【グラブル】やはり水ゾ対策はされている?HELL90カフヴァールの行動と対策

ここでは5月の古戦場のHELLレベル90ボスであるカフヴァールの行動と対策についてまとめました。

kafu

HELL90カフヴァールとは

ここではカフヴァールについてまとめました。

HPは約4000万

古戦場のスタックバフや防御係数が違う為参考にならないかもしれませんがティアマトマグナHP800万ですので約5倍のHPとなっています。
マグナ編成が完成していてキャラクターもある程度揃っていない限りは時間効率悪いどころか倒せない場合もあるので団に救援を出したり、救援に入ってサポートに徹しましょう。

ODゲージは硬い

前回の古戦場HELLであるヴェスパ・レジーナと同様オーバードライブゲージが上がりやすくオーバードライブモードに入った後はゲージが硬いです。ベラドンナの時は火属性有利だったためリミテッドラカムによるモードゲージ削りができましたし、ヴェスパレジーナの時は水属性有利だったため最終上限解放がされたシルヴァやダメージカットキャラが豊富にいたため対策は取りやすかったですが、今回は闇属性有利のためODに強いキャラクターでも削りきるには時間を要します。ダメージカット持ちのキャラクターも少ないので対策が必要です。

特殊技と特殊行動

通常時の特殊技に掃射があり、オーバードライブ時の特殊技としてシールドブレイク・レイとメーザーペインがあります。この3つは25%ずつの特殊行動と同じ技であり、掃射はターゲット指定なしのランダム多段ダメージにトリプルアタック確率ダウンのデバフを付与してきます。メーザーペインは全体攻撃の灼熱のデバフを付与をしてきて、シールドブレイク・レイは全体攻撃の防御ダウンと強圧(回復無効化)を付与してきます。
特殊行動75%に掃射、50%にメーザーペインがあり25%に真の力の開放とシールドブレイク・レイがあります。

厄介なデバフに強烈なダメージと連続攻撃

まず掃射のトリプルアタック確率ダウンのデバフが厄介です。背水編成でも攻刃編成でもダメージ期待値を上げるために三手武器を編成に入れているのにデバフによってトリプルアタック確率を下げられてしまってはカフヴァールを討伐するのに時間がかかります。
メーザーペインのダメージは控え目ですがデバフに灼熱を付与してきます。水着ゾーイありの背水編成の場合、灼熱のスリップダメージでダメージを伸ばすことが出来ますがカフヴァールの攻撃力は高めですので被弾すると倒される可能性があるので対策がほしいですね。
一番厄介なシールドブレイク・レイですがHP25%以上時の特殊技によるシールドブレイク・レイであればダメージは大したことはありません。真の力開放時のシールドブレイク・レイのダメージが厄介でミゼラブルミストのみの攻撃力ダウンデバフでは全体に5000ダメージを与えてきます。水属性や火属性の用にHPが高いわけでもなく、ダメージカットが出来るキャラクターも少ないためセレストマグナバハムートでの水着ゾーイを入れた背水編成の場合、ここでパーティが壊滅したプレイヤーも多いはずです。また真の力開放後はダブルアタック率が非常に高く、ミゼブルミスト込みでも3500~4000以上のダメージを与えてきます。

ソロでの対策手段

ここではカフヴァールについてソロでの対策手段を考え、まとめました。

シャオなどによる麻痺ハメは×

まず麻痺に関してはガードされました。どうやら状態異常耐性に麻痺、毒、魅了があるようです。(ただし、最初のタイミングでしか試さなかった為HP50%以下HP25%以下の時であれば耐性が変更されている可能性があります。)

ブラインドを使う

主人公のアビリティであるブラインドを使用することで相手の攻撃をミスさせることが出来ますのでお祈りになりますが25%からの対策の一つになります。

あえて水着ゾーイを使わない

セレストマグナの背水編成にも関わらず水着ゾーイを使用しない方法があります。カフヴァールの攻撃力が高いため75%の特殊行動である掃射はヴィーラの弱体無効効果(1回)を使用してトリプルアタック確率ダウンを防ぎます。(75%の特殊行動の前に60%までHPを削れば掃射は使用してきません。)メーザーペインとシールドブレイク・レイは直接受けて背水の調整を行い減衰付近のダメージで残りHP25%をゴリ押す方法になります。HPが足りず戦闘不能がでた場合は思い切って蘇生薬を使うのもありですね。エリクシールと違い蘇生薬は瀕死状態で復活をしますので、背水の効果が発動している状態で再開ができます。

マグナ攻刃編成

速度は出ませんが安定思考となればマグナ攻刃編成も手段の一つです。速度は出ないといっても、麒麟弦、セレストザグナル・マグナ3本、オールドコルタナ2本、バハムートソード・フツルス、ニバンボシ・グラーシーザー、フローレンベルクの武器編成にエリュシオン、ジャンヌダルク、ヴィーラ、カリオストロのキャラクター編成でカリオストロの1アビ、2アビのバフ使用中は主人公とジャンヌダルクはほぼ減衰44万ダメージを出すことが出来ます。(クリティカル込みです。)マグナ攻刃編成であれば余りがちな支給用ポーションとオールポーションが使いやすいので安定しやすいはずです。

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。