【シャドウバース(シャドバ)】ドラゴンに対抗するためのロイヤル!ネクロとも戦える!「アルメイジロイヤル」!【ロイヤルデッキ】

ロイヤルの強さはこんなものじゃない!ドラゴン、ネクロマンサーにも勝てるロイヤルをお見せしましょう!

公開:2017年4月16日 『アルメイジ』

youtuber・よづる氏によるデッキ『アルメイジ』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

現環境最強のドラゴンにロイヤルで勝てないものか?という挑戦的なデッキ!

クイックブレーダー(銅)×3
ヴァンガード(銅)×3
師の教え(銅)×3
天弓の天使・リリエル(銀)×3
歴戦のランサー(銅)×3
メイドリーダー(銀)×3
渾身の一振り(銀)×2
御言葉の天使(銅)×3
ノーヴィストルーパー(銅)×3
フローラルフェンサー(銀)×3
レヴィオンヴァンガード・ジェノ(銀)×2
レヴィオンセイバー・アルベール(虹)×3
ルミナスメイジ(銀)×3
アルビダの号令(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「クイックブレーダー」から「アルビダの号令」まで攻め続ける

非常にバランスを求めたデッキになっています。
形的にはアグロデッキに分類されるようですが、終盤まで戦えるだけの能力があるのが特徴です。
アグロで採用されるフォロワーは序盤には強く、中盤以降はパワー不足になる傾向がありますが「ルミナスメイジ」の能力のおかげで進化を使える機会は多く、元のスペック以上の敵とも戦えます。

ドラゴンは序盤の除去方法に弱いことが多いので、序盤から攻めていきます。あとあと回復もされますが、PPブーストをする暇を与えないことが大事。

「メイドリーダー」で「レヴィオンセイバー・アルベール」をサーチできないのを弱点としています。「ルミナスメイジ」もサーチされますが、このカードも力があるので、確定サーチでなくとも戦えます。
「ルミナスメイジ」の能力は「EPを消費せずに進化」を味方フォロワーに付与できるという強力なものです。

ここに「旋風刃」などの全体除去カードを積んでもいいでしょう。

注目カード:「メイドリーダー」「ルミナスメイジ」で「レヴィオンセイバー・アルベール」をサーチ

【ルミナスメイジ】

コスト:5
スタック:2/3
クラス:ロイヤル
効果:ファンファーレ:ルミナスナイト1体を出す。
このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)

指揮官デッキに採用すればかなりの活躍を見込めます。
場にあるだけで相手からしたら除去せざるをえない状況を作れます。

【レヴィオンセイバー・アルベール】

コスト:5
スタック:3/5
クラス:ロイヤル
効果:疾走
ファンファーレ エンハンス 9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。

序盤中盤の除去、疾走進化でのインスタント5ダメージ。後半の10点バーストダメージ。現環境でのロイヤルの主軸になっている重要フォロワーです。
「ガブリエル」が出せるまで粘れたのならば、無理に強化しなくてもこのフォロワーでリーサルできます。
やはりなんだかんだでロイヤルはこのフォロワーありきだったりします。

【アルビダの号令】

コスト:6
クラス:ロイヤル
効果:パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。

やはり万能。ロイヤルのデッキならほぼ全てのデッキに入る可能性があります。
疾走守護持ちフォロワーを出せるのでこのデッキにはぴったり。

守護持ちが少ないので、いざとなったら縦になってもらいましょう。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ロイヤルvsドラゴン

序盤は「クイックブレーダー」「歴戦のランサー」で相手の手を遅らせつつ、早めにフェイスダメージを溜めていきます。
ドラゴンは回復にも優れていますが、回復を意識させられれば相手のプレイングの幅を狭めることができます。PPブーストのスピードも遅らせられます。

5ターン目まではドラゴンらしいプレイングをさせないように立ち回れています。
「レヴィオンセイバー・アルベール」も出してフェイスを殴っていきます。火力を分散させるために「ノーヴィストルーパー」も進化させていきます。
この時点で相手の体力は5点。
これは「サラマンダーブレス」がくると思いましたが撃ってはきませんでしたね。

そのまま相手がリタイア。5ターンで勝負はつきました。

ロイヤルvsネクロマンサー

マリガンは「天弓の天使・リリエル」「渾身の一振り」「クイックブレーダー」。
序盤には困らない引きですね。

今のネクロマンサーは序盤からフォロワーをどんどん展開してくるので「渾身の一振り」で「ナイト」を出しながら除去していきます。

4ターン目、「骨の貴公子」がきました。もうネクロマンサーにとっては鉄板フォロワーですね。
「天弓の天使・リリエル」と「歴戦のランサー」で除去しながらフェイスへダメージを通さないようにプレイしていきます。

「メイドリーダー」×2で「ルミナスメイジ」「レヴィオンセイバー・アルベール」をサーチ。ここからはこの2枚で対抗していきたいですね。
「ルミナスメイジ」の能力を活かしていくデッキなので、進化権はどんどん切ってしまいます。

8ターン目、「破魂の少女」でこちらのフォロワーを処理しつつ「スパルトイソルジャー」も場に出してきます。
しかし、相手の手札は切れました!

「レヴィオンセイバー・アルベール」を出して処理していきます。相手の体力は19点あるので、フォロワーを除去せずにフェイスを殴ってきました。
こちらは「アルビダの号令」で盤面を埋めていきます。
こうなればピンポイントで全体除去系のカードか、フォロワー展開系のカードを引いてくるしかないでしょう。

「ケルベロス」を出してきましたが、「ルミナスメイジ」からの「ルミナスナイト」進化で除去していきます。
「ファントムハウル」が飛んできますが、ここではそれほど痛くはありません。

相手がこちらの場のフォロワーを見逃してくれたので、「レヴィオンセイバー・アルベール」進化の2回攻撃と合わせてリーサルです。

今回は「魔将軍・ヘクター」が出てこなかったので無難に勝てましたね。

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ロイヤルデッキの最新記事

関連するキーワード