【シャドウバース(シャドバ)】「ムーンアルミラージ」コンビの切っても生えてくる「陽光イージスビショップ」【ビショップデッキ】

「守護の陽光」、「大修道女」など、防御、回復に優れたイージスデッキです。「力比べ」は入ってはいません!「ヘブンリーイージス」に頼り切ったデッキにはしないことで多少柔軟なデッキになっています。

公開:2017年4月15日時点 『陽光イージスビショップ』

youtuber・あぽろ氏による、「陽光イージスビショップ」デッキ解説プレイです!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

即死さえしなければ、驚異の耐久力を誇ります!

詠唱:聖なる願い(銅)×3
スネークプリースト(銅)×3
漆黒の法典(銅)×3
守護の陽光(銀)×3
風の軍神・グリームニル(金)×3
プリズムプリースト(銀)×2
鉄槌の僧侶(銀)×3
神魔裁判所(金)×3
レディアンスエンジェル(銀)×3
エンシェントレオスピリット(銀)×2
苦罰の審判者(金)×2
テミスの審判(金)×3
大修道女(銅)×2
ヘブンリーイージス(虹)×3
バハムート(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「力比べ」が入っていない「ヘブンリーイージス」

陽光イージスとは言っても、「ヘブンリーイージス」に「守護の陽光」の効果は及ばないのは言わずもがな。
「守護の陽光」が3枚搭載されていますが、2枚でもいいかもしれません。何枚も場に出すものではないので、代わりに「大修道女」を多く積むのもありとのこと。

とにかく防御力があるデッキなので、相手のリーサルコンボなどを耐え切った後に「大修道女」「レディアンスエンジェル」が多く積んであることで助かります。

「ヘブンリーイージス」の極端に高い防御能力は自身に対してのもの。試合中追い詰められたからといって焦って場に出すとテンポロスになって負けてしまうので気をつけましょう。このカードは攻めのカードです。

注目カード:「守護の陽光」と「大修道女」の回復、守護が最後の壁

【守護の陽光】

コスト:2
クラス:ビショップ
効果:自分の場に体力4以上のフォロワーが出るたび、それは守護 を持つ。

今回は特にそのドロー確率に注目。1枚多く積んだだけでどこまで機能するのかご注目。

【ヘヴンリーイージス】

コスト:9
スタッツ:8/8
クラス:ビショップ
効果:このフォロワーへのダメージは0になる。このフォロワーは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。

その能力を見ただけでため息が出るほどの防御能力。守護は付いていないもののどうやって除去しろと…。
しかもこの高スタッツ。

【大修道女】
シャドウバース
コスト:7
スタッツ:5/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を5回復。

「守護の陽光」で守りを固めながら使用していきたいところです。コストは重いですが、5点回復は大きく相手の算段を崩せます。
「守護の陽光」で守護がついた大型フォロワーを回復させるのも十分相手への牽制、挑発になります。
火力が高いフォロワーが賞賛されている今、このカードでもないと回復が追いつかないことも多いです。コントロール系には入れておきたいカードです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsエルフ

エルフは現環境で評価が落ちたように感じるのですが、正直、ドラゴン、ネクロマンサーに続いて強いリーダーだと思います。
ビショップは非常に戦い辛い環境なので、どう戦っていくのか。
マリガンは「神魔裁判所」「風の軍神・グリームニル」「レディアンス・エンジェル」。
ちょっと重いですね。しかし1ターン目のドローで「守護の陽光」がきてくれました。

相手の動きも鈍い序盤に「守護の陽光」を出しておければ、のちのテンポロスが少なくてすみます。

3ターン目、相手はフェアリーからの「エンシェントエルフ」でバウンス。定石通りの動いですね。
こちらは「風の軍神・グリームニル」。

「エンシェントエルフ」は「漆黒の法典」で消滅させて、「スネークプリースト」で除去しながら守護を立てておきます。
「守護の陽光」は中盤からがお仕事。

ここからの「エンシェントレオスピリット」は刺さる!「守護の陽光」で守護が付き、ついでに全体除去でフェアリー勢を除去。
手札には「テミスの審判」と「神魔裁判所」×2があるので、これ以上進化権を使わずにすみそうです。
8ターン目、相手は「エルフクイーン」。これには「神魔裁判所」で対応。「神魔裁判所」を毎ターン発動するように配置するのは相手にプレッシャーを与えるという意味ではかなり有効です。

「古き森の白狼」が出てきましたね。「白銀の矢」、「ジャングルの守護者」あたりを警戒していかなくてはならない局面です。
ここで「神魔裁判所」が発動してしまい「古き森の白狼」のラストワードを発動させてしまいます。裏目!

相手の盤面にフォロワーがいないうちに「ヘブンリーイージス」を出しておきます。ここでフォロワーを並べてこないということは「白銀の矢」でしょう。
体力は20点あるのでOTKを決められる可能性は低いですが、ぎりぎりの状況であることは確かです。

やはり「白銀の矢」がきましたが、まだ終わりではない!
「大修道女」はこういう場面でこそ活きる!ついでに守護もつくので「リノセウス」対策にもなっています。

「ヘブンリーイージス」を進化させて攻める!
相手の体力は10点なので一撃必殺範囲内でしたが、「クリスタリア・エリン」の回復と守護で粘ってきます。

3枚目の「白銀の矢」がなくてよかった!
相手は手詰まりでリタイアです。

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ビショップデッキの最新記事

関連するキーワード