【シャドウバース(シャドバ)アグロは「ベルフェゴール」の発動タイミングで対応!「新ミッドレンジヴァンパイア」【ヴァンパイアデッキ】

対アグロ戦などの状況に応じた「ベルフェゴール」の使用タイミングが重要!「新ミッドレンジヴァンパイア」!

公開:2017年4月18日 『新ミッドレンジヴァンパイア』デッキレシピ

youtuber・ダンジュウロウ氏によるデッキ『新ミッドレンジヴァンパイア』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

状況に応じた疾走フォロワーが戦況を左右する『新ミッドレンジヴァンパイア』!

ブラッドウルフ(銅)×3
レヴィオンデューク・ユリウス(銅)×3
糸蜘蛛の悪魔(銅)×3
鋭利な一裂き(銅)×3
群れる飢餓(銀)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
ダークジェネラル(銅)×2
裁きの悪魔(金)×3
ベルフェゴール(虹)×3
カオスシップ(銀)×3
ディアボリックドレイン(金)×3
インプランサー(銅)×3
血餓の女帝(虹)×2
ソウルドミネーター(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:基本は復讐に頼らずに「インプランサー」などの疾走フォロワーを活かして立ち回る

「カオスシップ」でサーチできる対象は「ブラッドウルフ」「レヴィオンデューク・ユリウス」「糸蜘蛛の悪魔」となっています。
「ベルフェゴール」後「ディアボリックドレイン」を撃っても回復が足りず「裁きの悪魔」を入れているとのこと。このデッキはあくまで復讐ヴァンパイアではないので、「ベルフェゴール」は復讐状態を作り出すためよりもドローソースとして使いましょう。

「血餓の女帝」で盤面、フェイスをゴリゴリ削っていき、「インプランサー」「ソウルドミネーター」でトドメを刺していきましょう。
「ソウルドミネーター」は状況によって能力が上下するので、安定性を求めるのならば回復ができる「アルカード」に差し替えてもあり。
復讐デッキよりにするのなら体力調整のきく「アルカード」の方がいいかもしれません。

動画では、このデッキの苦手とする対アグロネクロ戦での立ち回りを解説してくれています。
まさか「レヴィオンデューク・ユリウス」があそこまで活躍してくれるとは…!

注目カード:「カオスシップ」からの自傷なしの「ブラッドウルフ」「糸蜘蛛の悪魔」。

【カオスシップ】

コスト:5
スタック:3/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。

攻撃力はないですが、何と言っても優秀な2コスト帯のフォロワーをサーチできるのは優秀です。しかも直接場に出せるという便利さ。
復讐状態であれば実質スタッツはかなり高くなります。
「ブラッドウルフ」「糸蜘蛛の悪魔」の自傷能力も発動せずに場に出せるのは強い!

【血餓の女帝】
シャドウバース ヴァンパイア
コスト:7
スタック:4/7
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージ。

ダメージを刻んでいく役割です。「レヴィオンデューク・ユリウス」と合わせていつの間にが相手リーダーの体力は「インプランサー」の射程に「アザゼル」などと入れ替え候補。

【インプランサー】

コスト:6
スタッツ:3/6
クラス:ヴァンパイア
効果:疾走

ど直球な疾走フォロワー。ロイヤルの「レヴィオンセイバー・アルベール」のような使い方ができます。
コストは高いもののスタッツが高く、疾走付きのため進化して一気にリーサルを狙える強力なフォロワーです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

二戦目 ヴァンパイアvsネクロマンサー

マリガンでは高コストを優先してとっています。あとあとを考えてのことですが、アグロネクロ相手では序盤のドロー運次第では苦戦しそうですが…。
低コストフォロワーは「カオスシップ」で出して一気に畳み掛けたいところでもあるのは確かです。
相手は、潜伏を持っている「纏わりつく亡霊」を出してきました。これは珍しい。

「レヴィオンデューク・ユリウス」はスタッツが1/3と、序盤では手の出しにくい体力をしているので、意外に居座ったりするんですよね。
「シャドウリーパー」も2体出てきました。これは潜伏をコンセプトにしたデッキなのでしょうか?
その間に「レヴィオンデューク・ユリウス」がガリガリ相手の体力を削っていきますね。

この状況で「ベルフェゴール」を出してしまいます。早急に勝負をつけにいきます。
相手も目一杯横に広げて「骨の貴公子」も出してきました。そして「骨の貴公子」のラストワードで「レヴィオンデューク・ユリウス」が過労気味に働いてくれています!

もう一度「レヴィオンデューク・ユリウス」「風の軍神・グリームニル」で猛攻を防ぎつつ、ダメージを与えていきます。

「ダークジェネラル」進化、「鋭利な一裂き」でリーサルです。

一戦目のアグロネクロ戦ですが、比較的苦手なデッキタイプです。アグロ相手であれば今回のように早めに勝負に出る方が勝率が上がります。
4ターン目の「ベルフェゴール」からの流れになりますね。復讐状態で戦うデッキではないのですが、おもいきりも大事です。
「カオスシップ」から「ブラッドウルフ」や「糸蜘蛛の悪魔」などで一気に押し込める場面もありますからね。

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード