【シャドウバース(シャドバ)】ネクロマンサーに100%勝てるだと!?「穢れた聖杯」入りの「対ネクロビショップ」【ビショップデッキ】

デッキ作者・クロフネ氏が100%ネクロマンサーに勝てると言い放つビショップデッキ!大言壮語なのか?本当なのか?使ってみてのお楽しみ!

公開:2017年5月17日時点 『対ネクロビショップ』

youtuber・クロフネ氏による、「対ネクロビショップ」デッキ紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「漆黒の法典」から始まり、消滅の嵐でネクロマンサーにはかなりの勝率を誇るビショップの紹介です!(100%はさすがにないですが…。)

詠唱:聖なる願い(銅)×3
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
天弓の天使・リリエル(銀)×3
スネークプリースト(銅)×3
漆黒の法典(銅)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
教会の護り手(銀)×3
詠唱:禁じられた儀式(銀)×3
鉄槌の僧侶(銀)×3
レディアンスエンジェル(銀)×3
エンシェントレオスピリット(銀)×2
苦罰の審判者(金)×3
テミスの審判(金)×2
穢れた聖杯(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:とにかく序盤から「詠唱:禁じられた儀式」でアグロの頭を抑える

とにかくネクロマンサーへのヘイトを晴らすためのデッキといってもいいでしょう。
消滅の嵐!ネクロマンス?ラスタワード?なにそれ美味しいの?といってあげましょう。
さらに「穢れた聖杯」がうまく機能したのなら一瞬でリーサルを取れる可能性を持っています。このカードは全体除去をしつつ、アポカリプスデッキのうち、ランダムで3枚を手札に加えられます。
コストは8と高めではありますが、その能力を考えると相応の強力な能力を持っています。

「漆黒の法典」「詠唱:禁じられた儀式」「鉄槌の僧侶」「苦罰の審判者」

「エンシェントレオスピリット」も追加で載せているためさらにアグロネクロに対して強く出ることができます。「詠唱:禁じられた儀式」を早い段階で場に出しておくことも大事。

注目カード:「穢れた聖杯」の全体除去で隙なくアポカリプス!

【穢れた聖杯】

コスト:8
クラス:ビショップ
効果:カウントダウン:3
ファンファーレ:お互いのフォロワーすべてに2ダメージ。
ラストワード:サタンズサーヴァント、沈黙の魔将、ディースの裁き、アスタロトの宣告の中から、ランダムに異なる3枚を手札に加える。

ファンファーレで全体ダメージがある分、コスト10の「サタン」より隙なく場に出すことができます。一気に3枚手札に入ることを考えると「サタン」と使い分けができます。場合によっては「サタン」より使える場面も多いでしょう。
「気高き教理」でカウントダウンを進ませる動きも有効です。
ラストワードで手札が溢れることがないように気をつけていきましょう。

【詠唱:禁じられた儀式】

コスト:3
クラス:ビショップ
効果:カウントダウン1
ラストワード 体力2以下の相手のフォロワーすべてを消滅させる。

コストが3、カウントダウンが1なのでアグロ対策になります。アグロは基本的に低コストフォロワーが多いので牽制にもなります。
コスト2以下ではなく体力が2以下なので間違わないようにしましょう。うまく体力調整すれば中型フォロワーも含めて一斉除去できます。

【苦罰の審判者】

コスト:6
スタッツ:3/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。カードを1枚引く。

「鉄槌の僧侶」の上位互換のような能力ですが、コストが高いので使い所は間違えないように。
しかし進化権を消費せずに消滅効果が得られるのは便利です。
シンプルながらも便利!

【エンシェントレオスピリット】

コスト:5
スタッツ:4/5
クラス:ビショップ
効果:進化後
進化時:相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

スタッツもコスト相応で使える一方、盤面を埋められた場合には進化で全体除去をしていきます。「テミスの審判」を出せる状況ではないときは、このカードを使っていきましょう。
アグロネクロの「骨の貴公子」に対して、このカードで一気に全体除去していきます。決まれば気持ちいいですよ。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsネクロマンサー

マリガンは「漆黒の法典」「風の軍神・グリームニル」「天弓の天使・リリエル」。

とにかく「漆黒の法典」があるだけでネクロマンサー戦は全く違った展開になります。「詠唱:禁じられた儀式」もあればもう万全。

「スパルトイサージェント」などを「漆黒の法典」で消滅させていきます。厄介な「スカルビースト」は「鉄槌の僧侶」で。
この動きがネクロマンサーに対してのビショップの強さ。

相手は「ケルベロス」「オルトロス」姉妹で「ケルベロス」を強化、さらに「シャドウリーパー」。

「穢れた聖杯」のファンファーレで全体除去しながらリーサルに向けて動いていきます。
相手は「魔将軍・ヘクター」。手札が枯れてもこれがあるのがネクロマンサーは怖いんですよ。
さらに「魔将軍・ヘクター」を重ねられてしまいました…。
あれ?負け?

とはいえ、序盤の「鉄槌の僧侶」進化など、もったいないプレイングあっての敗戦。あくまで100%はそれくらい有利に立ち回れるということであって、戦況をよくみてプレイすればかなりの勝率を誇ることは確かでしょう。

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ビショップデッキの最新記事