【グラブル】土属性SRキャラクター[いずれ、自由を掴む漢]スカル評価!

このページでは土属性SRキャラクターの[いずれ、自由を掴む漢]スカルの特徴からパーティ編成のオススメまで紹介していきます。

[いずれ、自由を掴む漢]スカルのアビリティ解説

ここでは[いずれ、自由を掴む漢]スカルのアビリティ解説をしていきます。

[いずれ、自由を掴む漢]スカルのアビリティ一覧

アビリティ名 使用間隔 効果
効果時間
トライバースト 7 ターゲットに関わらず3回単体ダメージ
ボンファイア 5 敵に3~3.5倍土属性ダメージ
クレイジーブリッツ 7 自分の攻撃大幅UP(敵オーバードライブ時のみ1回)/
自分の防御DOWN
敵対心UP
1

基本的なアビリティの解説

ここではスカルのアビリティの使い方について解説していきます。

雑魚一掃からボスにも有用な1アビ『トライバースト』

ターゲット指定なしの3回攻撃を行うアビリティです。ダメージが出しやすく1発で倒せる攻撃力があれば複数いる雑魚を一層用にも使えますね。

コンスタントに使いやすい2アビ『ボンファイア』

使用間隔5とオーソドックスなアビリティです。敵のどのモードゲージ中でも3~3.5倍ダメージを与えることが出来るので敵を即オーバードライブさせたい時やオーバードライブ

珍しい反骨効果の3アビ『クレイジーブリッツ』

SSR闇属性ナルメアなどと同じくオーバードライブ中の敵に対して攻撃力が上昇し通常攻撃でも減衰116万までいきますので今後の武器やバフ次第では化ける可能性がありますね。

攻撃力の底上げサポートアビリティ

オーバードライブ中の敵に対してダメージが10%上昇するサポートアビリティです。反骨でのダメージ上昇もあり対オーバードライブに期待がもてますね。

オススメ編成

ここでは[いずれ、自由を掴む漢]スカルとの相性がいいパーティとどのような敵に[いずれ、自由を掴む漢]スカルが使えるか解説していきます。

キャラクターと召喚石の相性

スカルは希少な土属性ハーヴィンです。バハムート武器の関係で種族統一を要求されやすいですが土属性ではSSR召喚石テスカトリポカがいます3凸の場合バトルメンバーの種族数で最大120%となるため、主人公(不明枠)、スカル(ハーヴィン枠)を入れることでバトルメンバーの2枠にヒューマン、ドラフ、エルーンの選択幅が広がります。SSR編成で入れるのであればサラとキャサリンによる防御よりの編成にするかハレゼナ、アイルまたはネモネといった火力編成になると思います。SSR召喚石であるゴッドガード・ブローディアが追加されて種族数を気にしなくても良くなりましたがサポーター召喚石でテスカトリポカを選ぶことで開幕時にテスカトリポカを召喚することができ、召喚枠の防御ダウン20%が付与をすることが出来ますのでデバフが乏しい土属性では種族数をバラバラのテスカトリポカの方が使いやすいはずです。(ゴッドガード・ブローディアはシヴァと同列枠のためサプチケ交換対象外なので数も少ないことから省きます)SR編成での場合はヘリヤorジャミルとラグナの火力編成かユーリ、ガラドアの防御よりの編成になると思います。反骨を所持しているためオーバードライブでの攻撃力に期待ができますが防御力が下がっているためかばうキャラクターか火力でやられる前にやれの編成になると思います。
かなり珍しいタイプですがティターン編成の場合はバハムート武器を編成から外すことが多くなるため種族を気にせず編成に入れることが出来ると思います。ただし、ティターン編成であればティターン3凸が必須なのでガチャや金剛晶を手に入れないと3凸は出来ません。ガチャである程度のSSRをキャラクター、金剛晶を手に入れることができる団の戦力が揃っているのであれば、無理にスカルを編成に入れることもないと考えられます。

注意点

ここではいくつか[いずれ、自由を掴む漢]スカルに注意点があるため解説していきます。

イベント配布キャラクター

ストーリーイベント「自由をその手に」での配布キャラクターであり一度復刻されているため今後いつ復刻されるか不明なため入手できるかわかりません。もし復刻が全て恒常化した場合優先的に狙っていいと思います。

評価

ここでは[いずれ、自由を掴む漢]スカルの評価について評価しました。

長所

SRとはいえオーバードライブに対して攻撃力が大幅に上昇する反骨もちです。土属性ハーヴィンであるのでテスカ編成を作りやすいのも長所です。初心者にもシンプルで扱いやすいキャラクターだと考えられます。

短所

反骨による奥義ダメージの上昇は強いのですが武器が揃ってくるとダブルアタックやトリプルアタックで使ったほうが火力がでます。しかしスカルにはダブルアタック確率、トリプルアタック確率上昇のバフは持っていないため味方の支援が必要です。最大火力を出したいのであればマキラを編成にいれたバフによる攻撃になりますがマキラはスカルと同じハーヴィンの為テスカトリポカ編成ではなくゴッドガード・ブローディアまたはメデゥーサ、を視野にいれないといけなくなりますので装備が揃った上では運用が少々難しいです。
稀にモードゲージを持っていない敵もいますので今後水属性のモードゲージなしの敵が実装された場合はスカルの反骨が使えないため別キャラクターを編成に入れることがあると考えられます。

筆者: 水無月 紫電

シェアする

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード