【グラブル】騎空団未加入でも参加する価値あり!はじめての古戦場の歩き方を解説!(5/19更新)

「グランブルーファンタジー(グラブル)」で定期的に開催中の「決戦!星の古戦場(団イベ)」。この記事ではこれから参加するプレイヤー向けにオススメ報酬アイテムや騎空団未加入者向けの遊び方について解説していきます。

グラブル、ソロプレイヤー向けの「団イベ」の遊び方を伝授。

騎空団未加入でも武器は手に入る!

「団イベ」は敷居が高い、は間違い!?

基本的に「騎空団」同士がポイントを争う事で進行していく「団イベ」。ルールや言葉の響きから、はじめたての「騎空団に入っていない人」は関係ないのでは?と勘違いしがちですが、実際には違います。

騎空団未加入でも武器報酬は入手できる!

騎空団の勝敗に関係あるのは「勲章」と呼ばれるポイントのみです。こちらは貯めるとSSR召喚石をどれでも上限解放できる「金剛晶」や「ヒヒイロカネ」と交換できるため、これを目指してポイントを競っています。

長く使えるSSR「古戦場武器」を入手できる!

長く使えるSSR「古戦場武器」を入手できる!

一方戦貨ガチャや貢献度報酬で入手できる「SR武器」やSSR「古戦場武器」は騎空団の加入に関係なく、だれでも入手することができます。

年に数回開催されているので、強力な武器を入手する絶好のチャンスです!

SRキャラも入手できる!

団イベの戦貨ガチャにはSRキャラの「アビー」(火属性)「ノイシュ」(光属性)が解放できる武器が混ざっており、最初に入手した時点で仲間になります。

特に「ノイシュ」は序盤は強化しづらい光属性なものの、「カタリナ」と同レベルの「ダメージカット」、さらに「かばう」を持っており、初めての防御役にぴったり!

無課金でメインクエストを進める上で役に立ってくれるはずです。

ただし自発の増援は期待できない。

騎空団未加入のプレイヤーや違う騎空団のプレイヤーが自発したマルチバトルは、「個人成績」のみに影響を与えます。よって「肉」の回収や「ランキング」程度にしか影響しません。

団イベではマルチバトルを開始(自発)した時に野良で進んで合流してくるプレイヤーは少なめです。

基本的に騎空団未加入の場合は、ソロで討伐できるレベルを周回して、貢献度を集めていくもの、または合流して貢献度を集めるものと考えましょう。

最初は合流して攻撃してみよう。

合流であればBPの上限は高ランクプレイヤーと変わりないですし、自然回復が早く、最初から数人参加している状態なのでバトル進行も早いので、低ランクでも無理なく参加できてオススメ!

最初は難易度は「EXTREME」「EXTREME+」のマルチバトル優先がよいでしょう。HELLは敵のHPが膨大なので、攻撃してもあまり貢献できずBPがもったいないです。

グラブル、初めての団イベなら「マルチ合流」から始めよう。

手軽に参加できる、マルチバトルの合流を使おう。

参加した後はとにかく全滅しても良いので攻撃しましょう。1度攻撃して放置する「ワンパン放置」は嫌われるので、できれば避けた方が良いでしょう。

全滅した後は「撤退」せずにマイページ戻れば、他の誰かが討伐を完了したときに貢献度やドロップアイテムを入手できます。これを繰り返して進めていきましょう。

初心者は「貢献度」でもらえる「戦貨」を集めよう。

他の「ストーリーイベント」同様、バトル報酬以外でも「貢献度」の累積状況で「戦貨」がもらえます。入手できる量が「ストーリー」よりも多いので、貢献度を集めて「戦貨」を集めていきましょう。

オススメ「古戦場武器」は短剣の「四天刃」。

団イベで入手できる「古戦場武器」と呼ばれるアイテムは、Lv100になった後も強化することができる武器。しかも属性を変更したり、最後まで強化すると強力なSSRキャラ「十天衆」が仲間になります。

グラブルの古戦場武器でも一押しなのは「四天刃」(してんじん)!

「四天刃」(してんじん)は属性問わず重宝される。

無課金でも強化する手段があるので、グラブルを長く続けるならいずれは入手しておきたい武器といえます。

武器種は色々ありますが、とりあえず押さえておきたいのが短剣の「四天刃」です。

有力ジョブのメイン武器として使える!

短剣はクラス3ジョブでダントツの人気を誇る「ダークフェンサー」のメイン武器。そのほかではシーフ系やウィザード系でもメイン武器にすることができて便利です。

クラス4の「カオスルーダー」や「ウォーロック」で愛用されるのも「四天刃」なので、最初に入手しておけば長く使える。ということになりますね。

グラブルでは武器や属性の種類数にある程度「偏り」が存在し、さらに一つのジョブをすべての属性対応させる事を考えると、どうしてもメイン武器の奥義や攻撃力の関係上苦手な「属性」ができてしまいます。

古戦場武器は入手難易度や最終的な強さのバランスも良いため、全属性の「四天刃」を作る!という人もいるのが現状です。

次点は「スパスタ」、「エリュシオン」で使う楽器の「九界琴」

ハーピスト系列のクラス3「スパスタ」、クラス4「エリュシオン」も人気ジョブですが、不可欠となるのが「楽器」。アビリティを最大限に生かすなら属性ごとの「楽器」が必要になりますね。

ただ、属性変更を考慮しない場合、SSR楽器は火属性や風属性に偏りがち。水属性のSSR楽器はほとんどありません。

よって楽器の「九界琴」を水属性にして使う。というのも鉄板になりつつあります。「四天刃」よりも優先度は下がりますが、こちらも入手しておきたいアイテムですね。

個人的におすすめな「七星剣」

筆者自身が最初に強化を始めたのがこの「七星剣」でした。理由は強化後の「奥義」の使い勝手が良いからです。

七星剣を強化すると、奥義に「属性問わずダメージ30%カット(ダメカ)」効果が付きます。奥義でダメージカット効果が付与されることは少なく、上書きされる心配もありません。

装備可能ジョブである「ホーリーセイバー」「スパルタ」であれば奥義と「ファランクス」の組み合わせで一人で全属性100%ダメージカットも可能になり、「セレストマグナ」「プロトバハムート」でダメカ枠を割く必要がなくなります。

最終強化まで行くと仲間になる「シエテ」も数少ない風属性SSRアタッカーの中では高い評価を得ているため、目標にするのもよいでしょう。

初めてなら、古戦場武器1本入手を目指そう。

特に序盤は戦貨ガチャを回すのも一苦労だと思うので、「四天刃」1本入手を目指してみましょう。これだけでもSSR攻撃力の高い武器が手に入るので戦力がぐっと上がるはずです。

なれてきたら「騎空団」を探そう。

もし知り合いが騎空団にはいっているなら紹介してもらうのもアリです。色々と戦力強化のためにクエスト周回を手伝ってくれるかもしれません。

また騎空団にはいるとクエスト中最初からポーションが使えるようになったり、経験値やドロップ率がアップする「騎空団サポート」を受けられるのでお得です。

次回以降は騎空団にはいって団イベに挑戦するのも楽しいと思います。

筆者: 大栄 ぼびん

PCやファミコン~PS4までだいたいやってるおじさんゲーマー。スマホ歴は8年、ゲームライター1年生。愛用スマホはiphone5s。最近はグラブル、FGOを中心にプレイ中。Twitterアカウントは@die_bobin

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード