れた場合には、闘化素材を集めて闘化させるのがいいかと思います!

筆者: yurarilen

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード