【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】『HISTORY OF MASTER DRAGON 天を翔ける黄金竜』イベントボス攻略ドラクエ4編まとめ!

ついに『HISTORY OF MASTER DRAGON 天を翔ける黄金竜』という大型のイベントが始まりました。

5/21に第2弾が解放されます。

それまでにできることとすれば初級から伝説級までドラクエ4のデスピサロを倒さない限りは先に進めません。

この記事ではそこを突破するために役に立つ情報をお届けします。

【天を翔ける黄金竜イベント】デスピサロ

【天を翔ける黄金竜イベント】デスピサロ

デスピサロ第一形態の弱点や行動パターン

まずは敵の弱点や行動パターンから知っておく必要があります。

このイベントで新たに使ってくるスキルはあるのでしょうか?

※行動パターンは難易度が高い伝説級をもとにしています。

デスピサロ第一形態の弱点と耐性表

属性効果
メラ△いまいち
ギラ△いまいち
ヒャド〇等倍
バギ〇等倍
ジバリア◎抜群
ドルマ◎抜群
イオ〇等倍
ディン〇等倍
炎ブレス〇等倍

ジバリア属性が弱点なのはわかりますが、あのデスピサロのもう1つの弱点がドルマ属性って意外ですよね。

魔族の王ですからドルマという闇属性にすごく耐性があると思っていましたからね。

もしかして進化の秘宝を使った過程でなにかやらかしたのかな?

故に第一形態であれば、ドルマ属性スキルで攻めても問題はないのです。

メラとヒャド属性以外は等倍なので、火力が高ければ弱点属性スキルに依存しなくてもいいでしょう。

デスピサロ第一形態の通常行動一覧

行動名効果
双剣が襲いかかる味方1人に物理ダメージ(痛恨判定有り)
叩き潰す味方1人に物理ダメージ+やすみ
ベギラゴン味方全員にギラ属性呪文ダメージ
いてつくはどう味方全員の良い効果を打ち消す
狙いを定めた味方1人をターゲット状態にして、その後に「魔力がつつむ」という行動をしてくる
甘い息味方全員を眠り状態にさせる(ラストゲージのみ使用)

基本この中から1~2回選んで行動してきます。

赤のラストゲージとなれば2~3回行動してきます。

もし味方の誰かがバフがかかった状態だといてつくはどうを使用してくる頻度が高くなります。

デスピサロ第一形態それ以外の行動パターン

攻撃名効果攻撃方法
魔族王の一撃味方1人に小ダメージ+CT大幅減少スキル攻撃
魔力がつつむ味方1人に大ダメージ割り込み行動
ジゴスラッシュ味方全体にドルマ属性物理ダメージゲージ変化攻撃(HPゲージが赤になった時に使用)

デスピサロが割り込み行動をしてくるようになりました。

前まではそんなことはしてこなかったのに!

とにかく魔族王の一撃という重い一撃を喰らう前に倒しきりましょう。

デスピサロ第二形態の弱点や行動パターン

こちらも同じく弱点や行動パターンから知っておく必要があるのでご覧ください。

※行動パターンは難易度が高い伝説級をもとにしています。

デスピサロ第二形態の弱点と耐性表

属性効果
メラ△いまいち
ギラ△いまいち
ヒャド〇等倍
バギ〇等倍
ジバリア◎抜群
ドルマ△いまいち
イオ〇等倍
ディン〇等倍
炎ブレス〇等倍

ジバリア属性が弱点なのは共通ですが、今度はドルマ属性があまり効かなくなっています。

これが進化の秘宝の真の力なのでしょうか?

なので、ジバリーナなどのジバリア属性スキルを活かすか、高い火力で等倍や無属性スキルで攻撃して倒すしかありません。

デスピサロ第二形態の通常行動一覧

行動名効果
マホカンタ自身を呪文反射状態にする(開幕使用後は効果が切れたら時にまた使用)
通常攻撃×2味方にランダムで物理攻撃×2(怒り時、通常攻撃×3になり痛恨の一撃の確率アップ)
怒り攻撃力と守備力1段階上昇。
その後「黒くかがやく闇」を使用
狙いを定めた味方一人をターゲット状態にする
「あらがえぬちから」か、「魔力がつつむ」のいずれか使用

前とあまり変わりませんが、あまり時間をかけるとこちらが不利になってしまうので、最小限のバフをかけて攻めていきましょう。

それに第二形態ではいてつくはどうを使用してこないので荒波の舟歌たたかいの歌などが有効です。

デスピサロ第二形態それ以外の行動パターン

攻撃名効果攻撃方法
はげしいほのお味方全体に炎ブレスダメージスキル攻撃
かがやく息味方全体に氷ブレスダメージスキル攻撃
ドルモーア味方1人にドルマ属性呪文ダメージスキル攻撃
あらがえぬ力味方1人行動不能+毎ターンHPの1/4のダメージスキル攻撃
氷炎の息味方全体に炎氷ブレスダメージ+燃焼状態+氷結状態割り込み行動
あらがえぬ力味方1人行動不能+毎ターンHPの1/4のダメージ割り込み行動
魔力がつつむ味方1人に小ダメージ+CT大幅減少割り込み行動
かがやく息味方全体に氷ブレスダメージゲージ変化攻撃(HPゲージが黄色になった時)
激怒&かがやく息攻撃力と守備力が2段階上昇、その後に味方全体に氷ブレスダメージゲージ変化攻撃(HPゲージが赤になった時)

こちらも同じく割り込み行動をしてきます。

とても厄介なボスに成長してしまいました…。

それにここで新しく登場したスキル氷炎の息を使用してきます。

デスピサロが怒ると一定行動数の後に使用してきます。

イメージとしては大魔王ゾーマの凍てつく世界りゅうおうの世界を焼き尽くす業火氷炎の息ってことなのです。

これを喰らってしまうとパーティーを立て直しを迫られてきます。

他は前と変わりませんが、あれを喰らってしまう前に倒すことが可能です。

デスピサロそれぞれの形態の効果的な倒し方

まず第一形態ですが、CT減少対策のためにルビスの盾が必須になってきます。

CT減少ガード+極はとても貴重ですからね。

これがあればターゲッティングされてもわずかなダメージを喰らうだけでルビスの盾のスキルをレベル最大まで鍛えていればスキルゲージが減ることがないのです。

弱点であるジバリア属性ですが、ジバリーナでなく闘神の一太刀の方が第二形態でもうまく立ち回れます。

第一形態の時にゲージ変化攻撃としてジゴスラッシュを使ってきますが、HPと防御力に自信がない人はタイミングを見計らって防御しておきましょう。

もしまともにくらうと致命傷になってしまうことがあります。

第一形態のデスピサロを倒して第二形態に移行するときにプレイヤー側のバフは継続されるのでうまいタイミングで海賊が荒波の舟歌を使ってくれればベストですね。

第二形態では開幕にマホカンタを使用してくるので基本賢者は向きません。

せめて攻撃呪文でドルオーラ、あとは回復役に回っておいた方が賢明です。

弱点はジバリア属性だけになってしまうので、なるべくならそれに固執せず、等倍のスキル攻撃で立ち回りましょう。

第二形態はフバーハなどの息耐性の有無が勝敗を分けます。

火力が高くHPも申し分ないパーティーならそのままで行けますが、そうでない場合においてブレス攻撃の軽減がとても重要なのです。

デスピサロの物理系攻撃の他にはブレス系攻撃が大半を占めます。

ブレス対策をしていないと、かがやくいき+はげしいほのおなどの2連続ブレス攻撃でほぼ全滅してしまうことになってしまいます。

また赤のラストゲージでは激怒し装甲が固くなり物理攻撃のダメージが与えづらいので、バイキルトなどで対応しないと物理パーティーで挑む人にとっては地獄です。

魔法パーティーで挑むとして、たとえ天空の波動を使ってもデスピサロがすぐマホカンタを使うのであまり効果的ではありません。

効果的に状況をみて行動すれば、この難敵を倒すことができます。

おすすめのたべもの

結論から言えば、スライムカレーセットですね。

ドルマ属性ダメージ10%減氷プレスダメージ10%減などの有効な効果が含まれているからです。

でもあまりなくて使いたくない人にとって、やっぱりスライム柏もちセットでしょうか。

CT減少耐性40%アップ、ドルマ属性ダメージ20%減のような有効な効果がついてますからね。

でも今スライムカレー系の食べ物って手に入りますか?

いやスライム柏もち系の食べ物の方が手に入りやすいので、使うとするならおそらく皆さんこっち派でしょうね。

筆者: sc

星ドラ歴1年以上になるscと申します。 星ドラ以外にもFFRKをプレイしておりました。 余談ですが、マリオの横スクロールゲームも好きです。 今後お見知りおきを!

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。